PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

男の器とチンポのデカさ。其の二

~ハメて見てェよな~
男の器と・・・04
「で、どんな感じだったんだよ?」
私達は、自分達よりもひと足先に“大人の男”になった仲間に訊ねた。
みんな、いやに神妙に成っていたのを、今でもはっきりと覚えている。

「いつもみたいに煙草を買いに行ったら『うちも商売だから売らないでもないけど、
 あんたらまだ中学生でしょう』とか言うんだよ。
 それで、『いや十分に一人前だ、あんたをイカせる事だって出来る』
 って言ってやったら、『あら、そう?もうそういう歳?』って言うから、
 そうだよ、って答えてやってさ・・・」

彼は口が立つ方だったから、あれやこれやと話を繋げて、
その晩、彼女に夜這いを掛けると宣言し、彼女に、“部屋の窓を開けておく”
と言う約束をさせる事に成功したのだと言う。

そして、近所や家族の目を盗むようにしてその部屋に近づくと、
彼女は、自分から気配を察して窓を開けて呉れたのだと言う。

「・・・それで?」
彼の“講義”を私達はドキドキしながら聞いた。

「女ってのは、濡れるんだぞ。濡れるってのは、どうなるか分かるか。
 ワレメがグチョグチョになるんだ。小便を漏らしたのかと思うぞ、
 でも小便とは違うんだ。小便よりもネットリしてて、ヌルヌルだ。
 それに、中々乾かない。ワレメの中にはくちゃっとした肉がある。
 それが結構大きくて、指で摘むと幾らでも伸びるんだ。
 でも、そういうのは痛がるからやらない方がいいぞ」

彼は大袈裟な身振りをしながら、得意げに語り始めた。
 
男の器と・・・05
「そんで・・・ハメると、どうなるんだよ?」
いつまで経ってもその核心に触れない彼に業を煮やして、仲間の一人が訊ねた。
全員が息を詰めて彼の返事を待った。
「・・・あのな」
彼はまた洋モクを咥え、マッチで火を点けて、
何か独特の臭いのする煙を噴き出しながら言った。
「最高だ」
それだけじゃわからんよ、と私達は彼をなじった。
けれども彼は、落ち着いて私達を見回しながらこう続けた。
「あのな、チンポが勃った時、何と言うか邪魔な感じがするだろう?
 面倒くさいものって感じがしないか?」
私達は頷いた。彼はそれを確認すると、さらに言葉を続けた。

「ハメるとな、納得する。ここがその場所なんだ、これでいいんだ、って気がするぞ。
 柔らかくって、熱くって、ヌルヌルしてる。此処に収めるのが当然だって気がするんだ。
 そのためのチンポだって、しみじみ思う」

柔らかく、熱く、ヌルヌルしていて、チンポが嵌まるのにピッタリのところ。
其の感触を考えると、とっくに勃っていたモノが、さらに膨らんだような気がして、
ズボンの中が痛いくらい、いっそうきつくなったように思えた。

「ま、暫くは俺も、彼女と付き合ってやる積りだからよ。
 いろいろと遣ったら又教えてやるからよ」彼はそう言って、話を納めた。

其の晩、私は幾度も自慰に嵌まった。
彼が言っていた感触をあれこれと想像しながら、陰茎を扱いた。
だが、放出して萎えるのは僅かな時間で、ものの数分もすると又陰茎は硬く反り返り、
私は覚えたての頃よりもよほど激しく、まるで猿の様に自慰に耽った。
自分でも呆れるほど、私の陰茎は疲れを知らなかった。

翌日集まった仲間たちは、誰も同じ様にくすんだ顔色をしていた。
其の顔色が何を意味するのかか、互いに言葉を交わさなくても充分に分かった。
私達は、いささか自虐的とも思える笑みを見せ合いながら、
「ハメてみてえよな」とだけ、言い合ったのだった。
  1. 若き日の性欲
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2018 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。