PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

若き日の少女の純愛。其の一

◇夢に出てきた女
御陣乗太鼓
その早朝、私は面妖な夢を見た。
能面の鬼達が、太鼓を打ち鳴らしながら舞い狂う、
石川県能登の郷土芸能[御陣乗太鼓]の夢だった。

御陣乗太鼓は私の好きな演太鼓の一つで、二十数年前に再婚妻と能登を旅し、
曽々木海岸のホテルでその演舞を見た経験がある。だから、その夢自体は別に
妖しくはない。いや、妖しいどころか、夢の中の私は妻と共に、鬼達と一緒になって
太鼓を連打していたのだから、夢としてはたのしいものだった。

だが私は、目覚めてから奇妙な事に気が付いた。夢の中の女性は妻ではなかった。
なのに私は、その別人女性を夢の中で妻として受け入れていた。

(はてな・・・)私は首を捻った。
ゆっくりと覚醒していく脳裏に、夢に現れた女性の、顎だけが少し尖った丸顔。
目尻に笑み皺がある丸い眼や、上を向いた鼻、そして白い前歯の二本だけが
大きい、オチョボ口が浮かんでくる・・・。

「あれはアコ、外川朝子だ・・・」
呟いて、隣の寝床で軽い寝息を漏らしている妻の顔を見つめた。
能登に同伴したのは、その直後に入籍した、この15歳も年下の
二度目の妻であるのは間違いない。
それが、どうして夢の中で、朝子と入れ替わったのだろう・・・。

フロイトの言によれば、『夢は無意識的な己の願望の充足である』であり、
その意味では確かに、私には思い当たる事がある。

二十八年前、前妻と別れる原因となった女性が朝子だった。
私の意識の奥底に、朝子への想いが潜んでいたのは否めない。

しかし夢には、[夢枕]の言葉もある。
(もしかして、朝子の身に・・・)そう考えると、私は戦中生まれの七十二歳の日本人。
夢占いは、不吉な方に傾いてしまう。

朝子と私は、彼女に言わせると[赤い糸]で結ばれた縁だったらしい。
だが私は、その赤い糸の存在に、三十年前まで気が付かなかったのである。
 
セーラー服の少女
外川朝子は、私の高校時代の親友、竜郎の妹である。
高校時代に朝子と親しくした記憶はない。彼の家に遊びに行けば、
三歳下である彼女の姿は、必ずと言っても良いほど、何処かに隠れてしまうのだ。

その隠れんぼは、私と竜郎が社会人になってからも続いた。
彼の家で、その制服姿に稀に出会っても、無愛想な彼女と挨拶を交わすだけで、
会話など一切なかった。

昭和三十六年の春。その朝子が高校を卒業して、
私が勤める会社、社名も職種も詳しくは記せないが、現在も全国各都市に
支店網を広げている、銀座の老舗[Y]に新規採用されたのである。

三月の中旬頃、セーラー服姿の朝子を連れて会社訪ねてきた竜郎に頼まれ、
仕方なく私が上に掛け合って採用が決まった就職だった。
本当に仕方なく仲立ちしたのだ。

一応顔見知りでも、社会人として三年目を迎えた私には、
朝子は好きなタイプの娘ではなかった。
『お前のせいだ、お前が俺んちに遊びに来る度に洒落た格好をしてるから、
 朝子は銀座に憧れてしまったんだ、
 どうしても銀座で働きたいってな、責任取ってくれよ!』

そんな強制的な言葉で妹の就職を依頼する竜郎の、余りにも親友っぽい態度に、
私は負けたのである。だが、銀座を希望する朝子の心理だけは、私にも判る。

当時の銀座は日本一の華の都だった。流行もすべて銀座から沸き起こった。
地方全国、いや東京都内の居住者ですら、銀座は憧れの地だったのである。

彼ら兄妹の家は、当時は田舎として扱われていた神奈川県の鶴見に有ったから、
働くなら銀座、の朝子の気持ちは、私を優越感に浸らせつつ理解させたのだ。

しかし、その銀座に通い出した朝子は、いかにも野暮ったい娘だった。
瘠せて小さな身体に似合い、働きだけは機敏だが、その無愛想さは変わらない。
兄竜郎と同じ様に、親しみを込めて[アコ]と呼んで話しかけても、笑いもしない。
私を警戒の眼つきで眺め、返事もぶすっと短く、まったく会話にならない。
私の昼食の誘いや、むろん退社後のお茶の誘いなどにも、絶対ついてこなかった。

  1. 処女娘の執念
  2. / trackback:2
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

まとめteみた.【若き日の少女の純愛。其の一】

  1. 2012/03/29(木) 09:56:09 |
  2. まとめwoネタ速suru
◇夢に出てきた女その早朝、私は面妖な夢を見た。能面の鬼達が、太鼓を打ち鳴らしながら舞い狂う、石川県能登の郷土芸能[御陣乗太鼓]の夢だった。御陣乗太鼓は私の好きな演太鼓の一つで、二十数年前に再婚妻と能登を旅し、曽々木海岸のホテルでその演舞を見た経験がある。...

まとめteみた.【若き日の少女の純愛。其の一】

  1. 2012/03/29(木) 09:56:09 |
  2. まとめwoネタ速suru
◇夢に出てきた女その早朝、私は面妖な夢を見た。能面の鬼達が、太鼓を打ち鳴らしながら舞い狂う、石川県能登の郷土芸能[御陣乗太鼓]の夢だった。御陣乗太鼓は私の好きな演太鼓の一つで、二十数年前に再婚妻と能登を旅し、曽々木海岸のホテルでその演舞を見た経験がある。...

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.