PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

吉祥寺に下宿していた頃。其の一

(1)
吉祥寺01
(昭和30年代の上野駅地上ホーム)
昭和36年の3月、私は待望のW大学の入試に合格して、
胸に大きな夢を抱きながら勇躍上京しました。
下宿は合格発表に付き合ってくれた同郷の一年先輩の方の紹介で、
中央線の吉祥寺駅を降り、徒歩五、六分の、閑静な住宅街の中にありました。

其の辺りは戦災に遭わなかったのか、それ程新しくない家が多く、
下宿はその中の二階家で、玄関で品の良い小柄な婦人が出迎えてくれました。
電車の中で聞いた先輩の話によれば、その家は戦争未亡人が一人で住んでいて、
朝夕の食事の世話をしてくれると言う事でしたが、出迎えてくれた婦人がその本人でした。

言葉に訛りや変なアクセントがあり、一緒に生活する様になってから聞いて見ると、
九州の田舎の出身という事でした。
大学へは中央線で新宿まで出て、其処から山手線に乗り換えて、高田馬場で下車、
戸塚の方へブラブラと歩いて行くのが毎日のコースでした。

私は大学で講義のある時は真面目に出掛け、日曜日や休日は遅くまで寝ていて、
目を覚ませば、東京見物とか、新宿や渋谷の映画館へ出かけていて、
殆ど下宿に居ないものですから、小母さんとは殆ど没交渉の毎日でした。

大学構内の銀杏並木が芽吹き、やがて新緑になる頃には、
私の東京暮らしも大分慣れてきて、角帽の被り方もサマになってきたようでした。
そんな或る日の午後、大学から下宿へ帰ると、郷里にいる婆やのフサから電報が
届いていました。
(フサと私の関係は前作『私の少年期』に詳しく述べております)   
当時は携帯電話等は無く、一般加入電話も未だ普及途中であり、
電報が一番早い通信手段だったのです。
余程の事が無い限り電報など受け取る事はなく、何事かと目を通してみると、
その週の日曜日に上京するので、上野駅まで迎えに来て欲しい。
と云う旨の電文でした。

その日曜日、予定の時間より早めに下宿を出て、上野駅に出かけて行きました。
高崎線の到着プラットホームで待っていると、渋い大島の着物を着たフサが、
緊張した面持ちで、列車から降りてきて、手を振って合図している私を見付けると、
満面に人懐こい笑みを浮かべて近寄って来ました。
 
1307446676947.jpg
その日は一旦私の下宿へ戻って、小母さんに挨拶した後、私の部屋で一休みしました。
二人きりに成ると、フサの乳房へ触ったり、マンコをくじる事位は出来ましたが、
階下の小母さんに気兼ねして、流石に体を交える訳にも行かず、
逸る心を押さえて、夜、旅館へ行くのを楽しみに残しておきました。

そろそろ午後も遅くなったので、中央線で新宿へ出ました。其処で夕食を取った後、
通学の折にかねがね目を付けて置いた、高田馬場の連れ込み宿へ入りました。
旅館は戦後間もなく出来た木造の建物と見えて、外観に似合わず、
中へ入ると建て付けの悪い部屋でした。

部屋へ案内してくれた女中に風呂の都合を聞くと、今混んでいて、暫く待たないと
空かないと言う事なので、早速、一義に及ぼうと、服を脱ぎ始めました。
隣室には既に先客があって、早や肉体合戦の真っ最中と見えベニヤ板の薄い壁を
隔て時々例の特有な怪しげな物音が聞こえて来ます。

「お隣さんも楽しんでいるげだな・・・なァ、坊ちゃん、隣はどんな人だんべぇ?」
フサは私の顔を見上げてそう言いながら意味あり気に微笑み、宿の浴衣に着替え
終わると、私の手を取って既に用意されている蒲団の上へ誘い込みました。

