PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

昭和のメルヘン・ゆびさきの詩(うた)。其の二十一

◇性の極地(Ⅵ)
指先の詩19
「佐智子の一周忌が済むまでは、入籍出来ないが
 四十九日も過ぎた事だし、こうして一緒に住むことを
 佐智子も許して呉れるだろうね」
「えぇぇ・・私、何だか姉さんには申し訳ないけど
 昨夜は嬉しくて眠れなかったわ」
「僕も同じ思いだったよ・・・佐智子は子供を作れ
 と言って呉れてた様だけど、志津子は如何思う」
「夫婦に成れば、子供が出来る事は自然じゃない・・・
 姉さんは如何して妊娠しなかったのかしらね」
「元々心臓が悪かったらしく、妊娠して子供生む 
 と自分の生命も危なく成って居たらしいよ」
「私は健康よ今まではピルを飲んだりリングを使ったり
 して避妊してきたよの・・・子供を生むなら貴方の
 子供を、と決めていたから・・・」
「生むなら高齢出産に成らない内に作ろうね、
 今日からでも、子作りの為のセックスしょう・・・」
「子作りの為のセックス何てイヤダなぁ・・・
 子作りは神様に任せましょうよ・・・
 私達のセックスは愛を確かめる為よ・・・
 義理でなんかしないでね」
「ハッハハ、判りましたよ、毎晩でも愛してあげますよ」
「嬉しい・・・毎晩愛してね・・・」

積もる話に暫し時を割いたが、話が途切れた頃に、
「僕の方は未だ済ませて無いよ」
辰雄は志津子の身体を引き寄せて、股間を触らせて

「アライヤダ・・・フフ・・・」
「嫌だって・・・じぶんだけ満足して終りかい」
「アラ・・・私だって未だ途中よ・・・ウフッ・・・」

誘う様に潤んだ目で見上げながら、彼の頬を撫でて
唇を求める様に突き出した。

辰雄が唇を静かに押し付けると、志津子は両腕を
大きく絡ませて、その唇を貪り吸った。
女の情熱は口付によって、いやがうえにも掻き立てられてゆく、
切ない吐息が炎の様に成ると恥部が熱く疼いてくる。
女体こそは限り無い性の喜悦を求めて止まらぬものである。
「やすもうか」
「エェ・・・」
入れて、と言いたかったが志津子には其れが言えず只頷いた。
仄かなビールの酔いと淡いスタンドの光に一糸纏わぬ逞しい
肉体が、華奢な志津子の身体をねじるように横抱きに
「落松葉」の体位で、男に寄り添った志津子の太股を
高く突き上げ、一物は例の如く彼女の陰唇に僅かに潜らせ、
指先がその上にピヨコンと突き出した淫核を巧みにモゾモゾ
と弄り、時々陰茎を抜き差してピクンと脈打ちだす度に
志津子は、そのもどかしさに、陰門を擦り付けて男根を
一気に飲み込もうと焦り狂う。

 
名称未設定 1630
辰雄の巧みな前戯は彼女の官能を掻き立て欲情をそそる。
「フッゥーン・・・」
亀頭を含んだ陰唇が少しづつ締め付けて来る。
赤黒く充血した亀頭がヌルヌルと少しづつ深く食い入って行く。
其の度に彼の一物は膣から滲み出る液体で滑らかな
動きとなって大きく動く。
そして其の男根は根元までビッショリ濡れて光っている。

再び彼女の性感が昂ぶり、息遣いも荒く、呻きと共に
腰が激しく動いて、辰雄の腕をつかんだ。
指先が痙攣して、爪先を深くその腕に突き刺してもがいた。
その時彼は淫核を弄んでいた手で高く上げた彼女の
片足のを膝の後をグッと押した。

尻の半分がグッと持ち上がり女体が後ろ向きの体勢に
変わると辰雄は力を込めて腰を押し付け、男根を
根元まで食い込ませて、腰を一捻りした。

亀頭の先が子宮口をこね回すと、その亀頭を子宮口が
咥え込んだのではなかろうかと思われる程に
贓物が男根にまつわりつく。

捩れ、捲れた陰唇に挑んで急激に逞しいボリウームで
五回六回と突きまくると、志津子は身を捩り、
歯を食いしばって、ヨガリ泣いた。

「アァァ・・・ウゥゥ・・・モ・・・ウ・・・ダ・・・メ・・・
 キタ・・・キタ・・・ワ・・・」

又しても志津子の肉体がオルガスムスに達したようだ。
その昂ぶりがもたらしたヌルヌルの液体の噴出に辰雄の
男根が激しく感応して今にも彼の精がほとばしり出そうに成るのを、
しっと歯を食いしばって、堪えた。
名称未設定 1669
残快の喜びに彷徨う志津子の性感が震えて
ピクッピクッと締め付けられる刺激に辰雄は慌てて魔羅を引き抜いて
「ホーッ」と、大きく深呼吸して気を静めて、逸る気を落ち着かせてから、
改めて志津子の上に覆い被さり、その両脚をグッと持ち上げ、
膝小僧を女の両脇に押し当てて、両脚を強く押し曲げ肛門の周りを
ニ、三度強く突いてから、めくれた陰唇を押し分け強く押し込むと、
押し曲がった腹の中で臓物がひしめいて亀頭を嘗め回す。

女の肢体を抱き上げたまま膝つき、浮き上がった女体に挑み、
ズボッズボッと大きく、緩やかに腰を動かすと、
馬の交尾を思わすような息詰まるような快感が津波の様に堰を切って、
「ウウッ、ウウッ、フウーン、フウーン」
と、悶え濡れ光った我が逸物の出入りする様に見入った辰雄の
性感も、一人昂ぶって、女の肉体の総てを貪り、狂い捲くり、
特別の生き物の様な淫肉は彼の逸物を縛る様になめずり、
すさぶるうごめき其の頂点を極めて、怒涛の様なうねりが
六尺の男子を狂喜脳乱させた。

ズボリ、ズボリ、ズボリ、
「フウーン、フウーン、アァァァ・・・」
志津子は喘ぎながら辰雄の乳首に細いしなやかな指を寄せて、
柔らかく、くすぐるように揉む。
男根と乳首がもたらす情感が骨抜きにするように辰雄を攻めて
桃源の秘境に引き込まれて、
「ウウーッ・・・・オオッ・・・・」
押さえに押さえた翼状荒々しく呼吸して、
「タマラン・・・タ・・マ・・ラ・・ン・・」
彼の官能が、もうゆとりのない一瞬にまで盛り上がると
志津子は一切の運動を停止して
「ああ・・・マダヨ・・・マダヨ・・・まって・・・・」
震える声で辰雄の精を引きとどめる。
飽く事をしらない女の性感は、貪婪なまでに求めて、
濡れ光る魔羅を咥えて離さない。
志津子の頬にほつれ毛が汗で粘りついている。
◇◇◇
平成26年志津子は71歳、辰雄は76歳に成る。
志津子の両親は既に他界して居るが、志津子は今も老舗旅館の大女将、
志津子の娘、絹江34歳が若女将として頑張っている。
END
  1. 小説・指先の詩(うた)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2018 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。