PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

下宿先の未亡人。其の一

~汚れた洗濯物~
c58_tm.jpg
(横浜線の蒸気機関車。昭和38-11-04)
昭和36年私が工業高校を卒業して最初に就職したのは。
横浜市港北区(現緑区)中山町に有る中堅の電機メーカーでした。

初めは市内に有る親元の家から通勤していたのですが。当時の業界は
東京オリンピックや東海道新幹線の開業を数年後に控えて毎日残業残業の
連続で月に300時間以上も働いて居りました。其処で親の了解の元、
会社に近い中山駅前の不動産屋の紹介で、
駅から徒歩で15分位の所に下宿する事になりました。

ちょっと話は横道にそれますが、昭和36年当時、国鉄横浜線は、
東神奈川~八王子間、全線が単線運転で、
使用車両は、京浜東北線や山手線などで使用された"お古”の車両ばかり、
其の上線路の保守状態も悪く、屋根はガタビシ、ガタビシと軋み、
冷房はおろか扇風機の付いてない車両もあり、
同じ料金を取りながら、京浜東北線との格差に苛立ったものです。

それでも鉄道好きな私には、一日一本走る、蒸気機関車牽引の貨物列車が、
丁度会社の昼休み頃に中山駅近くを通過するので、
それを見たさに昼飯を急いで食べた物です。

当時、中山駅の隣、小机駅(鴨居駅は未だ無かった)が貨物の集配駅に成っていて、
駅前には、日通の営業所が有り、黄色い車体に丸通のマークの付いたトラックが
出入りしていました。
下宿先の未亡人01
小机駅の隣は、菊名駅(新横浜駅も無かった)で当時は、菊名駅構内は広く、
東急東横線の線路と横浜線の線路が繋がっていたのです。

昭和36年に開業した、東急電鉄の100%子会社"伊豆急行電鉄”のPRの為に、
横浜市金沢区に有る"東急車輛製造”で新造された"100型”車両が、
国鉄東神奈川経由で菊名まで回送され、菊名駅から"東急東横線”に入線し、
渋谷~桜木町間で試験運転を兼ねて走りました。戦後の私鉄では初めての
"食堂車やグリーン車”が連結された車両を、仕事を抜け出し見に行ったものです。 
 
下宿先の未亡人02
話は戻って、その下宿は三十四歳の未亡人と小学四年生と二年の男児の
三人暮らしで、風格の有る門構えの立派な屋敷で家は古いが、市街地では
見られない大きな家でした。

不動産屋の話によると、
女手のうえ、子供は小さいし、暮らしには金はかかるし、空いている部屋があるので、
信用のおける人なら下宿させたいと、希望しているとの事でした。 

勤め先の会社も地元では名の通った会社でしたので、其処に勤める人ならと、
話も決まり、下宿させてもらう事に成りました。

食事は自炊、洗濯は自分でする条件でした。
朝食は殆ど駅前の売店でパンや牛乳で済ませ、昼と夜は社員食堂で済ませました。

洗濯は毎日することなど出来ず、週末に実家に帰る時、纏めて持って帰り、
母に洗って貰っていました。パンツは何枚も一度に買って置き、ひどく汚れた物は、
新聞紙に包み、通勤の途中駅前のゴミ箱に捨てることが度々でした。

私は次第に下宿生活に慣れて、心にゆとりが出来ました。
当時、電機業界の景気が良く、残業が毎日で、月末の給料も多く、
物心両面にゆとりのある毎日でした。

食う物を食い適当に身体を動かしていると体調もよく18歳の私は毎日の様に
センズリを掻いても、夢精は毎晩でパンツを汚していました。
汚れたパンツは毎日捨てるのも面倒で、新聞紙に無造作に包んで部屋の隅に
置いておきました。

翌日残業して会社より九時頃に帰ると、未亡人(私は小母さんと呼んでいた)は、
子供達を寝かせ付け、和服の仕立てに一所懸命です。私が帰って来たのに気づくと、
「お帰りなさい」と言いながら手を休めず、針を動かしていました。

私は玄関の戸締りをして、二階に上がろうとした時に、「あんた、ちょつと待って」と
呼び止められました。なんだろうと思い、近づいて見ると、
私の下着が綺麗に洗濯されて、きちんと畳んであります。
「これ、あんたの下着だから待って行って頂戴」と言われたのです。
私はドギッとしました。
下宿先の未亡人03
次の瞬間、顔が赤くなり、
「どうもすみません、貰っていきます」と頭を下げて、受け取ったとき、
「あんた、不精にしないでね。私は今日お天気が良かったので、洗濯したのよ。
 あんたに無断で部屋に入ったのは悪かったけど、あれ、何よ、
 部屋の隅に汚れた物をほったらかしにしてさ、
 洗濯物があったらしてやるから出しなさいと言ってるでしょう」
と言いながら、仕上がった着物を畳んでいました。

私はモジモジしながら、蚊の泣くような声で、「すみません」と言うのが精一杯です。
小母さんは着物を畳み終わると、
「私の家なのよ。あなたに部屋を貸して置くだけなの。だから、綺麗にしておいてね」
とさっきより言葉を和らげて言います。私は返す言葉もなく、黙っていました。

「今日洗濯したあなたの下着は、とても変な臭いがしたわよ。
 何時もあんな臭いをさせておくの」と私の顔を見ながら薄笑いを浮かべています。
私は顔から火が出そうになり、いたたまれず、小さな声で、
「ありがとうございました。お休みなさい」と言いました。小母さんは、
「遠慮しないで、今度から洗濯物を出してくださいね」
と背後から声を掛けてきました。

その後、私は先回のような事が無いよう十分注意していました。
小母さんは洗濯する日の朝、必ず私に洗濯物を出して出勤するように言います。
私はシャツなど出して、出勤しましたが、オナニーをして、
ひどく汚れたパンツは押入れの奥に隠して置きました。

其の日も八時過ぎに帰りましたら、小母さんは愛想よく、
「お帰りなさい。あんた洗濯物出来ているから持って行ってね」と言いました。
私は気楽に返事をして受け取って、驚きました。朝、出さなかったパンツが綺麗に
洗ってあったのです。私はすごすごと自分の部屋に行き、押入れを確かめました。
隠しておいたパンツがありません。
遠慮して出さない事を察し、探して洗濯した事に気付きました。

そんな事が度々有ってからは、小母さんの態度に変化が現れました。
  1. 忘れ得ぬ人
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2020 05  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


.