私は隣のアベックの睦言に気を取られながらも、早速フサの寝間着の胸を押し開いて、
久し振りの乳房を口に含みました。
「ああ、イイ気持ちだぁ・・・。坊ちゃん。本当に、こうやって坊ちゃんにチチ吸ったり、
 マンコして貰える日が待ち遠しかったんよ」
「オレもだよフサ。フサの事を思い出しながら、一人で何遍センズリ掻いて気ィやった事か」
「まあ、勿体ない事して・・・無駄にエン水出さずに、我慢して、夏休みに帰って来た時に、
 マンコするときに、このフサに残して置いてくれなきゃダメだんべぇ」
「それもそうだけど、オレ、若いから後から後から新しいエン水は出来るんだよ」

そんな事を喋りながら、昼間の東京見物で歩いたせいで、
十分に練れたマンコをクジッていると、突然、隣の部屋がガタビシと音を立てて揺れ出し、
「アア、イイわ、イイわ、其処よ、其処よ・・・ああァ、其処をもっと・・・」
と、言う一際高い女のヨガリ泣きの声に交じって、
「オレだって。あア、いい気持ち・・・オマエのオマンコは最高だよ。ああ、最高、最高・・・。
 オレのチンポだって良い味だろう?そら、ここをこうしたらどうだい?ええ?どうだい?」

何をして女を責めているのか、スケベったらしい男のダミ声。
「ああ、もう、もう、そんな事しちゃ駄目。駄目よ。ああ、イイわ、イイわ・・・
 あア、あア、あアッ、イク、イク、イク、イクウ」
後は言葉にならない高泣きのヨガリ声と、ギシ、ギシ、ギシという床の軋み音が響くばかり。
吉祥寺03
マンコをクジらせながら、フサは隣の悦がり声に興奮して、
「フン、フン、フン・・・」
と、鼻息荒く、喘ぎ声を漏らして、私の怒張仕切ったチンポを擦っている指先は
益々熱を帯びて来て、鈴口からは先走りの淫水が流れずめです。
それを指先で受けて、敏感なカリ裏へ擦り付け、それに合わせて時々睾丸の裏を
柔らかく撫でたり揉んだりするので、今にも精液が飛び出しそうなうな快感です。

私はベトベトに濡れたマンコをクジリながら、
暫く隣の睦言に聞き耳を立てていましたが、もう我慢出来ずに、
大きく開いたフサの股の間に割り込んで、大きく傘を開いた亀頭の先を
勝手知ったる膣口へ押し当てて、一気にズボ、ズボ、ズボッと差し込んでゆきました。

「ああ、イイ、イイわあァ・・・」
悲鳴に似た悦がり声を上げるフサを組み敷いて、一旦ズボッと毛際まで
差し込んで置いてから、グイッと半分ほど引き抜き、チンポの背を前の肉襞へ
押し付けるようにすると、そこら辺りに性感のツボが有ると見えて、
「ウ、ウウッ・・・」
と、顔を歪めて、しがみ付いてきます。

それを今度はわざと外して、入口の辺りをコチョ、コチョ、コチョッと早腰に刺激し、
フサがもどかしがって、マンコを押し付けようとするところを、
一気にズボッと奥へ突き刺してやりまます。
そんな事を三度、四度と繰り返す裡、
「ああ、アァァン、坊ちゃん、坊ちゃんたら、そんなに焦らさないで、早く、早く・・・」
フサは額に八の字の皺を刻んで、まるで小娘のような仕種で私に甘えて来るのでした。

上京して初めての、三ヶ月振りのオマンコの味に、
私はともすれば気がイキそうになるのを、グッと堪え、
コチコチに固くなったチンポの根元でサネ裏を揉む様に腰を使い、
先ずフサの気を遣らそうと、一心不乱に抜き差しします。

「あア、イイ、イイ、アァァ、もう止めて、止めて・・・
 あア、もう、もう、イク、イク、イク・・・あ、あア、イクゥ、イク、イク・・・」
その途端に、膣の奥の秘肉が亀頭の周りを喰い締める様に痙攣し、
子宮の奥から淫水を吐き出したのか、急にヌルッとしたモノがチンポの先を包み、
睾丸の底に渦巻いていた精液の固まりが、不意に盛り上がって来るのが判りました。

「ああ、フサ、フサ、オレも出る、出るぞ・・・」
目くるめく快感に思わず唸り声を挙げて、ドビュウッ、ドビュウッと射精しました。

  1. 若き日の性欲
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2020 05  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


.