PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

“さよなら”も言わずに消えた秋田生れの女。其の一

◇不幸を背負った女◇
秋田生まれの女1-1
私は50歳の時30年勤めた某自動車メーカーを中途退職し、
現在は義母と妻名義に成っているマンションや貸地・駐車場などの
不動産の管理に専念をしております62歳の男性です。
(私は故郷秋田の高校を卒業して集団就職で横浜に出て来て、
 職場で今の妻と知り合い入婿になったのです)

五歳年下の妻は閉経後潤いが少なくなったせいか、何時の頃から妻が性交を痛がって
拒否するようになりました。そのため自然と夫婦関の営みが遠のく様に成っている昨今です。
それでも庭の草むしりなんぞをしている時、ベランダに干されてある女性の下着を見たりすると、
ついムラムラとして股間が勃起したりすることも有ります。マダマダ元気だと言う証拠でしょうか。

私どもの様な仕事をしておりますと、様々な店子さんと出会います。
例えば滅多に外出したことがなのに、実は中の良い中年夫婦。
反対に外面は良いのに喧嘩の絶え間がないない若夫婦。
そして、アッアッの新婚さん。それに独身を通している熟女、OLから、
ホステス、愛人の女など色々な人がいます。

つまり色々な人生を垣間見る事が出来るのが、不動産業と云うことでしょう。
中でも、私が生涯忘れる事が出来ない店子さんは、今から10年ほど前に、
訳あって引っ越して行った人妻の麻子さんでしょう。

当時彼女は40歳を少し過ぎたくらいで、いつも爽やかな挨拶をしてくれる、
気だての良い奥さんでした。
おまけに、生れは私と同郷の秋田で、透き通るほど色白の秋田美人、
背も高いプロポーションの持ち主でもありました。

麻子さんは会社員の夫と、中学生の息子さんとの三人暮らしでした。
平凡だけれども、幸せそうな家族に見えました。
ところが内実は、外からでは判りにくいものです。
やがて、夫が若い愛人の元に走ったと言う噂が流れるように成り、
数ヵ月後には、父親の行動にやり場のない怒りを持て余した息子が、
不良とケンカをし、ナイフを使って大怪我を負わせ、揚句は少年院送りといった
出来事が続いたのです。麻子さんにとって苦悩の日々の始まりでした。

いくら付き合いの薄い都会のマンションとはいえ、世間と言うのは好奇心が旺盛なものです。
息子が傷害事件を起こしてなお、マンションに平気で住み続けるほど
彼女は強く有りませんでした。私は負けるなと涙ながらに励ましたけれど、
麻子さんはやがて引っ越す決心をしたようです。しかし、すでにご両親を失って
身内の居ない麻子さんは、実家に戻る事さえ出来ませんでした。

 
秋田生まれの女1-2
相談する人もなく、途方に暮れていたようです。そこで私は市内から少し離れた
別のマンションを世話してやって、その後も何かと相談に乗ったりしている内に、
同郷と言う事もあって親密さが増し、ついには男と女の関係に成ってしまったと言う訳です。

あの晩、私は世話したマンションの住み心地を訊く積りで、麻子さんの部屋を訪ねました。
昼間でなくて夜にしたのは、私の時間の的な都合もありましたが、あわよくば彼女と・・・
といったスケベ心が大いに有った事は否定できません。

麻子さんもまた人生に絶望的に成りかけていた事もあり、また私へのお礼の意味も
有ったのかもしれません。彼女はお茶ではなくビールで私をもてなしてくれ、
その後の展開は私の期待通りになったという訳です。

私は畳の上で麻子を裸にしました。白い肌にパーッと赤味が差したのは、
恥ずかしかったからでしょうか、それとも、アルコールのせいだったのか・・・。

意外に乳房は大きく、仰向けに寝ると、つきたての餅ように扁平になって、
脇の方に食み出していました。
腰も思いのほか大きくて、秋田の土の香りがする腰とでも形容すればいいのか・・・。
陰毛は柔らかく、いくらか湿り気をおびて、黒々とした濃い逆三角形でした。

「そんなに見つめないで、恥ずかしいわ」
彼女が太腿を擦り合わせて腰をよじり、両手で乳房を隠します。
「そうか、私だけ服を着ているのは不公平だからね」

私も服を脱いでパンッ一つに成りました。パンツだけは脱がなかったのは、
ガツガツしているところを見せたくなかったからです。
すると、麻子は両手を乳房から離し、私を誘うように広げました。
私はその腕の中に、ゆっくりと体を沈めるようにして被さっていきます。
そして左の乳房に顔を伏せ、唇を強く押し付けました。

「ああ・・・」
麻子が私の頭を両手でギュツと抱え込みました。
10本の指先が、私の頭に食い込みそうなほどの強さです。
(なんてやわらかいオッパイなんだ)
巨乳の周りを舌でペロペロと舐めまわし、揉み立てると、すぐに硬く尖ってきた乳首を、
まるで赤ん坊のようにチュウチュウとすいたてたのでした。
  1. 忘れえぬ人
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 09  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


.