PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

戦後を生きた母と私と妹と。其の一

この物語はは私が官能小説を書き始めた初期の作品です。

◇母との性体験。其の一
母と妹01
母君代は二十歳で嫁に来て、二十一で私幸一を生みました。
其の二年後に弟が生まれましたが、三歳のときに流行り病で死んでしまい、
そして其の翌年に生まれたのが、妹の佐智子でした。
私の父は佐智子が生まれると直ぐ召集され戦死してしまいました。
残された家族は父方の祖父母と母、それに私と妹の五人家族でした。

私が高校を卒業し本格的に家業の農業を手伝うように成った。
昭和32年祖父が亡くなり、二年後には祖母も他界してしまいました。
私は二十歳に妹は十四歳に成っていました。
祖父母を無くし農作業は母と私だけとなり、二人は朝早くから夜遅くまで働きました。
妹も母を手伝って朝の食事や野良に持って行く弁当等を作ってから学校に行く、
と言うように皆が力を合わせて祖父母の残してくれた田畑を守って来たのです。

二十七歳で戦争未亡人に成った母の性欲処理は祖父が生きて居る時は祖父が、
そして祖父が死んだ後は私が21歳の時から母の相手をして遣っていました。
再婚もせず舅・姑に仕え、子供を育てている健気な女と、
世間では見て呉れて居たようですが、
生身の人間がそんな奇麗事だけで生きて行ける筈も無く、
決して明かされる事の無かった秘密を今日はお話し致しましょう。

母と祖父が女と男の関係に成って居た事は、私が小学五年生のときに気付きました。
其れまでは私も幼く、性に関する興味も無かったのですが、
夢精やオナニーを知る年頃とも成って来ると、
今まで何気なく見過ごしていた事も違った見方で見る様に成っていました。

其の一つが祖父の入浴の時、しばしば母が居なくなるのです。
当時我が家の風呂は母屋から離れたお蚕小屋の外表にあり、
所謂露天の五右衛門風呂だったのです。
「お風呂の湯加減を見て遣ってくるわ」と言って外に出る母に、
何の疑問も持たなかった私ですが、
偶々私が納戸も兼ねて居る蚕小屋に行った折に、
祖父と母のあられもない姿を見て仕舞ったのです。
浴槽の前に有る、すのこ板の上に仁王立ちに成っている、
祖父のペニスに母が喰らい付いて居たのです。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
 
01-2戦後を生きた母と妹と私
母と祖父が直にセックスをして居る所を見た訳では無いのですが、
私は凄いショツクを受け、その場を逃げる様に立ち去りました。
併し私は其れだからと言って、良く有る官能小説の様に母を問い詰め、
揚句に襲う等と言う事は、小学五年の頭では考えも及びませんでした。
其れは大人の世界の出来事で、
子供が立ち入ってはなら無いと言う純な気持ちがあったからです。

普段の生活では祖父も母も極自然に振舞っていて、
「舅と嫁」の関係以上の素振りは見せません。

私も少年期には夢精やオナニーも人並みに覚え、
夢精で汚れたパンツをそっと洗濯カゴに忍ばせ、オナニーは夜寝る時と、
学校からの帰り道小便をすり振りして田圃のあぜ道で放出して居りました。
高校に入った頃には女友達も出来、
数人の女ともセックスをしたり、と極普通の男の子だったのです。

そして祖父が心不全であっけなく亡くなってしまい、性欲の捌け口の無くなった母は、
其れを20歳を過ぎた私に求めてきたのです。

其の日私は一人五右衛門風呂に入って居ると母が何時も調子で、
「幸一!湯加減どうだい」と言って風呂場に現れたのです。
釜の中に 薪をニ三本放り込むと、
「背中洗ってあげようか」と、言うのです。
『いいよ、自分で洗えるから』と、私は辞退したのですが、
「遠慮することないのに、たまには良いじゃないのさ」
と言って私を洗い場に出て来るように促すのです。
母は私の身体を見て
「すっかり大人の身体つきに成ったね、チンポも見せてごらん」
とニヤニヤして言うのです。私は以前に見た祖父のペニスを咥えていた、
母の事を思い出して、思わずペニスを勃起させてしまいました。
「あらあら、こんなにおったてちゃって、苦しいだろぅ、母ちゃんが抜いてあげるよ」
と言うよりも早く、私のペニスを握り締めたのです。
そしてシコシコされると私は呆気なく果ててしまいました。
「ふふふ、早いね、若いんだから未だ出るだろう」
と言うと私のペニスに喰らい付いてきたのです。あの日の様に。
01-3戦後を生きた母と妹と私
六つ違いの妹、佐智子は父親の顔を写真でしか見たことが無い子です。
私も父親の事を佐智子に語って上げるほどの記憶も有りませんでしたが、
釣り好きな父に近くの川に良く連れて行ってもらった事は何故か忘れずに覚えています。

父が召集され、戦地に派兵されるまでの束の間、高崎の連隊に妹を背負い、
私の手を引いて、会いに言った事や、横須賀の海軍基地に最後の見送り行った事等は、
母の口からは語られますが、私の記憶には全然無いのです。
幼かった私には、バスや汽車に乗って出掛ける事は、辛く切ない事では無く、
まるでピクニックにでも連れて行って貰える位にしか考えて居なかったのでしょう。

そんな私も十歳位に成ると家の仕事を、ドンドン手伝わされました。
当時は“勉強”しろとは言われず、学校から帰ると、牛や鶏の世話しろ、
草刈りに行って来い、妹の子守りをしろ、と用事ばかり言い付けられ、
宿題を遣る暇も無い位で、学校では良く先生に叱られて居たものです。

元々余り勉強の好きな方では無かった私は、
身体を動かす事には何の苦労も感じませんでした。
自家消費の米や野菜の多くは自給して居りましたが、
魚や果物、塩・醤油などは二キロ程離れた、店に行くのも私の役目で、
「佐智子も連れて行きな」と言われ、妹の手を引き、風呂敷を持って出かけたものです。

私一人で早足で行って帰れば、一時間位で用事は済むのですか、妹を連れて行くと、
2,3時間は掛かる様に成ってしまいます。
歩くのが遅いだけでなく、チョツト歩くと疲れたーおんぶ、が口癖で、宥めすかしたり、
時には背負ったりで、私としては連れ歩きたくないのですが、
「連れて行かないよ」と言えば、大声で泣くし、本当に世話の焼ける妹でした。
二人っきりの兄妹ですから、何処に行くにも、ついて来たがり、女の子同士の遊びは
苦手で、お人形さん、等には興味を示さず、木登り、竹馬、けんだま、魚釣り、
等私のすることばかり真似したがり、「男に生まれれば良かったのに」が母の口癖でした。

そんな妹も八歳位に成ると、「男の様な女の子」も、大分変わってきて。
台所仕事を手伝うようになり、母も大分助かる様に成って来ました。
そうなると、口のほうが達者に成って来て、何だかんだと、私の事に世話を焼き、
母親が二人居る様に成って来たのです。
  1. 近親者との性体験
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2018 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。