PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

母娘(おやこ)丼の記。其の一

◇五目飯◇
堀口奈津美
母娘(おやこ)丼と言うと、普通は母娘別々にSEXするのが当たり前の様だが、
私の場合は同じ夜に二人と関係を持ったのだった。
それは30年前の事で有るが妻の妹が市大病院に入院した。

妻は縫製の内職で時間が無く三人の子供を抱えているので、
私が会社帰りに見舞いに行っていた。義母は喜んでくれて、私は同室の方々にも、
励ましや慰めの声をかけ、話を聞いてやったりしていた。
しかし妻の妹は看病の甲斐もなく亡くなり、その病院へ行く事も無くなった。

或る日、我が家の最寄り駅である京急黄金町駅で、
市大病院の同室者が雇っていた付添婦にバッタリ出会った。
最近、家政婦派出所からお呼びが掛からないので、
暇つぶしに散歩しているという。

助平心で駅前の喫茶店に誘うと、嬉々として着いて来た。彼女は行かず後家で、
母親と二人暮し、顔は決して不器量ではない。見合いも二、三回したようであるが
縁が無く二十八歳の今日まで独りの様だった。

昼食時だったので、寿司でも食べに行こうかと言うと、あんまり行った事が無いし、
食べるマナーを知らないので、不安ですから教えてください、と言う。
カウンターの椅子に座らせて、ビールか酒か、と問うと、飲めないと言う。
女も私と同じものをたべた。テレビで温泉のCMを流していた。
「温泉に行った事があるか」の問いに、「ない」と言うので、
「じゃ行こうか」とからかい半分で聞いたら、
「費用は払うから連れてって」と遠くを見るような目をして、
ぼんやりしている。反応が少々遅い。

寿司屋を出て、駅近くの大岡川沿いを暫く歩いて、
「男と女が温泉に行き一泊するようになったら、
 結婚した夜と同じ事をしなければ成らないのだよ、
 決心と覚悟が出来たら、母親に話してみな。
 母親がOKしたら連れてってやる」と、逃げた。

私も会社の資金繰りや子供三人の所帯で経済は豊ではない。
温泉旅行などしている余裕はないのだ。ところが、「母に相談してみます」と言う。
冗談を言ったまでで、いい年をして世間知らずの女だ。ちょつと怖くなったが、
是非に、と言うので、三日後にこの駅で会うことにした。
 
pac_a102a.jpg
その日、電車を降りると改札口で女が待っていたので驚いた。
まさか来るとは思わなかった。母が夕飯をご馳走するから家に連れて来る様に、とのこと。
こちらは何も悪い事をしていないが、どうも話すことや、なりふりが、普通ではない。
相手の弱みに付け込んで騙すような形になる事だけは避けたい。
出会いも未だ一度だけだ。深みに嵌らないようにして、久し振りに遠い親戚に会った積りで、
家の中を見てやろうの軽い気持ちで、ついていった。二人で住むには大きすぎると思える
程の立派な家で、持ち家との事で、ビールと五目飯のもてなしを受けた。

私の噂は娘が病院にいた時に聞いていたので、会ってみたかった、と母親が言う。
私は妻帯者で子育ての真っ最中だ、そして独立して会社を興したばかりで、道草を
食って居る訳にはいかない身だ。温泉旅行など夢の話で、資金の捻出も不可能、
心のゆとりもない。行けるわけがなく、その積もりもないので、結婚をした夜と同じ事を、
と冗談を言ったまでだ、と笑った。

愉快な人ね、来て頂いて良かった。
これを縁に私たち親子の話し相手になって欲しい、と母親が言う。
「よろしい。知識人ではないが凡人の知恵で良かったら大いに使ってください」
と言うと、面白い方、と母親は喜び、再び温泉の事を持ち出し、
冗談ではなく娘を連れて行き喜ばせて遣りたいのだ、と言う。

その温泉行きの話しは今度ゆっくり、と約束し、美味しい五目飯を褒めると、
帰り際に折り箱に詰めてくれて、お子様のお土産に、と持たせて呉れた。
妻には適当にごまかしておいた。

翌々日、会社の帰りに最寄り駅で降りると、改札口に女が立っていた。
待ち伏せされているようで不愉快だ。今日は軍資金が乏しいからと、喫茶店に入った。

今度の休日に家で母が待っているから、と言う。承諾して、五目飯だけで充分。
他の用意は何もせぬように、アルコールも不要、と念を押しておいた。

その日、甘いものが好きだという母親に和菓子のお土産を持参して家を訪れた。

「あまり年がいかないうちに娘を結婚させたかったのですが、残念にも三十近くまで
 来てしまいました。このまま女の喜びも知らぬままに朽ち果てるのかと思うと、
 可哀想で。柿沼さん、この子を抱いてやって下さいませんか。
 女の喜びを知ったなら、結婚の意欲が湧くかもしれません」
夫婦交換03
空恐ろしい話になってきた。娘さんは、未だ二十八、いくらでも機会があること、
あせって安易に結婚相手を選ばないほうが良い、資産のある人、生活力のある人、
男性の能力のある人、何よりも心から妻を求めている人、そういう良縁を探す方法も
場所もあることを教え、その気がおきたら詳しく調べて力を貸すから、とアドバイスした。
「頼もしいわ、お願いします」と頭を下げる。
其の前に、この間の温泉行きを是非実現したい、三人で行きたい、と母親は言う。

賞与の月まで待ってくれ、と私はひとまず逃げるが、お金の心配はなさらないで下さい、
私が準備いたします、と追ってきた。
「何も知らずに結婚して、初夜になって驚き泣き喚き逃げ帰ったりしたら、
 面倒な事になります。その前に殿方にしか出来ない方法で、
 それを教えた方が良いと思います。その場に私がいてやれば、
 娘も安心するでしょうし、この機会に、お願いします」

親戚や知人も少なく、夫を二十五年前に亡くしてから、娘と二人暮し、
幸い残して呉れた家作の収入で生活に不安はないが、ただ一つ、
娘の行く末が心配でたまらない、と再三言うのだった。

わかった、其れほどまでに言うなら行きましょう、と取り合えず桜木町駅ビルの
旅行代理店でパンフレッドを集めて持参する、と言うと、
万事不案内なので全てお任せする、とのこと。
そこで、翌日の夕刻、母親に手付金を持参させ、駅ビルで母娘と待ち合わせて、
一緒に旅行代理店に行き、旅館の手配を済ませた。

娘の安全日を考えて二週間先の一泊二日としたのだったが、仕事は休まねば成らない。
それまでに仕事の段取りをつけておくことにして、さて両手に花、先様の懐、
無責任なものだと気が咎めたが、矢は放たれたのだった。

如何にして二人を料理するか。
娘の処女を頂けるとして、果たして破爪が巧くいくのかどうか、側に居るという母親の
介添えを期待するしかない。母親の前で娘の過去に過ちが有ったか無かったかを
調べる事は大事なことである。その夜の鮮血が決め手になるだろう。

それよりも、私が狙っているのは憧れの年上の女、四十九歳の母親だ。
巧くいけば親子丼が頂けるかも知れないと思うと、自然と頬がほころんでいた。
しかし母一人子一人、世間の荒波を乗り越えて来たのだ。
ペテンにかけたり、無理矢理嫌がるような事は出来ない。
一緒に行って良かったと笑顔で喜ぶ旅行を祈らずには居られなかった。

  1. 母娘丼
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 11  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.