PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

一卵性姉妹のボボ調べ。其の二

◇なめてもらうの好き
一卵性姉妹のボボ調べ2-1
娘の後ろ姿を見送りながら、俺は30数年前に出会った女を思い出していた。
その頃俺は釧路を基地に、サケ、マスを追う漁船に乗っていた。
知恵と言う女だ。どこと言って変わった所の有る女じゃなかった。
『高砂』という飲み屋で働いていた。『高砂』と言う店は、今わないが、
知恵はまだ健在だと言うし、風の便りでは釧路に住んでいると言うから仮名にした。

知恵は美人じゃなかった。本人もそう思っていたので、化粧けもなく、
店では目立たないおんなだった。
しかし俺は惚れた弱味じゃないが、よく見ると愛くるしい顔をしていた。
都はるみみたいだって言ったら、はるみファンに怒られるかな。

知恵にホレたのは何を隠そう知恵のアレ、つまりセックスだ。
道具も良かったが、テクニックも抜群。それに何よりスケベエだった。

俺はもう結婚していたし、女の経験も、自分ではいっぱしと思っていたけど、
知恵のボボには一発でまいっちまった。
知恵の前では、俺なんぞ赤子も同然、一言で言えば翻弄された。

陸(釧路)に居る間は、俺たち漁師は、船主が世話してくれたアパートで寝泊りしていた。
そのアパートの下を、たまたま通りかかった知恵に、俺が二階の部屋から
からかいながら声を掛けたのがきっかけだった。

その日は『高砂』が休みだったんで、買い物に付き合った後、
夜知恵のアパートでごちそうになった。
「酔ったわ、ウチ、店では飲まない事にしてんのよ、酔うとウチ・・・」
そう言いながら、知恵は、俺にしなだれかかった。
「抱いてもいいんよ、ウチが嫌いでなかったら・・・」

好きも嫌いも無い、俺はただやりたい一心で抱いた。知恵は俺に抱かれながら、
着物の帯を解くと、俺のドテラの裾をまくって、いきなり俺のモノを咥えた。
俺はこの時、初めて尺八を知った。(すぐ後にハーモニカの味も知った)

 
一卵性姉妹のボボ調べ2-2
興奮の余り、縮んだままの俺のモノを、唇で弄びながら、
「脱がせて、ウチも~」
肩に掛かっているだけになっていた着物を外すと、
卵の殻を剥がした様な知恵の裸体が現れた。

「ウチ、顔はブスやけど、体は自信があるんよ、フッフフ」
そう言うと知恵は、俺の手を取って、豊かな胸に挟んだ。
自慢するだけあって、知恵の肉体は素晴らしかった。
肌が白い、餅肌というのかしっとりとして吸い付く感じがする。胸も大きい。
手のひらに収まり切れない乳房が、両肩からブルンと、ぶら下がっている。

俺は顔を埋めて、夢中で両方の乳房にしゃぶりついた。
「ええ気持ちやわ、あ~あ~」
知恵は俺のセガレを指で、弄びながらあえぐ。
「ウチ、あんたのこと好きやったんよ。なんで口説いてくれんかったの、
 ああ~、ええ気持ちや、ああ~、噛んで、あッあ、そうや、そ、そうや~ああ~」

セガレはピンピン。早くも発射寸前。
「出そうだ」
俺が言うと、知恵は慌てて、手を離した。
「出したらダメ、我慢するんよ、ウチに任しとき」
知恵はそう言いながら、口の先でセガレをフウフウ吹く。
「熱くなったもんは、冷やすのが一番なんよ、これを繰り返しているうちに、
 男は強くなるんよ、ねぇ、ウチのもナメて~」
俺はこの時まで、女のアレを舐めたことがなかった。

俺の女修行は、港々にある赤線だが、そんな所の女は、汚くてナメる気になれない。
女房と結婚する前に、何人か素人の女と関係をもったが、いじって、指を入れるのが
精一杯で、それ以上のことは考えもしなかった。
一卵性姉妹のボボ調べ2-3
「ウチ、病気あらへんし、お風呂に入ってるから綺麗なもんよ。ねぇ、ナメて~」
そう言って知恵は、俺の顔にボボを押し付けてくる。
俺も覚悟を決めた。目をつぶって知恵のボボに顔を埋めた。

「あッあ~、ええわ~あ~」
知恵は気持ちよさそうな声を上げ、なおも腰を押し付けてくる。
最初は冷たかったが、ナメているうちに熱いお汁が出てきて、熱くなった。

「あ~あ~、ウチ、ナメるんも好きやけど、ナメて貰うんも好きや、あッああ~」
知恵は俺の顔の上に馬乗りになって、腰を揺する。
そうしなが再び俺のセガレを咥えた。冷やしたせいか、セガレも冷静になっていた。

知恵は口でセガレを挟んで、顔を上下させながら、両方の指で根元と袋をモミモミする。
俺はたまらず、また発射しそうになった。今度は俺から合図を送らないのに、
知恵は感じ取っていたのか、素早く手を離して、フウフウ。

「ウチ、男前は嫌いなんよ。モテるのが当たり前と思っているから、
 女をバカにするんよね。特にウチみたいなブスを」
「俺はブスか」
「ううん、あんたは男前や。でも世間で言う男前違う。
 ウチの好みの男前やね、ウチのタイプやね、フッフフ。もうあんたを離さへん、
 かわいがってかわいがって、オモチャにしたるわ、フッフフ」
知恵は俺を裏返しにすると、いきなり尻の穴にかぶりついた。
  1. 忘れえぬ人
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2021 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.