PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

二十九歳の処女妻。其の一

29歳の処女妻1-1
取引先の浜田さんが自動車事故で急死したという言う知らせを受けて、
取る物も取り敢えずその通夜に駆けつけたのが昭和61年の晩秋の事でした。

浜田さんとは商売上の取引関係で知り合ったのですが、
彼とは(馬が合う)とでも言うのか、生前は一緒に良く女遊びをしたことがあり、
色々な思い出が有りました。其の中でも隣村の未亡人の靖恵という熟女と
3Pをした夜の事は特に忘れられない思い出でした。

故人の通夜の席には靖恵の顔も見え、折を見て私が近づいて行くと、
靖恵は日焼けした顔一面に人の良さそうな笑みを浮かべて、
「まあ、あんた、久し振りだいね」
と言った後、急に声を潜めて、
「頼みたい事があるんよ、後で家へ寄って貰えんかな」
と、言います。

私も浜田さんの葬儀にも出る積りで、その夜は近くの宿に泊る積りでしたから、
気安く靖恵の誘いを聞き入れました。

やがて通夜も終り、靖恵を私のクルマに乗せて、彼女の家に向かいました。
直ぐに彼女の家に着いて、靖恵は喪服を普段着に着替えると、
私に座布団を勧め、渋茶を出して呉れた後で、
「実は、私のところの姪子の事をあんたに相談しようと思ってね」
と、何時に無く真面目な顔で私を見据え、相談事と言うのを話し始めました。

靖恵が私を家に誘ったのは、
以前の様に肉体を求めての事だとばかり思っていましたから、
その口振りには一寸意外な気もしましたが、
「俺はまた、久し振りにべべ(性交)をさせて呉れるんかと思って、
 楽しみにして付いて来たんだけどなぁ」
冗談交じりに笑いながらも、単刀直入にそう言いました。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十九歳の処女妻。其のニ

29歳の処女妻2-1
気を遣る時の膣の奥の締まり具合は今も衰えてはおらず、
ギュウギュウと締めるような緊迫力でペニスを締め付けて来ました。
ともすれば私も気がイキそうに成る其の快感を、グッと堪えて腰を使って居る内に、
靖恵は突然力が抜けたように、ガックリとなって、ハァハァと肩で息をし始めました。

「このままでもう一回するかい?それとも、蒲団を敷いてからにしょうか?」
私は抜き挿しを休んでそう声を掛けると、靖恵は、喘ぎ喘ぎ私の方を振り向いて、
「罪な人だなぁ。眠っていた赤子を起こすような事してぇ、」
と、再び腰を振り始めましたが、やがて緩んだオマンコから、
ゴボゴボ、ピチャピチャと淫液の音がするだけで、
ユルユルの締まり具合に成ってしまいました。この機会に一度抜き出して、
余分な淫液を拭き取った方が良かろうと、怒張しきった濡れマラを、
一気にズル、ズルッと抜き出しました。

「あぁ、ああぁ」靖恵は慌てたように起き上がると、
素早く脱ぎ捨ててあったパンティを掴んでオマンコを押さえ、
流れ出た淫液をひと拭きしてから、今度は私のペニスの汚れを拭き始めました。

「まぁ、まぁ、こんなにマラをおっ立てちゃつて、わたしも、又したく成るじゃんかぁ
 (焼け棒杭に火が点いた)言うのは、この事だいね」
靖恵はそう言って怒張したペニスの汚れを拭き終えると、
ヨロヨロッと立ち上がって、奥の寝間へ蒲団を延べはじめました。

「さぁ、早くこっちにおいで、裸に成ったら急に寒く成って来たわ」
呼びかける靖恵の声に、奥の寝間に行ってみると、
靖恵は既に真っ裸になって、蒲団の上で仰向けに成って待って居りました。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二九歳の処女妻。其の三

29歳の処女妻3-1
時間が経つにつれて、二人の間には微妙な愛情の様なものが生まれ、
離れ難い気持ちに成って居りました。初枝も小娘では有りませんから、
私が工場の中で職人達と時たま交わすY談も軽く聞き流したり、
「まぁ、社長さんて紳士や思うとったのに、スケベなんやわ」
と、掌で軽く身体をぶつ真似をして、女の色気を見せる事も稀では有りませんでした。

死んだ女房も良く皆の中に入ってY談に興じ、工場の中に笑い声を響かせて居りました。
何から何まで亡き妻にそっくりなのです。女房に生き写しな初枝を見ていると、
無性に抱いて見たいという気持ちに駆られるのですが、今までの遊びで抱いた女とは
違う感覚でした。自然に機が熟するのを持って居たいと言う気持ちが強かったのです。

初枝が私の仕事を手伝う様になって、半年ほど経った頃、
取引先でクレームが出て、全数検査をしなければ成らなくなり、私と初枝、
それに検査係りの工員二人、計四人で狭山の親会社に出かけました、
7時ごろまで残業して全数検査を終え、社員を順番に家まで送って行き、
最後に初枝をアパートに送り届けました。アパートに店屋物を取って
一緒に腹ごしらえをしたのです。

