PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

老いて益々盛んに。其の一

◇我が妻のGスポット
老いて益々1-1
13年前に60歳の定年で、35年間勤めてきた大手印刷会社を退職した。
そこで、それまで少しずつ貯めてきた貯金と、印刷会社からの退職金で、
四世帯、各室2DKの二階建てアパートを建てて、余生の生活に入った。

長女夫婦が、私達夫婦の住まいの近くに住んでいて、我が望月家の後を
継いで呉れるという。他の娘達も夫々結婚して、次女は千葉県、
三女は大阪府に嫁いでいる。長女と次女には夫々二人ずつ子供がいて、
三女は三人の子供に恵まれている。

俗に、男が精力家で好き者だと、子供は女が生まれる確立が高い・・・
と言われている様だが、私の場合、其の俗説が当てはまるかも知れない、
と最近考えるようになった。

童貞を卒業したのが、高校二年の時。
それから現在まで何人の女性と遊んで来ただろうか?
いや、何人と言うものではなく、何十人になるだろうし、
風俗関係の女を入れれば百人は下らないだろう。よく遊びよく遣ったものだ。

50歳になってから、 これもまた俗に言われる、中年の中折れ・・・現象に
襲われてしまって、女への好奇心も衰えたが、60歳で定年に成ってから、
仕事の開放感のせいか、再び好色心が蘇ってきて、
下半身が元気に成って来た様だ。

中年の中折れ現象が嘘の様に思えるほど逞しくなり、
ペニスもギンギンにはち切れるようになった。
しかし以前のように、愛人的な女性を作ろうとは思わない、
週に一度、風俗店の女を抱く位が良いかなと思ってる。

勤めている時は小遣いも十分にあったし、出張旅費を遣り繰りしたり、
交際費もそれなりに使えたから、行きつけのスナックも何軒か持っていて、
そこのホステスとも付き合っていた。

ところが定年後、元気が回復してくると、セックスは週二回はしたくなる。
風俗嬢との遊びには金が掛かりすぎる。仕方ないので妻の体を求める事になる。

妻は私より五歳年下。身内びいきで申し訳ないが、日本的な女で、
私が取締役部長職にまで成れたのも妻の内助の功に負う所が多分にあった。
浮気者の私には出来すぎた女房かもしれない。
彼女とは印刷工として勤め始めて三年目に、勧める人があって見合い結婚した。
 
老いて益々1-2
女好きの私である。結婚当初は23歳を過ぎたばかりの妻の体が新鮮に思え、
夢中になったが、三女が生まれた8年目ごろから新鮮さは全く感じられなくなり、
セックスも一週間に一回が、二週間に一回になり、
いつの間にか月に一回に成っていった。

50歳代で中年の中折れ現象に襲われた頃は、一年に一度の七夕の様であった。
定年後、急に私が元気になって、妻の体を求める様に成ったので、
当初彼女はびっくりして、抵抗していた。
「急にどうしたの?あなた定年のショックで、身体の機能バランスが
 狂ったのじゃないの・・・今更よしてよ、もう寝ましょう」
妻は身体を揺すりたてて、私の腕から逃れようとした。

私は“妻を愛してる”等と今更言う気は無いが、夫婦なら、妻なら、
夫の欲求を受入れるのは妻であり女の勤めだと思ってる古い男だ。
妻の身体でセックスを楽しみ、溜まった欲望を吐き出したいのだ。
「おまえを抱きたくなった」

抵抗する妻に、何故か新鮮な血の騒ぎを感じ、
加虐的な欲情に刺激され抑え付けて彼女の身体をまさぐった。
途中で妻は抵抗をやめ、すんなりと私に身を委ねる様に成った。

そんな夜が何度か繰り返されると、妻の身体にも、忘れていたセックスの快感が
蘇って来るようになった。私の愛戯に身を委ねながら。
「ああ・・・あなたっ、あたし、この年齢になって、
 あなたにこれほど愛されるとは考えてもいなかったわっ」
呼吸を乱し、仰け反るようにして甘い響きのある叫びを上げるようになった。

妻の身体には中年の脂肪がそれなりに付いている。
三人の子供を出産した為、乳房も尻も張りも失って、肉の弛みを起こしていた。
しかし女性器だけはとても敏感だった。

若い娘の女性器は眺めているだけでも興奮してくるが、中年女性のものは、
そこまではいかないにしても、それなりに見ていて楽しいものであり、味がある。
ところが中年女としては、終わりに近くなった妻の身体に、わたしは彼女が
セックスの快感に身悶えする様になると、なんと、新鮮ささえ覚える様になった。

これまでは、彼女の存在が空気の様なものであったが、
抱いてみると最愛の女のように思えてきた。
私はいま初めて、妻を一人の女として意識し始めていた。
老いて益々1-3
妻の女性器に舌舐めを加えはじめると、
「ああ・・・あなたっ、とっても気持ちがいいの、もっともっと舐めて」
シーッを鷲づかみにして、ピクンピクンと腰を突き上げていく。
女性器が私の舌の動きに合わせるように収縮し、
粘った体液をぐんぐんと湧き出している。

膣の中に指を入れて行くと、生温かい無数の肉襞が蠢き、今までとは違った様に
絡み付いてきた。肉襞の一つ一つが生物のようにヌメヌメと這い回り、
指に纏わり付いてくる、といった感じだった。

Gスポットと呼ばれている、膣の天井のザラザラした砂目を擦りたて、
ブヨーッとした子宮の壁を押していくと、
「オマンコの中がドロドロになっちゃうわ」
家の中に我々二人だけしか居ないのを意識してか、今まで口にした事の無かった、
四文字の言葉をしかも大声で叫んでいた。

結婚してから是まで、妻は人形の様な女だった。
私に抱かれるのが、義務の様であり、呼吸を乱し身悶えしながら、
喘ぎ声を漏らしはしたが、それでも具体的な言葉に表した事はなかった。

私が定年退職して、彼女の身体をしつこく求める様に成った時、
妻は人形から人間に生まれ変わったように成って来た。
いま初めて女として目覚め、セックスの快感や快楽を知り始めたのだ。
それは彼女の余生の炎であり、私はそんな妻に、本当の愛さえ感じていた。

彼女を一人の女としてももっともっと目覚めさせ、深い快楽の世界に導いてやるのが、
現在の私の彼女に対する罪の償いかもしれない。女遊びに現を抜かして来た私である。
余生を妻のために燃やし、彼女を最高の女として愛して、昇天させてやりたい。
と考える様になっても不思議ではなかった。

ところが最近、妻を抱きながら、彼女の身悶えしている姿を見ていると、
若い頃に遊んだ女達の事が蘇ってきて、妻の姿とダブル様になってきた。
みんな妻と結婚する以前の女達の事が蘇って来て、妻の姿とダブる様に成って来た。

みんな妻と結婚する以前の女達であり、結婚後に付き合った女達の事は、
何故か浮かんではこなかった。

  1. 老いて益々
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


comment

No title

  1. 2012/12/10(月) 13:14:38 |
  2. URL |
  3. 60歳半ば
  4. [ edit ]
熟年世代といいますか年を重ねると痴呆になりがちで、痴呆防止には助平に淫乱にオマンコすることでしょうね、若い頃と違う、卑猥極まりない行為で嵌め合い中出しで快楽を追求していれば痴呆の防止にはなるのでは。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.