PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

一卵性姉妹のボボ調べ。其の四

◇知恵であって知恵でない
一卵性姉妹のボボ調べ4-1
知恵は布団を二組敷いた。そして寝間着に着替えると、自分の布団に入って目を瞑った。
こうなれば俺もそうするしかない。寝間着に着替えて、俺の布団に入った。
暫く待ったが、知恵がこちらに来る気配がない。
隣の布団に手を伸ばして、知恵の腕を掴むと、そのままこちらの布団に引きずり込んだ。

抱き合って、キスをした。しかし何か変だ。何時もの知恵なら、抱いてキスしただけで、
鼻を鳴らして、腰をすすり寄せてくるのに、どこかよそよそしい。
このとき俺は、ふとある予感がした。俺は恥ずかしがる知恵を、強引に素っ裸にした。

まず右の脇腹を見た。知恵には盲腸の手術の痕があるはず。
あった。形も大きさも全く同じだ。
次に引っくり返して背中を見た。知恵は首筋の生え際の所に
親指大のホクロがあったが、これもある。

やっぱり知恵なのかなと思いながら、まだ半信半疑。
しかしここまでくると、確かめずにはいられない。
俺は荒々しく、知恵の股を開いた。

「や、やめて、ウチ、恥ずかしいわ~」
知恵は、恥らいつつも股を開かせた。
「電気消して、ウチ、こんなことようせんわ」
なかった!膣の脇にあるはずの、俺が噛んだ歯型がない。

あるとき妙にサディスチックな気分になった俺は、
本気で知恵のボボを噛んだ。
グサという歯が、肉に食い込んだときの感触が今も、生々しく思い出される。

傷痕はすぐに小さくなり、本人か俺でなければ、何だか判らなくなった。
しかし三ヶ月前には、確かにあったのが、なくなっている。
(この女は知恵そっくりだが、知恵ではない・・・)
俺の心の中に新たな疑惑が生まれた。
(だったら、なぜ俺と・・・)

女は、すでに膣から汁をこぼし始めていた。
俺はボボ一杯に口を押し当て、汁を吸い、唇と舌とで責めた。

 
一卵性姉妹のボボ調べ4-2
女は感じていた。そして感じることを表し始めた。しかし表現方法が知恵とは違う。
違う女なのだから、違うのが当然だが、違うことが俺を強く刺激した。

(いったいこの女は何者・・・?)
俺は知恵仕込みのあらゆるテクニックを駆使して女を責めた。
「あッあ~、ええ、ええんよ。ウチ、ああ~」
女はよがり声を上げながら、ボボを俺に押し付けてきた。
ボボの匂いも、汁の味も微妙に違った。知恵が味噌汁なら、この女は澄まし汁。
指を挟むと、女は軽く股を閉じ、指を使うと、指の動きに合わせて、腰を揺らせた。

セガレを顔に押し当てると、唇をわななかせながら咥え、咳き込みながら吸った。
尺八のテクニックは知恵には、遠く及ばなかった。
舌使いも拙かったが、それがかえって新鮮だった。

女は俺から刺激を受けると、息を荒げて、咥えていたセガレを吐き出した。
「あッ、ええんよ、ああ~、え、ええんよ、あ~あ~」
喘ぎながら、息を吸い込むと、女はまた貪るようにセガレを咥えた。

どうやら女には刺激が強すぎたらしい。そのために女は、呼吸困難に陥っていた。
俺はセガレを濡れそぼったボボに入れた。そしてすぐさま女を後ろ向きにさせた。
女はすぐに腰を使いたがったが、俺はあえて無視した。
女は自分一人では、十分に腰が使えなかった。

女は焦れた。これも知恵から教わったテクニックだが、
入れたまま男がじっとしていると、女は焦れる。焦らせ方とタイミングが難しいが、
焦らせば焦らせるほど女は燃え、やがてくるアクメが深くなる。

知恵は焦らされながら、体を弄られるのが好きだった。
バックから入れさせ、俺にボボや乳房を弄らせた。
特にサネを触らせるのが好きで、指の腹でこすってやると、それこそヒィヒィ泣いた。

泣き狂っても、俺が取り合わないでいると、知恵は声を荒げて俺を罵った。
最初罵られたときは、俺も驚いて、慌てて腰を使った。
一卵性姉妹のボボ調べ4-3
後で知ったことだが、それでもまだ焦らして欲しい時があるという。
焦れて焦れて、焦れ狂ったほうが、あとから来るアクメが、
より深く、持続するのだと言う。しかしその限界がいつかは、
其の時の気分、体調によって違うので、一つ間違えると白けるだけだった。

俺は十分に間を取った後、バックから手を伸ばして、女のボボを弄った。
「あッあ~あ~、ええんよ、ええんよ~」女は泣いた。泣きながら腰を揺すった。
俺は女の動きに合わせて、徐々に腰を使った。決して奥までは入れず、
入口を擦ったり、粘肉だけを擦ったりした。

女は焦れた。しかし何と表現していいのか分からないらしく、
もどかしげに腰を揺するだけだった。
知恵の時と違って、優位に立っていた俺は、そんな女を弄ぶだけの余裕があった。
アクメに近づいては遠ざかり、また近づいては遠ざかると言う状態を、女は繰り返した。

そんなことを繰り返しているうちに、次第にアクメが深くなって行った。
フィニッシュの時の女は、背骨を抜かれた魚のように、
ぐったりとなってヒィとも言わなくなって、崩れ落ちた。

俺たちは、その夜三回やった。女は知恵に劣らず好きだった。
仕込めば知恵同様、男泣かせの女に成りそうだった。

俺はついに、女の正体を聞けなかった。女も最後まで知恵を演じ、知恵で通した。

翌日俺は駅前で知恵を見た。声を掛けようとした瞬間、知恵の傍には、
“違う知恵”が居るのに気づいた。さっき別れたばかりの女だ。

二人は親しそうだった。女は正装し、小さな旅行バックを持っていた。
二人の女は、肩を抱き合いながら、駅に入った。
俺は気づかれないように後を追った。“違う知恵”は汽車に乗り、
本物の知恵がホームで見送った。

俺は駅前で、本物の知恵を待った。そして偶然を装って出会った。
「あんた、帰ってたん?」
知恵は呆然と立ちつくし、ポカンとした顔で俺を見た。
俺の帰港は、都合で予定より一日早まったのだ。

「それで、あんた?」
昨夜の出来事は黙っている積もりだったが、隠し事の出来ない俺は、
ついアパートに泊まったことをしゃべってしまった。
「あんた、ねぇちゃんと寝たん?」
俺はウンと頷いていた。
知恵は怒った顔をして、黙ってしまった。

女は知恵の姉だった。姉と言っても双子。それも一卵性双生児。
小さい頃から、親でさえ見分けがつかないほど酷似していたとのことだ。
  1. 忘れえぬ人
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2021 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.