PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

あの日あの時。其の一

私が四年前に始めて書いた「官能小説」もどきの告白文章です。
このに作品をきっかけに私の文筆活動は「作詞」から「官能小説」に変わりました。


~母の乳房と陰毛と~
母の乳房と陰毛と01
私の生まれ育った場所は群馬県の山の中、
今は高崎市に編入されましたが、克っては、群馬郡倉渕村と言うところである。
親達は田舎で百姓を遣っていたのですが、私が12歳の時横浜に出てきました。

日本も戦後の荒廃から抜け出し、高度成長が始ろうとしていた時期で
日本の自動車産業が本格的な国産車を作り始めた頃でした。
横浜に有るN自動車で工員を大募集していたのです。
手先の器用な親父は溶接機等も使いこなし、
農機具の修理も全て自分の家で遣ってました。
そんな親父ですからN自動車にも正社員で採用され、
家族共々横浜に移住してきたのです。

私が是からお話しようとするのは、私が始めて夢精を知りオナニーを経験をし、
女性の身体の秘密の部分に興味を覚え、性の衝動の赴く儘に、
年上の女性とのセックスに明け暮れしていた少年期の「あの日あの時」のお話です。

私は母が28歳の時の子で、その後母は35歳に成るまでの7年間に、
私の下に三人の子供を生みました。約二年半ごとに男女男女と巧く産み分けた物です。

そして私は八年間母から出る乳を飲んで居りました。
普通は二歳頃までには乳離れするはずなのに、
その頃には次の子を妊娠し、農家に育った母は丈夫な身体をしていたのでしょう、
母の乳房からは、八年間いつも母乳が溢れて居たのです。

初めの妹と弟の時は、赤子に乳を飲ませる時に私も一緒に
母の乳房の片方を吸って居たようです。
流石に末っ子の時は母も疎ましく思ってか、余り私を近づけなく成りましたが、
妹が余り飲みが良くない時などは、搾乳器の代わりに、
私にも飲んで良いよと言って飲ませてくれたものです。
 
母の乳房と陰毛と02
私の遊び友達が「伊佐雄ちゃん遊ぼう」と誘いに来た時などは、
「今母ちゃんのオッパイ飲んでるからチョツト待ってね」
等と恥ずかしげも無く言って居たので、
大人に成った時分でも親戚が集まったりした折等どには其の話で
「冷かされる」羽目になって仕舞いました。

母は子ども達と何時もお風呂に一緒に入って、
身体を洗って呉れてました。
赤子が生まれると初めに赤子を風呂に入れて、
其の後で上の子を入れると言う按配で
末っ子が生まれた辺りでは、

「もうお前は大きく成ったんだから父ちゃんと入りな」
と突き放されました。

其れまでは私と母は殆ど二人っきりで入って居たので、
母から見放された気持ちに成って「べそ」をかいていたものです。
そんな私を可哀想と思ってか
週に一度ぐらいは母が一緒にお風呂に入ってくれたのです。
そんな時は思い切り母に甘えて、

「母ちゃんオッパイ飲んで良い」とおねだりすると、
「もお、お兄ちゃん何だから何時までも
赤ちゃんみたいな事言ってんじゃないよ」

と嗜めながらも乳房にしゃぶりつくのを
突き離す様な事はしませんでした。
そして私は母のオッパイを吸いながら
時々母の陰毛にも手を触れていたのです。

昔の女性は陰毛も腋毛も手入れする事も無く
生えるが侭という感じで、▼形の真っ黒な
陰毛がフサフサ生えていました。
何も知らない子供の私は母の陰毛の下に
何が有るかは知りもせず、柔らかい草叢に触れるだけで嬉しくて、
其れを掻き分けて、陰部に指を入れる等の悪さはしなかったのです。
母は甘える私の手を振り払う様な事も無く、
毛に手を触れるぐらいは大目に見て呉れていたようです。

その当時では未だ母は美味しいオッパイを飲ませてくれる
優しい母ちゃんであり、性器には関心なく大人はアソコに皆
毛が生えるもので、その毛が母の証であり、其の奥に
穴が有るけど其れはオシッコをする、汚い穴なのだ、
だから毛で隠して居るのだと思っていたので、
穴を弄るのは汚い事だと思って居たのです。
母の乳房と陰毛と03
私が始めて夢精を知ったのは小学4年の10歳の終わり頃でした。
最初の頃は寝小便を漏らしたと思って居たのですが、
11歳に成り五年生になるとクラスの男の子達の会話の中で
夢精や性交の話をするように成り、
私が寝小便と思っていたのが射精であり、
睾丸に精液が溜まると自然に出てくるものだと知りました。

そして性行為と言うものが男の性器と
女の性器が繋がりあうという事を耳学問で知った時、
是を「性への芽生え」と言うのでしょうか、
当時の雑誌「平凡」とか「明星」の付録に付いて来た
「十代の性典」などを友達の間で読みまわしして、
オナニーを覚え、夢の中で女性と性交して
「あぁぁ」と思った時にはパンツの中が
べっとりと精液で汚れることを自覚したのです。