「社長さんはウチの事、嫌いなんか?」
食事中、初枝は私の顔を見詰めるようにして、思い詰めた口調で、
不意にそんな事を言い出しましいた。
『嫌いな訳ないだろう。こうやって仕事もしてもらったり、飯も一緒に食ってるじゃないか。
 嫌いな女なら、こんな事すると思うか』
「ほなら、社長さん、今夜は此処へ泊っていって欲しいわ」
『・・・・』
「なあ、泊っていって」
『初枝さん、自分の言ってる事の意味判って居るのかい』
私の言葉に初枝は大きく頷きました。
『あんたはそれで良いのかい?』

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十九歳の処女妻。其の四

29歳の処女妻4-1
一方、私は割れ目に差し込んだ二本の指を、
まだ包皮の中に潜り込んでいるサネ頭へ当てて、
外へ摘み出す様に揉み上げていると、次第にコリコリと硬さを加えてきて、
やがてピクンピクンと躍る感じに成って来ました。

そうこうするうち、初枝は喘ぎ声と一緒に吐き出す鼻息も荒々しく、
次第に股の力を緩めてオマンコを開いてきました。
オマンコをくじっている指の動きが楽になり、サネを弄ぶのは親指に任せておいて、
人差し指と中指の二本で充血して盛り上がっている、膣口の秘肉を弄りに掛かりました。

まず人差し指を膣口に臨ませて、徐々に其の中へ差し込んでゆくと、
初枝は身体を強ばらせましたが、直ぐに力を抜き、ホッと溜め息を吐きました。

『痛いの?』
「ええ。チョツト痛いけど、我慢するからエエの」
久し振りに出会った処女のオマンコに、私は一溜まりも無く興奮してしまい、
オマンコをクジルのは程ほどにして、初枝のオマンコは(下付き)なので、
彼女の尻の下に枕を宛がって腰を高くして置いてから、
両の太股を抱かかえるようにして腹の上に乗り掛かって行きました。

コチンコチンに固くなった亀頭の先を割れ目に当てて、前後にずらせながら、
漸く膣口を探し当てると、有無を言わさずグイッと腰を落としました。

オマンコは挿入し易い様に大きく開いていましたが、
挿入の時は軽い抵抗感があり、やがてブスッと亀頭の首が入りました。

「あ、あぁぁっ」初枝は悲鳴に似た声を上げて、私の身体を突き放そうとしましたが、
それをネジ伏せるようにして、更にグイッと半分ほど差し込んでゆきました。
「ああ、痛いわ、痛いわ、なぁ、痛いからチョツト止めて」
『もうチョツトの辛抱だから我慢するんだ、もう少しの辛抱だからね』

私は心の片隅に加虐的な快感を覚えながら、更に力を加えて、
ズボッと一気に根元まで差し込んで、一旦半分ほど引き抜き、
初枝の様子を窺いながら、ゆっくりと抜き挿しを始めました。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十九歳の処女妻。其の五

29歳の処女妻5-1
出来る事なら初枝にもオマンコをする時の楽しみや快感を教えたい気持ちがあり、
片手の肘で自分の体重を支えながら、片手で乳房を挟み、
深い皺を刻み始めた乳輪の中央に、乳首が固く勃起してくると、
其れを三本の指で摘むようにして、前後左右に柔らかく揉んで遣りました。

「あぁ、あぁ、あぁっ、もう、お乳が何とかなりそうや。
 あぁ、今度は身体が、身体が何とかなりそうやわぁ」
初枝は初めて興奮した声を出し、頻りに私の股間へオマンコを押し付けて、
擦り付けるような仕種を始めました。

私もそれに応えるように、ペニスの付け根や陰阜に繁茂した剛毛を
サネ頭に押し当てて擦り付け小刻みに腰を使うと、
「あぁ、エエ気持ち、エエ気持ちやわ」
初枝はうっとりとした甘える様な声を上げて、
我を忘れたように両手で背中へしがみ付いて来ました。

膣の中に溢れていた淫液がオマンコの外へ溢れ出たと見えて、
私の股間まで冷たいモノがベットリと濡れ、腰を動かす度に、
グチュグチュ、ピチャピチャと淫らな音を立てて来る頃には、
初枝のオマンコの締まり具合も最高潮になり、
「ウッ、ウウッ、あぁ、ああっ、ううぅっ・・・」
と初枝も快感に酔ったような声を上げて、それは何処まで強い快感なのか判りませんが、
女がペニスの背や陰毛で敏感なサネ裏を擦られる時の快感は、
以前関係した女達から得た経験で男の私にも有る程度は想像出来なくはありません。

その証拠に膣内の秘肉の蠢きが一段と激しさを増してきて、
中の粒々したカズノコの様な感触のモノが、
頻りに亀頭の周りを撫で回したり、絡み付いて扱いて来ます。
其れと同時に、膣口の秘肉にも力が加わって、
怒張したペニスの付け根から胴回りをギュウギュウと締め付けて来ました。

