PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

女の性と飢餓。其の一

◇混乱期の父母の死◇
女の性と飢餓01
小学校6年生のとき、私は叔母の家へ引き取られた。
母親が死んだからである。
私の父親は、私が物心つく前に既にあの世へと旅立っていた。
だから、母が死んだ事で、一人っ子の私は、母の妹にあたる叔母だけが
唯一の身寄りだったのである。

私の父親は、大きな商家の一人息子であった。
父親の父親、即ち私の祖父がお人好しで、何人もの商売人の保証人になった挙句、
借金だらけになって、首を吊ってしまったそうだ。そのため私の父親は、母親と二人して
祖父の借金返済の為に頑張ったのだという。

「お父さんはね、上の学校に行きたかったのよ。でも、お金が無くて行けなかったの」
そう言って、母親はしばしば、私に古いアルバムを貼り付けた
父親の写真を見せて呉れたものである。
「ホラこの写真。おまえのお父さんは賢そうでしょう。
 小学校でずーっと級長さんだったのよ」

母が見せて呉れた写真の中に数枚の父の小学校の頃の写真があった。
私の記憶にも残っていない父親は、絣の着物を着て学生帽を被り、
数人の学童達と写真に納まっていた。父が6年生の時の写真だと言う。
祖母と一緒の写真は、大きな澄んだ眼をまっすぐこちらに向けて、
口を真一文字に結んでいる父の顔は、確かに賢そうであった。

父親は学問が好きだったのである。だから、独学の為に使った沢山の辞書の類が、
父が死んでからもずっと書棚に並んで残っていた。

私は父の顔を憶えては居なかったけれど、父の残したそんな辞書の類を
暇さえあれば眺めていたので、年齢の割には変なことを沢山知っていた。
「ねぇ、月経って何のこと?」
なんとなく、分かっていながら、母親にそんな質問をして困らせた覚えがある。
「そんなこと、いまは知らなくてもいいのよ。そのうちに分かるから・・・」
母は裁縫の手を休めずに顔を私から背けたまま答えてくれた。
母は手先が器用で良く近所の人に頼まれて着物を縫っていた。

 
女の性と飢餓02
私の父親の死は会社の中での事故死であった。そのため保険金や何やらで、
祖父の借金は片付いたのだと言う。しかしその後の生活の疲れで、
母は病気になり、あっと言う間にあの世へ旅立ってしまった。

「姉さん、宝塚が好きだったんだよね」
母の一番年下の弟が、叔母の家へ遊びに来てそう言うのを聞いた事がある。
「ホラ、アルバムにこんな写真貼ってるんだから・・・」
私にとって叔父さんになる母の弟が、母のアルバムを広げて、
一枚の写真を指差してそう言ったのはついこの間のような気がする。

露出不足の古い写真に、確かに舞台らしいものが写っていた。
そう言えば母はいつも宝塚の歌を歌っていた記憶がある。
♪ラ、ラ、ラ・・・赤い花束、車に積んで・・・
♪スミレの花、咲く頃・・・
私はいまでも、母に聞かされたそんな歌を覚えている。

そして終戦の二年ほど前(昭和18年)に、その叔父さんは出征して海軍に入った。
当時やっと30歳を過ぎたばかりの独身の叔母と二人で、
私は満員列車に乗って疎開した。東日本にもひどく雪が降った冬の寒い日であった。

疎開先はひどい田舎であった。気の遠くなるほどの時間汽車に乗り、
飽き飽きとするほど経ってから、やっと辿り着いた田舎駅で降りた。
単線の駅なので、乗って来た列車が発車してから、駅員がプラットフォームの
鉄板を退けると階段が現れ、それを降りて線路を横切り、
駅の改札を出ると言うような田舎駅であった。
そこからさらに渡し舟に乗って大きな川を渡り、対岸の小さな集落を通り抜け、
また奥へ奥へと小川づたいに歩いて行く。

母の一族、母や叔母や叔父はそんな山奥の村の出身であった。
田舎駅を降りてから小一時間も歩いて辿り着くどん詰まりの村、
まさに日本のチベットと言ったような、とてつもない田舎であった。
女の性と飢餓03
「あんたらには、ここの畠貸したげるから、男の子にも、手伝わせればええ」
そう言って、叔母は一村の畠を借りた。その畠の傍らの小さな家に、
私と叔母は住み着いた。家といっても作業小屋に畳を敷いただけの
粗末な家だった。

中は畳を敷いた3畳間と台所に使う土間があるだけで、
土間と3畳間の間には、戸も入っては居なかった。
朝は横を流れる小川で顔を洗い、其の小川で洗濯をし、野菜も洗う。
夜はその小川から汲んだ水を沸かして体を拭くのである。
当然叔母は、私の目の前で裸になって体を拭いていた。

母とは年が離れていた分、叔母の体は若々しく、まだ未婚の体は
張りがあって、ツヤツヤとしたその肌の色が眩しかったものである。

「なんでそんなに眺めるの?お母ちゃんが恋しいの?」
素っ裸で体を拭きながら、叔母がそう言ったことがある。
母とはよく一緒に風呂に入っていたので、女性の体は見慣れている筈だったが、
叔母の体は、母の体よりうんと眩しかった。

小太りとはいえ乳房はよく張っており、下腹部の茂みは薄かった。
叔母が体を拭くと、白い肌がピンク色に染まっていゆく。
それを眺めていると、母には感じた事も無い名伏し難い感情がフッフッと、
自分の中から沸き出てくるのを感じずにはいられなかった。

「男の子のくせに、甘ったれなんだから・・・」
そう言って叔母は、素っ裸のまま布団に入って来て、
「いいのよ吸っても、お乳が吸いたいんでしょう?」
と言いながら、私の頭を手で支え、自分の乳房に押し付けてくれた。

多分叔母は、乳房を弄られたり乳首を吸われたりするのを
楽しんで居たのだと思うが、其の時の私は、まだそこまでは考えなかった。
ただ叔母にされるがままに叔母の乳房に吸い付き、
甘ったれて叔母の体にしがみつきながら、その乳首をしゃぶり、
母とは違った女の匂いに恍惚とするものを感じながら、
やがて眠りについたのである。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.