PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

田舎から来た若い叔母。其の三

◇火のついた三十路女の身体◇
若い叔母3-1
行為のあと、叔母は私にティッシュの箱を手渡し、
「久雄ちゃん、吹いてよぅ」
と、ねだりました。童貞喪失したばかりの私は戸惑い、オドオドしながら問いかけました。
「どこ、拭くの?」
「あ~ん、もう、そんなこといわせないでよぅ」
叔母は甘えるように声をふるわせ、股を大きく拡げて見せました。

(そうかぁ、ここかぁ・・・)
私はゴクリと生ツバを飲み干し、勢いよくティッシュを何枚も抜き取り、
それを割れ目の部分にあてがってゴシゴシとこすりました。

「やだぁ、もっと優しくしてよぅ」
叔母は腰をあからさまに浮かせて訴えました。
「叔母さん、ごめん・・・」
私は誤り、ゆっくりとソフトに陰部を拭いてやりました。

叔母は気持ちよさそうに喘ぎ、
「久雄ちゃん、初めての体験、どうだったぁ?」
と、問いかけてきました。

「メチャクチャ気持ちよかったよぅ。千擦り掻くより、百倍も気持ちよかったよぅ・・・」
「そう・・・そんなに気持ちよかったのぅ・・・それじゃ、もう一回、してみるぅ?
 今度は、叔母さんにも気持ち良くさせてよぅ」
「叔母さん・・・」
「どうしたのぅ?女を喜ばす自信ないのぅ?」
「そ、そんなこと、ないよぅ・・・」

私は呻くように言い、叔母の上に勢い良くかぶさりました。
彼女はとっさに手を伸ばし、ペニスを掴んで、
「やっぱり、もうこんなに成ってるわぁ、元気がいいのね、若いってすばらしいわぁ」
私は叔母の褒め言葉に乗せられ、嬉々として叔母に襲い掛かりました。
 
若い叔母3-2
荒々しく口唇を重ね、舌を絡ませ、豊かな乳房を揉み、綺麗な乳首を吸い、
猛りに猛ったチンポを再び膣に挿入しました。瞬間、射精しそうになりましたが、
何とか堪え、力任せに腰を突き上げました。

ズボッ~!とチンポが根元まで埋まり込みました。
余りの気持ちよさに、思わず呻き、昂ぶりにまかせて激しく蠢きはじめました。

「あぁ、いい~、すご~い!オチンチン、硬~い!」
「親父のチンポと、、どっちが硬い?」
「久雄ちゃんのほうに決まってるでしょ!」
「どうして、決まってるの?」
「だって、あの人、もう年なんだもの・・・あっ、そこ、いい~!
 そこ、もっと突いて、突いて、突いて~!」
「叔母さん、ここ?ここなの?」
「そうよぅ、そこ、そこ、そこ~!あ~、いい~ッ!」

不意にチンポが締め付けられました。忽ち私は駆け上がり、
煮えたぎっている子宮にドク、ドクと精液を浴びせかけてやりました。

さっき騎乗位で初体験したときは、アッと言う間に射精してしまいましたが、
今度は結構長持ちして行為を満喫する事ができました。
そしてチンポを抜くとすぐティッシュを叔母の陰部にあてがい、優しく拭いてやりました。

「そうよぅ・・・それでいいのよぅ・・・いい人が出来たら、
 したあと必ず、優しく拭いてあげるのよぅ」
「うん、わかった」
「素直な子ねぇ・・・それじゃ、久雄ちゃん、今度は叔母さんがオチンチン、
 キレイにしてあげるわねぇ」
叔母はささやき、精液と愛液にまみれたペニスを口で清めはじめました。
若い叔母3-3
「お、叔母さん、そんなことして平気なの?」
「平気よぅ・・・ペロペロペロ。
 だってぇ、大好きな久雄ちゃんの、オチンチンなんだもん・・・プチュブチュブチュ」
私は凄まじいまでの口淫ぶりに圧倒され、唖然とするばかりでした。

発情しきった叔母は、フェラチォに耽ったあと、叔母さんは慣れた仕種で、両手を
前へ投げ出して、胸を敷き蒲団の上へ押し当て、ゆっくりと両股を密着させると、
グイッと豊かな肉付きの尻をもちあげてきて、
「久雄ちゃん、後ろから入れてぇ」と訴えました。

私は死にたくなるほど欲情し、猛りに猛ったチンポをバックから突きいれ、
力まかせに抜き挿ししてやりました。
丁度オマンコでチンポを挟み込んだようになり、その締り具合と相まって、
抜き挿しの度に強烈な快感が沸き起こってきます。

「あぁ、あぁ、あぁ、いい、いい、いい~!
 久雄ちゃん、ほんとうに、さっきまで童貞だったのぅ?」
「そうだよぅ・・・」

リズムを取って、火を吹く様な抜き挿しを繰り返しながら、利き手を叔母さんの
オマンコへ差し入れ、大陰唇を左右にこじ開けて、硬くなったサネ頭を摘み出し、
周りの淫液を擦り付ける様にまぶしてから、サネ裏を掻き上げ掻き上げしてやると、
叔母さんはひとたまりもなく悦がり声を張り上げてきました。

「信じられないわぁ・・・あぁ、そこ、すごくいい~!
 あっ、あっ、あ~ッ、あたし、なんだか、おかしくなっちゃいそうよぅ」
叔母は訴え、膣壁を収縮させ始めました。
「叔母さん、オマンコ、ヒクヒクしているよぅ」

「あぁ~ん、ダメ、ダメ・・・あぁ、もうダメよ・・・あぁ、イク、イク、イク・・・、
 あぁ、イイわ、イイわ、イク、イク、イク・・・、
 あれぇ、またよ、またよ・・・またイク、イク・・・」

叔母さんは、投げ出した両手の指で、シーツを鷲掴みにして、
身体を突っ張りながら、続けざまに二度、三度と気を遣り始めました。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2020 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


.