初めの頃の夢に出る性行為は、
具体的に女性の性器を見た事も無く、
行為そのものも経験有りませんでしたから、
真っ黒な陰毛が私に覆い被さって来て
その中の穴から男のペニスと同じ様な肉棒が出て来て、
先端が擦れ合う内に気持ち良く成ってきてドバーツと
射精していたのです。男性と女性の性器の違いは
その肉棒の大きさの違いだと思って居たのです。

女性の肉棒は普段、穴の中に隠れて居て、
性交する時は男の勃起と同じで、穴の中から頭を
出して先端同士が擦り逢ううちに先端がくっき合い
男が射精すると女性の肉棒の先端の穴へと精液が
流れ込む、と思って居たのです。
未だ膣が如何なって居るのか、子宮が如何とか、
子供は何処から生まれるのか、
等は全く知らなかったのです。

女性の其れは小さく白くて軟らかい肉棒でした。
今思うに其れはクリトリスだったのだと思います。
物の本に寄れば、
男性のペニスと女性のクリトリスは元々同じような器官で、
ペニスはクリトリスが進化して大きくなった物だと書いて有ります。
私の夢もあながち間違って居なかった訳で、
ペニスの先端とクリトリスが擦れ合えば、
お互いが気持ちよくなる訳ですよね。

最初は真っ黒な陰毛だけだった性器が
段々お尻と言う輪郭の中に納まり
お尻から乳房を持った女体がイメージされてきて、
それらを持った女性の顔がはっきりして来たのは、
私が中学に入った12歳のときでした。
そしてその女性の顔は、母の顔だったのです。
私のセックスの対象は事も在ろうか実の母親だったのです。
其れを自覚してからは
母を親ではなく女として見るように成って居たのです。

  1. あの日あの頃
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

幼き日の思い出

  1. 2014/10/05(日) 22:00:38 |
  2. URL |
  3. 亀仙人
  4. [ edit ]
小学四年で精通があったのですか。はやいですねえ。今は栄養もいいし、情報も満ちあふれているから普通かも。
わたしは勃起したのが小六で、精通があったのは中1でした。
もっとも、小一のとき、担任の女の先生のヌード画を秘かに描いていた、すぐ破いてしまいましたが、、、男の子が性に目覚めるのはずいぶん幼い頃からのようです。その対象が母親でも不自然じゃないような気がします。
小六まで母親と入浴してましたからアヤメ草様の気持ちは分かるような気がします。
母の白く柔らかい肉体、ふっくらしたおなかに続く煙るような陰毛
につつまれた優しい丘の隆起。をうっとりとして眺めた小六の男の子。そしてこの頃の男の子の性器の発達はすごいですね。股間の
アサガオのつぼみがあっというまに図太く変貌し、ギョロ目のような亀頭がその先端から顔を覗かせ、あっという間に黒々とした陰毛に覆
われ、そのうちに女性の胸や臀部に否が応でも目がいってしまう。
そして或る晩、隣に寝ていた母親が夜中にこっそり父親の寝間に、
不審に思った男の子は、薄暗い明かりのもと営まれる夫婦生活を覗き見る。父のごつごつした体に組み敷かれた母,激しく求め合う両親の姿、ショックを受けながらも興奮覚めやらない男の子。
激しく勃起している股間のモノ、きまり悪いと思いながらも、自慰に走る。激しく弄ばれる若々しい魔羅。そのとき、射精とともに完全にむけ返った亀頭。触ると凄く痛い、あわてて皮かむりにもどす。
今思うとその頃の両親は最も激しく求め合い,性の喜びを享受した頃ではなかったかと。
子を成し,女としての欲求を恥じらいながら夫に求め始めた母、溜まった欲望のはけ口でなく、妻の求めに応じることの誇りと喜びに目覚めた父だったのでしょうね。行為の中で次第に昂って行く官能の喜びに、ため息とすすり泣きに浸る母、ひたすら母に奉仕するべく母の腹の上で励む父。子が見ているとも知らず、、、、、、
くしゃくしゃになった寝巻きの傍らで丸裸で求め合う父母、躍動する父の腰それに応じるかのようにくねる母の臀部
「ああ、ああ、あっ あっ、いい、いい、、、、」




Re:【幼き日の思い出】

  1. 2014/10/06(月) 04:11:34 |
  2. URL |
  3. アヤメ草(管理人)
  4. [ edit ]
亀仙人様、コメント有難うございます。
男の子は皆同じような経験をして性を知り、
女を知って行くものなのですね。

大抵の男の子の初めての性の対象は母親ではないでしょうか。
あるいは姉とか妹とか身近な異性に興味を持つのは
極普通の事だと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.