PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

珠美の生涯。其の一

珠美の生涯01
先日、同級生が私の出身県の偉い役についた祝賀会があり、
招待状が送られて来たので、珍しく出かける気に成った。
良い思い出の少ない故郷の催し事には出来るだけ出席しなかったのだが、
今回は年を取ったせいか、何となく出席のハガキをだした。

その席で私の昔を知る友人が、
「おい、佐伯先生が亡くなられたそうだぞ」と囁いた。

佐伯珠美先生は私が小学生の時の担任で二年生の時と五年生の時と
二度受け持たれた。
佐伯先生は色黒で額が広く、丸い黒目がちの大きい目が印象的な、
理知的な顔立ちで、平成の現代ならば美人として通るでしょうが、
昭和30年当時は「ジャズやダンスが大好き」と言えば不良呼ばわりされ、
「日本人離れ」した風貌が女性の嫉妬心を煽り、
近所の口煩い「おばさん達」からは余り良い評判は聞かなく、
「男の噂の絶えない女」と陰口を聞くほどの「飛んでる」女性でした。

私はたいして頭が良かった訳では無いのですが、可愛らしい子供だったせいか、
女の先生には(一年生から六年生まで担任は総て女性教員でした)何時も可愛がられ、
佐伯先生からも同級生達からは「贔屓されてる」と言われる程に可愛がられていた。

佐伯先生は何かと用事を作り私に居残りをさせ、二人だけの薄暗くなった教室で、
私を抱きしめたりするのだ、子供ながらに「こんな所誰かに見られたら問題に成る」と
心配して居たのを思い出す。

小柄ですんなりした体格の彼女が抱きしめると、私の顔は乳房に押し付けられ、
身体は下腹部に擦り付けられた。甘酸っぱい女の匂いがして子供のくせに、
性的な強い刺激を受けた。
柔らかくしかも弾力のある乳房に顔を押し付けられるのは苦しくても、
気持ちの良い物だった。でも、恥ずかしさが先行して、
「苦しいよぅ・・・」などと言って、彼女の抱擁から逃れる事ばかり考えていた。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其のニ

珠美の生涯04
部屋に入ると先生は、突っ立っている私を抱いた。
もう背丈はあまり変わらない位に成って居た。
小柄な彼女は私を抱くと言うより、抱かれている格好だった。
乳房が擦り付けられ、彼女の太股が脚の間に差し込まれて、
ペニスの辺りを押し上げたり擦ったりした。私は忽ち勃起して、
それが恥ずかしくて、腰を引いて柔らかい彼女の太股から逃げた。

「健ちゃん、大きくなったね、もうすっかり大人だよ。
 もっと早く会いたかったのだけど、何だか恥ずかしくって」
何で恥ずかしいのか意味が判らずに、ぽかんとしていたが、
乳を吸ったり陰部に拳を押し付けた事などを思い出した。

「俺だって会いたかったよ」と言いたかったが、彼女の乳や股を思い出しては、
ペニスを弄っていた、後ろめたさもあったし、五年生の子供では、
どう言って恋心を告白して良い物やら判らなかった。

先生はもう二十五歳を過ぎている筈である。家柄もよく、
良い縁談もある歳回りだったのに結婚の話しは無かったのだろうか。

部屋に入ると、先生は服を脱ぎ浴衣に着替えた。
私の目の前で白いブラウスを脱ぎ、薄い下着から小さくころころした
乳房が丸見えだった、袴の様な黒くて長いスカートを畳に落とすと、
白いパンティが引き締まった尻を形良く包んでいた。

母や祖母の裸は夏の間はいやと言うほど見て居たが、若い他人の
裸に近い女体を間近に見るのは初めての事で、文字通り固唾を飲んで
二階からの外の風景を見る振りをして、チラチラと盗み見していた。

彼女は畳に座っている私の傍にピッタリと寄り添って、
出し抜けに唇を合わせた。いがぐり頭の後ろをひきつける様にして、
舌を差し込んで来た。前後のはっきりした記憶は無くなったが、
其れが初めての接吻だった。無我夢中の私のズボンの上から、
ペニスを探り「わぁー大きくなってる」と呟いて、
ズボンの前のボタンを一つずつ外し、パンツをこじり開け、
がちがちに成っているペニスを引っ張り出した。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の三

珠美の生涯07
私はしごかれると忽ち射精してしまう事を知っていたから、
腰を引いて彼女の手から逃れようとした。
「意地悪だなぁ、じゃぁオッパイ吸わせないよ」と言った。
乳など吸ったって、私はどうって事は無かったが、
ペニスを彼女に触れられるのは最高の快感だった。

「弄ると、えんすいが出ちゃうんだ」
「えぇ健ちゃん精液が出る様になったんか」

先生は驚いた様に言って、いつからどうなったのか問われ、
夢精のことや擦って居ると汁が出る様に成った経過を説明した。

「眠って居る内に出る時は何か夢を見るんだそうだけど、
 何の夢を見て出したんだ」
先生の股だとも言えなかった。
「言えば怒られる」
「如何して怒られるんだい、何か悪い事かい。
 ほらっ、あたしに教えてみ、内緒にしてやるから」
妙に熱心に聞かれた。私は怒られとばかり思って居たが、もしかして、
彼女が喜ぶのでは無いかと考えた。散々じらした挙句に、
先生のアソコを夢見ていた、と嘘をついた。