「あぁ、イイぞ、イイぞ、はつえ、はつえ、あぁ、イクイクッ」
私は遂に耐え切れなくなって、ズボリズホリ、スボズボズボッと必死の早腰を使って、
ジビュッドビュッと精液を弾き出すと気の遠く成る様な二回目の気を遣りました。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十九歳の処女妻。其の六

29歳の処女妻6-1
次に私が試みたのは、風呂場へパイプ脚の丸椅子を持ち込んで、
座ったままで向こう向きに彼女を抱き抱え、股を開かせて、
背後からペニスを挿入し、前へ回した両手で彼女の太腿を
抱き抱えるようにして持ち上げた状態でオシッコをさせる事でした。

最初のうちは中々小水が出て来ませんでしたが、何度か試すうち、
やっと放尿が出来るようになり、其の儘立ち上がって、歩き回れるまでになりましたが、
折角オマンコへ挿入しておきながら、二人とも殆ど腰を使う事が不可能で、
さすがの私も是は直ぐに飽きてしまいました。

オマンコをする時の体位に、昔から「四十八手の裏表」と言うのがありますが、
私は何とかして新妻の初枝に性感を引き出して、女の歓びを味わわせてやろうと、
その手の本を買い漁って来ては誌上で研究し、更に実地で試みて見るのでした。

例えば、横抱きにして背後からペニスを挿入する「浮き橋」とか、
その体位から身体を起こして彼女の片足を高く上げさせ、足首を肩に乗せふくらはぎの
辺りを脇に抱え込んだ「つばめ返し」とかは、彼女がかなり刺激を受けるスタイルでした。

しかし、
どの体位を試みても、最初は初枝も珍しがって燃え上がるような様子を見せますが、
直ぐに元の木阿弥で、最後は茶臼か騎乗位になりたがるのです。是だと私の身体も
楽だし、初枝は初枝で自由に身体が使えるので、少しは快感が得られる様子でした。

或る時、ふと疑問を感じて、
「初枝は是まで独りでオマンコに触った事はないのかい?」そう尋ねてみた事がありました。
「子供の頃は有ったんだけど」「幾つぐらいの時」
「さあ、小学校の二年か三年の頃やったかなあ?」「で、気持良かった?」
「机の済みへ股を押し付けて、擦る様に足を交互に動かすと、エエ気色だったわ。
 毎日やないけど、時々それをしたわ。でもある時父親に見つかって、
 (そんな事しとるし、お嫁さんにも行けんようになるし、赤ちゃんも出来へんぞ)言うて、
 叱られたんやわ、それで恐ろしうなって止めた」
その事を聞いて私はふと、もしかしたらそれが原因で欲望にブレーキが掛かり、
三十近くまで処女で居たのではないかと思い当たったのでした。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十九歳の処女妻。其の七

29歳の処女妻7-1
あぁ、その締め付け具合の素晴らしさ!
初めて味わう初枝のアクメを迎えたオマンコの味に私は酔いしれ、ひとたまりも無く
体中の血液が睾丸に集めたような精液を、ドビュッドビュッ、ビビュン、ビュンビュンと
子宮の奥へ弾き出したのでした。

「あぁ、感じる、感じる、あぁ、あなた、また、またや、またイク、イク・・・」
初枝は支離滅裂に腰を振り立て、二度目の気を遣り終えると、
私の胸に頭を寄せ掛けて、ガックリとなって、死んだように動きません。
私はそんな初枝が堪らなく愛しく、両手を頭へ回して優しく髪の毛を撫でてやりました。

暫らく死んだように成っていた初枝は、ふぅーっと大きく息をして、
下から私を見上げると、如何にも満足し切った表情で笑顔を見せました。
「あぁ、もう気色ようて、気色ようて、このまま死んでしまうか思うたわ」
「良かったな、初枝。やっと女になれたなあ」
「これがほんまの女の歓びなんやなぁあなた、何時までも可愛がってな、捨てたらいやや」
「捨てるもんか。死ぬまで一緒だよ」
今から考えれば、歯の浮くような事を言ったものです。

それ以後、初枝の身体、特にオマンコの感覚は生まれ変わった様な変化を見せて、
別人のように性感が良くなり、やがて、身体を交える度に激しいアクメを覚える程に
成ったのでした。この様な初枝の性感の変化は何が切っ掛けで起こったのか、
今でも不思議に思えて成りませんが、兎に角二十九歳の生娘が、一年余り掛かって、
女の喜びを満喫できる身体に成長した事は事実でした。

風呂の中で背後から抱き抱えてペニスを挿入し、オシッコをさせた事は前に書きましたが、
其の年の秋、商用で浜松へ出かける序に初枝を一緒に連れ出し、其の夜泊まった
浜名湖畔のラブホテルで久し振りにそれを遣って見ました。

浴場に備え付けて有るプラスチック腰掛に座って、太腿の上に後ろ向きに初枝を跨がせ、
背後から腕を前へ回して、暫らく乳房を揉み、鼻息が激しくなって来た処で
オマンコへ指先を割り込ませてゆきます。

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2014 06  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


.