PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

人妻二人の性器構造の違い。其の三

◇真上から女性器が丸見え◇
正上位01
そのうえ私の一番敏感なカリと鈴口を舌で絡まれ、ペロペロやられ、私は危うく
気が遠くなりそうになった。それはあたかも母親にやんわり抱かれた赤ん坊が、
母親から頬を舌なめずりされているような、なんとも優しい感情にさせられる・・・
それでいて今にも爆発しそうな快感であった。

私は、この淫らなシックスナインで何時も思うことは、人間は互いにここまで好色になれて、
相互に快感を貪り合える動物なのだなという実感だった。
とても正気な沙汰と思えないことを、愛し合う男女の間では平気で遣れるのだ。

私はもう無我夢中で節子のクリトリスを、口唇と舌と歯と唾液を使って弄び、責苛んだ。
「だめ!あっ、またいくうっ」と、彼女は突然口に咥えていた私のペニスを吐き出し、
そう叫んで、尻を上下に小刻みにゆすり、口を突っ張らせた。

それでも私がタコのように彼女の陰核に吸い付いていると、
「もう狂っちゃう、これが欲しい、早く入れてえッ、お願い」
と悲痛な声で叫び、またペニスにかぶりつき、呻きながらしゃぶり出した。

私は今や半狂乱に成って居るこの好色な人妻に、愈々とどめを刺す時が来たと思った。
射精したいのを我慢に我慢を重ねここまで持ちこたえて来たのだ。

私は、性交はあらゆる秘術を使って女を歓ばせ、狂わせ、それによって
此方も欲情が昂まり、最後に互いに一挙に性感を爆発させ、
羽化登仙する事だと思っている。現世でこれ以上の極楽浄土を私は知らない。

私は節子の身体から降り、元の位置に戻り、今度は彼女の脚を持ち上げ、
尻の下に枕を当てがい、彼女のオマンコが真上から丸見えに成る様にし、
上から垂直に嵌め込む事にした。

この体位は、目で性器が楽しめるうえに、陰茎が根元まですっぽり入り、
膣の摩擦感が加わり、しかもストレートに子宮を突かれるので、性経験の深い女は
涙をこぼして喜び、射精と同時に猛烈なオルガスムスに達する事が出来た。

私は、自分の体重を掛ける様にして、目の前で八の字に全開している彼女の
締りのいいオマンコに対して、再び己のペニスを突き刺していった。

 
正上位02
むくりとした感じのちょつとした抵抗があって、見る見る亀頭が姿を消し、
ぴたり咥えられたまま没入を続けていくと、膣の途中で亀頭の先が何かに触れて、
其処を通過するとき、捲くられきった亀頭がグリッと圧迫を受けた。
その気持ち良さは例え様もないもので、背筋まで快感が貫く感じたった。
第一回目に嵌めた時は気が付かなかったのだから、やはり冷静を保っているようでも、
上がっていたのだ。

おそらく膣の途中が狭く成っていて、そこを通ろうとすると嫌でも圧迫を受ける事に成るのだ。
ためしに一寸戻り、もう一度同じ動作をしてみると、やはりグリッとした強い刺激を受け、
彼女もまたその時「ううっ」と微かに呻いた。

私にとっては大変な発見だった。それまでに五十数人の女性と関係してきたが、
こう言う微妙な素晴らしいオマンコに出会ったのは初めての経験だった。
私の方が力を入れないと、折角挿入したペニスが押し返される感じなのだ。
私は心の中で歓喜し、何度も入れたり出したりして、鋭い瞬間的な快感に酔った。

彼女も私の亀頭がそこを突き抜けるたびにぴくっと身体を振るわせ、
「こんなに気持ちが良くていいのかしら」と呟く様に言った。
彼女も、その狭い部分をカリによって連続的に擦られる気持ち良さに、
目を瞑り蕩然としているようだった。

それから私は、彼女の子宮目掛けて止めを刺すように、力強くペニスを沈め、
小刻みに上下させて激しく亀頭の先で叩いた。

其の頃になると節子もまた快感が襲って来たようで、
「ああぃぃ、ああぃぃ、死にそう」と言って泣きだし、下から腰を無茶苦茶に突き上げてきた。
女はイキだすと泣き出すのだ。私はその声がたまらなかった。
おまけに今頃になって彼女の膣の奥がピクピクと痙攣をしはじめ、それが私の亀頭に
柔らかく当るので、私は背筋が寒く成るほど、えもいわれぬ快感に襲われた。

節子の豊かで女っぽい肢体といい、オマンコの締りのよさと、絶妙な膣の具合といい、
果たして彼女の夫はそれを自覚しているのだろうか。私が今まで出会った女の中では、
その味の良さでは一、二を争うほどの名器の持主に私には思えた。したがって彼女に優しく、
ピッタリと咥えられた私のペニスは全く萎える事がなく、勃起しっぱなしの状態にあった。
正上位03
いまや二人は手を握り合い、私がゆりかごの様にゆっくり抽送を繰り返すと、
それに巧みに合せて丸く白い尻をキュッキュッと突き上げ、
「たまらないわぁ」と、私の顔を下から天女の様な甘い表情でそう口走った。

もう互いにこれ以上如何して良いのか分別もつかないような境地に達していた。
二人で『たゆたう』というのが一番ぴったり言葉だった。
こんな良い女としみじみ性交できる自分の幸せを思った。

私は既に限界に達していた。其の事を節子に告げた。彼女は頷き、
必死の顔つきになって私にしがみついてくる、それが愛おしく私を一層奮い立たせる。

私は一旦握り合った手を解き、逞しい腰を全面的に抱きかかえ、
抽送運動を大振りに激しく行った。
直ぐに彼女は悲鳴をあげだし、いきなり私の左の肩を激しく噛んだ。
鋭い痛みが走ったが、それは我慢の出来るものであった。

私はもう無我夢中であった。
この瞬間、誰が私の動きを止めようとしても止まらないであろう。私はそれくらいの
激しい腰使いで、節子の膣の中で突いて突きまくり、其の頂点で爆発し、
子宮目掛けて精液をブルブル痙攣するように何回も何回も発射し続けた。

其の途端、彼女は「ぎゃあ」と耳をつんざく様に絶叫し、抱いている私が空恐ろしく
成るほど仰け反ってベッドから頭を突き放し、滅茶苦茶に腰を使い出した。
目尻からは涙を滲ませ、全身を痙攣させて、彼女のオルガスムスのすさまじさを
目の当たりに見せ付けられた。

彼女は、私が射精し終わっても、ひっきりなしに私にオマンコを押し付け、
しかも何かが私の弱った亀頭にさも愛おしそうに絡みつき、
「あら、またキタわ・・・」と言って、私の首に回した手を痛いほど締め、
身体をブルブル震わせたかと思うと、
「あたしどうしょう、イキっぱなしなの・・・」と言って、しくしく泣き出してしまった。

その泣き声がまた私には余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)に聞え、
彼女の性感の深さに内心慄然とし、かってない性交の満足感にしみじみ浸っていた。

美人は身体つきから性器の構造まで美しく出来ていて、男を夢中にさせるのだ。
私は彼女に首を巻かれ、窮屈な姿勢に苦笑しながら、
(この分では当分、私はこの女性から離れられそうもないし、
 彼女もまた私を離さないだろうな)と心の中で思った。
  1. 人妻の性欲
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2021 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.