PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

入院顛末記。其の一

◇入院前に
thumb_l_02.jpg
今から13年前の会社勤めの五十七歳の時、人間ドックの検診を受けた際に、
便検査が+となりX線検査の結果、大腸に異変が見つかり、
市大病院にて精密検査を受ける事になりました。

消化器科にて大腸内視鏡検査で、ポリープが三、四個見つかり、それは簡単に除去が出来たが、
大腸の入り口付近に、二、三センチの大きさの腫瘍が見つかり、担当の医師も取れるものならば、
と努力をして頂いたけれど、小腸にも少し付着しているので、手術を勧められたのです。

其れまでの五十七年間、病気もなく至って健康で、中学一年の時にときオナニーを覚え、
そしてセックスにと明け暮れて来ました。手術よりもこれから先は、今までの様にセックスが
出来なくなるのでは、と思うとショックでした。

入院の日も決まり、何ら自覚症状も無い自分の体なので、妻と愛人の人妻明子とのセックスを
心行くまで楽しもうと思いました。

妻は先行きを心配して其れ処では無いと言いましたが、早期発見だから心配しなくても大丈夫だ、
一月も入院すれば良くなり退院が出来ると言い聞かせ、嫌がる妻に抱きつき唇を合わせると、
最初は避けていましたが、観念して力を抜いたのです。

そこは長年抱き合っている仲なので、すぐ妻もその気になり、私の舌を吸って興奮したのか、
私の股に手を入れて未だ柔らかい陰茎を掴んで上下に擦っているのです。

私は妻の刺激にムクムクと勃起して来たので、どちらとも無くベッドに倒れ、
ブラウスを捲くり乳房を愛撫すると、
「こんな事して体に悪いわ」
「人間ドックで見つかったけど、俺には何の兆候も無いのだから心配ないさ」
「そうね、健康な人と変わりないもんね」

私もそう思ったけれど、入院し手術で万一の事が起こったら、是でお終いと思い、
生きてるうちに思い切り男女の性を楽しみたいと思いました。

 
thumb_l_03.jpg
妻の裸をしみじみ見ると、顔は美形で痩せ気味ではあるが、スタイルは良く、
乳房は八十で小さめ、恥毛はデルタに添って縦に生え、特に淫核の付近は七~八センチの
長い毛で盛り上がり、大陰唇まで長い毛が生え、淫核は六、七ミリで何時も包皮に隠れて、
興奮して来ると頭を出します。小陰唇は上の方が幅広く段々狭くなり、膣口付近で切れています。
肉壷がイマイチ締め付けが弱いので物足りない思いです。

「いつまで見てるの」
「美代子がエロチックだから」
「今更なに言ってるの」
と私を跨いでお尻を顔に擦り付けて来たので舌で割れ目を舐めてやりました。

「是から当分の間できないね」
と言いながら、勃起している陰茎をしゃぶったのです。
私も慣れ親しんで来た妻の膣口から淫核を下から上へと舐めたり吸ったり、
愛撫をしていると、気分が出たのか淫液で割目がヌルヌルに成って来たのです。

「もう入れて」
「美代子のオマンコは、いつ見ても見飽きないな」
「我慢出来るの、これから」
「しょうがないから辛抱するよ」
「それなら気の済むまで遣って」

私は是が遣り収めと思い、女上位から後背位、座位と体位を変えて居るので
妻は貯まらず、喘ぎながらよがり、何回もアクメに達しているのでした。
私も良くなって来たので、座位から正常位で妻を抱き締めて、
スピードを上げて昇り詰めようと思いました。

「ねえ、もういいでしょう」
「もう直ぐ、出すから」
美代子の膝をくの字に曲げて大腰、小腰とズコズコと抜き差しして居るので、
美代子も堪らず、
「アァーハ、アァーハ、アァーいい、ハァハァ、アァー気持ち好いぃー、ヴゥグー」
と苦しそうな美代子のよがり声に、刺激を受けて曲げていた膝を伸ばすと、
すかさず美代子も私の足に絡ませて、下からグリグリグリとお尻を廻しながら、
「気持ちいいよ、お父さん、まだなの、早く出してよ」

と、私の背中に両手を廻したので、私も美代子の肩を抱きながら、美代子に合わせて
腰をオマンコに押し付けグルグル廻したり上下に擦っていると、私も堪らず、
「美代子、出そうだ」
「出して、出して、ウゥーアァーハン」
快感も絶頂に達したので、
「出すぞ」と言いながら、
美代子を抱き締めて、子宮目掛けてドバーと噴射し、美代子の収縮と、
最高の締め付けに、克って味わった事の無い快感に満喫していました。
田中美里09
その後、美代子は何かと心配しながら入院の準備に追われています。
私は長期欠勤の届けを出す為に会社を訪れ、病気の説明をして、
十二人居る部下を目の前にして病気の説明をし、後を係長に託したのです。

職場の違う愛人の人妻明子にも其の事を話すと、
「うそ、そんなに元気なのに」
「本当だ、入院して腹を切るのだ」
「手術すれば治るの」
「と、思うよ、明子とも当分の間、エッチが出来ないな」
「寂しいけど体が大事ですものね」
「健康第一だよ、人間は・・・」
「そうよ、健康でなければ、何もかも面白くないものね」

と、寂しげに言う、私は妻と同様にこの人妻明子とセックスして置かなければ、
と思いデートに誘いました。
「何時入院するの」
「四日後だ、未だ日はあるからな」
「私は良いけど、貴方は大丈夫なの」
「まだ健康体だから何の心配もいらんぞ」
「奥さんと遣ったの?」
「そりゃ遣ったさ」
「それなら良いけど、もし何かあったら」
明子も心配して中々応じなかったけれど、私の強い思いに負けたのです。

不倫相手の明子とは、同僚の先輩から、
「あの女はフィーリングが合えば、誰とでも寝るからな」
と聞かされて、会って見ると、顔は十人並みで背は低く、色黒ですが、
飾り気がなくサッパリした感じの良いのに心を惹かされたのです。

二回目のデートで肉体関係に陥り、三年も妻と人目に気お使いながら、
私なりに上手に付き合ってきました。

明子の体は中肉中背で乳房は八十五も有り、恥毛は幅広く恥丘全体と
太腿の付け根に伸びています。大陰唇は勿論、肛門から尻まで生えているので
ジャングルのようです。多毛な性欲が強く、セックスが好きだと言われて居ますが、
明子もその様な女だと思いました。
  1. 入院顛末記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.