PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

下着泥の甥に美人叔母が筆下ろし。其の三

◇叔母の手ほどき
m41
ガラス戸の向こうでは、叔母がまだ男の性器を口淫していました。
私は、左手の精液をシャツに擦り付け、
それからまた右手でチンポを握り、手淫に耽りました。

しばらくして、叔母は四つん這いになり、後ろからハメられて、泣き声をあげました。
そんな叔母の反応を楽しむように、男は後ろからゆるやかに抜き挿ししました。
「イヤ、イヤ、イヤ~。もっと、強くして!」
じれたのか、叔母は尻を振りたてて哀願しました。

男は気味の悪い笑いを浮かべ、ピストン運動を速めました。
「いい、いい、いい、いい~!」
叔母は全身を震わせて快感を訴え、男の蠢きに合わせて腰を使いました。
その動きが激しすぎて、男根が腰から抜けてしまいました。

男は舌打ちし、叔母をまた仰向けにさせて挿入しました。
そして、ものすごい勢いで突き上げつづけ、叔母をヒ~ヒ~とよがらせました。

信じ難い光景でした。
幼い頃からずっと憧れていた叔母が、こんなに狂ってしまうとは・・・。
私はまた昂ぶり、体液を迸らせてしまいました。

その日も、私は叔母の自宅のベランダに忍び込み、居間を覗きました。
期待は外れ、そこには誰もいませんでした。途端に緊張が解け、
私は鼻歌まじりで洗濯カゴの中を覗き、ピンク色のパンティを抜き取り、
股布にこびりついたシミを確認してから、ポケットに入れました。

と、そのとき、突然、ガラ~っとガラス戸が開き、
「雄治君、なにしてんのッ」
叔母でした。
私は忽ち凍りつき、身動きひとつ出来ませんでした。

「こっちへ、来なさいッ」
叔母は私の手を取り、居間に連れていきました。
「お母さんに知れたらどうするつもりッ」
叔母は恐い顔をして叱責しました。私はすっかり観念して、
ジュウタンの上に正座しました。そして、
「ごめんなさい」
と、ひたすら謝りました。

 
m147
「ポケットの中のモノ、出しなさいッ」
「ハイ・・・」
私は泣きべそをかきながら、ピンクのパンティを差し出しました。

「いやらしい子・・・あたしの下着、盗んでたの、雄治君だったのね」
「ハイ・・・ごめんなさい・・・でも、おかあちゃんには、このこと、言わないでください」
私は土下座して、懸命に訴えました。

叔母はしばらく黙っていました。そして、
「わかったわ・・・もう、いいから・・・」
と、何時もの優しい声で言ってくれました。

私はホッと胸を撫で下ろし、頭を上げました。
「雄治君・・・あなた、そんなに、あたしの下着が欲しかったのぅ?」
叔母は妖しく微笑んでいました。
私は生ツバをゴクリと飲み干し、うなずきました。

「それじゃ、雄治君、叔母さんのパンティここで、穿いて見せてよぅ」
叔母は声をかすらせ、奪還したばかりのピンクのパンティを私に手渡しました。

私は仰天して、叔母の顔を見上げました。
叔母はゾクッとするようないやらしい目で、私を見つめていました。
拒否できる雰囲気は皆無でした。

私はオズオズと立ち上がり、ズボンを脱ぎ、ブリーフも取り、
叔母の淫液のこびりついた薄いピンクのパンティを穿きました。
ペニスは小さく縮こまり、ピクリとも反応する気配はありませんでした。

「なに、緊張してんのよぅ・・・もっと、リラックスしなさい・・・
 そうだぁ、上も脱いじゃいなさい」
叔母は分厚い唇を嘗め回しながら、囁きました。
私従うしかありませんでした。

「ウフフ・・・可愛い子ね・・・」
叔母は私を見つめ、ゆっくりと近づき、私の乳首を指でいじりました。
そして、私の穿いたパンティの上からペニスを掴み、ツメの先で悪戯しました。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2020 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


.