PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

戦後を生きた母と私と妹と。其の六

◇佐知子の呟き。其のニ
08戦後を生きた母と妹と私
私はお風呂に入りながら、良からぬ事を考えてしまいました。
(今日は母も出掛けて居ない、こんなチャンス滅多に無い事だ、
 今日お兄ちゃんに、抱いてもらう、チャンスだ。お母さんだって遣ってるんだから)
私は兄が近くに居るのを知ってました、私は兄に聞こえるように、
「あたたた・・・いたい!。お兄ちゃん・・お腹がいたいよぅ」

兄は何事か、と言う顔をしてお風呂場に入ってきました。
『佐智子!どうしたんだい』
「急に右わき腹が痛くなったの・・・」
私はお臍の下の右わき腹を押さえて如何にも痛そうに蹲っていました。
『右わき腹て、もしかしたら盲腸かも』
『歩けるか』
「歩けないよぅ」
兄は裸のままの私を抱き上げて、私の部屋に連れて行き、
『今布団ひいてやるからな』
と言って押入れを開け、布団と寝間着を取り出し、私に寝間着を着せて、
『暫く寝てろ』と言って私を布団の上に横たえました。

『医者に行こうか、それとも往診頼もうか』
兄は真顔で私の事を心配して呉れて居ります。
此処で医者など呼ばれたら嘘がばれてしまうので、
怒られるのを覚悟で本当の事を言いました。
「お兄ちゃん、御免、お腹痛いのは嘘なの」
『なに!』
兄はポカンーとした表情で、暫く私を見ていましたが。
『本当に、痛くないのか、我慢して居るじゃないのか』
と尚も私の身体を心配してくれるのです。

本当に人の良い、優しいお兄ちゃんです。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
 
06a戦後を生きた母と妹と私
仮病と判っても、兄は怒るどころか、
『如何して、こんな嘘を付いたんだい』
と優しく言ってくれるのです、私はジーンとしてきてしまい、目に涙を浮かべ、
「お兄ちゃんに、抱いてもらいたかったんだよ、
 だって、お兄ちゃん最近、私を抱いて呉れないジャン」
『おまえ、もう幾つになったんだい、
 何時までも子供みたいな事言うなよ』
「私は十四だよ、もう子供じゃないよ」
『子供じゃなかったら、抱く、て言う事が如何いう意味だか知って言ってるのか』
「知ってるよ、セックスして、て言う意味でしょう」
『俺達は兄と妹なんだよ、そんな事出来る訳無いだろう』
「母と息子ならいいのかさぁ・・・私知ってるんだから・・・」
『何を知ってると、言うんだい・・・』
「お母さんと、お兄ちゃんが、もうズーッと前からセックスしてるの・・・」
兄は顔を真っ赤にして、暫く事が出ませんでした。

そして暫く間を置いて、
『母さんは27歳で戦争未亡人と成ってからは、
 再婚もせず、女手一つで俺達兄妹を育て来てくれたんだよ、
 そんな母さんが亡き父さんことを思いながら、
 一人こっそりオナニーして居るなんて可哀そうじゃないか、
 そんな母さん見てたら、母さんの事が不憫に成って、
 放っては置けなかったんだよ』 と言うのです。
優しい兄の気持ちが伝わってくる言葉でした。

「お兄ちゃんは、お母さんを女として愛しているの」
『其れは未だ判らないよ、親子と言う壁が有る以上
 軽々しく“愛してる”なんて言えないし、
 言えば地獄に落ちそうな気がするんだ』

「男は愛情が無くても、女を抱けるの」
『正直言えば、抱けるさ、だから昔から遊郭とか、赤線とかが
 商売として成り立つのさ』

「難しい事は判らないけど、女は好きに成らなければ
 セックス出来ないと思うよ、お母さんは、
 お兄ちゃんに愛されている、と思って居るから抱かれるじゃない」
『おまえも、随分、大人染みた事言うじゃないか』

「もうー、私は子供じゃないよ、大人だよ」
『何生意気な事言ってぇ、
 まだオマンコの毛も生え揃って居ない、子供の癖に』

「毛は多いよ・・・、お母さん似なんだから・・・
 よく見てよ・・・」
と言って私は寝間着を脱ぎ捨て兄に抱きつきました。 

私は抱きついてキッスを求めました、キッスの経験も無い私は、
ムードもテクニックも有りません、只夢中に成って兄の唇を奪い舌を押し込みました。
兄はそんな私の抑え、私の舌に重ねるように兄の舌を入れてきました。
「あぁぁ・・おにいちゃ好きよ・・・
 お兄ちゃんが大好きで、どうにも成らないの・・・」
兄は私の乳房を優しく口に含み、乳首を口の中で転がすように嘗めて呉れます。
  1. 近親者との性体験
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2018 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。