彼女は真顔に成って、何時あたしのアソコを見たのかと詰め寄った。
夢の中の事だから、何時だか判らない等と押し問答に成ったが、
彼女も終いには笑い出した。
「そうだね、夢の中の事だもんね」
と言ってから急に真顔で、
「健一はあたしのアソコを見たいのか」と聞いた。

本当は見たくなかった。身体が汚れてしまうような恐怖感があった。
でも、半分大人の積りの少年は強がって、「見たい」と言った。
「見せるから、決して誰にも言うんじゃないよ」

彼女は立って行って襖と窓を閉めて、しゃがんでパンティを脱いだ。
私は固まってしまっていた。さすがのペニスも萎れた侭だった。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の四

珠美の生涯10
私には孕むとか月経だとか、判りもしなかったし、
何のことかピント来ていなかったが、彼女がそうしたいのならそれで良いと思った。
続けて二度射精した後なので、気分は落ち着いていた。

私の手はズロースの中に引き入れられて、拳ではなく、
指で此処を触れ、ここを押してなどと指導された。
ねばねばと気持ちの悪いものだと言うのがその印象だった。

「舐めてもらうんが一番いいな」
と言われると、大好きな“姉ちゃん”のしたいことなら
何でもしてやろうとは思ったものの、余り気の進む事では無かった。
むしろしたくないことだった。

二度目には色々と注文がついて、此処がサネでここが本当のオマンコ、
などと言われたが判るはずもなく、長い時間夢中で割れ目に吸い付き、
終ると顔を洗った。生臭い臭いが鼻について気持ち悪かったが、
初めての女体には切りも無くペニスが勃起した。

「姉ちゃん、また出そうになった」
と言うと、私の身体を抱き上げてペニスを股に挟んで射精させてくれた。
これこそ、私が夢見た理想のオマンコだった。

あんな気味の悪いオマンコに嵌めなくとも、柔らかい股の間にペニスを
挟まれる方がどれほどいいか判らなかった。

其れからは、姉ちゃんの部屋に行くと、まず乳をしゃぶり、オマンコを
しゃぶらされた挙げ句に素股で一度か二度させてもらうのが習慣になった。

私が素股で満足していたので、月経も危険日も関係なく。
彼女はクンニを楽しんでいられたのである。

時々、オマンコに嵌めたくないかい、と聞かれたが、今の方がいいと答えていた。

五年生の間は、私と佐伯珠美先生の「身体の関係」は結局、
交尾までは行かず。彼女の素股に挟まれての射精だけで終った。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の五

姉千恵子04
私は未だ嵌めた事が無かった。
佐伯先生と同じ様に素股ですれば良いと考えて、ズボンとパンツをずらし
開いた股を合わせ乗りかかると、
「違う、本当のオマンコしてよ」と言って閉じた股を再び目一杯に開いた。

むっと例の匂いがして、芳子の手は私の身体を捕まえて、
逃がすものかと言うような気迫でしがみ付いてきた。

薄く柔らかい毛が生えていて、ぱっくりと肉が大きく割れて、
こげ茶色の縁取りの中に赤い肉が見えた。
彼女が指で左右に肉壁を分けると、
中身の貝の肉の様なものが見えた。

割れ目にペニスを押し付けたが、ヌルヌルとしていて頼りなく、
どこに嵌めて良いのか判らず、泣きたい気分だった。
ウロウロしていると、芳子の指がペニスを掴んで割れ目に押し付け、
ぐいっと下から尻をせり上げると、初めての挿入は、呆気なく完了していた。

ずるずるっと肉の間に嵌り込んで、未だ毛が一つまみ位しか生えていない
ペニスの根元に芳子の柔らかい陰毛がくすぐったかった。

「あっ、嵌ったね・・・きもちいい・・・あぁぁ、健ちゃんのチンコが嵌った・・・」
ううっ、ううっと、オマンコを締め上げ、腕が私の首をきつく締め付けてきた。
私は自然に教えられるように、ベニスを前後に動かして見たが、
「気持ちいいよ、もっともっといごいて、いごいて・・強く・・・」
何事にも控えめで大人しい芳子が、強い言葉で命令するのに驚いて、
もっと強く早く抽送をして、あっと言う間に射精してしまった。

「あたいのオマンコ気持ちよかった」
芳子は何時もの様な控えめな優しい声で、私を乗せたまま聞いたが、
私は射精後の虚無感で、意地の悪い態度をとったので、
彼女は悲しそうだった。
「でも、健ちゃんはあたいと初めてオマンコしたんだな。
 ありがとうね、あたいは嬉しい」
まだ十代の芳子は私を労わり、慰めてくれるのが嬉しかった。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の六

珠美の生涯15
「工場は人に貸してるのよ」
くるくる回る黒目で私の顔を見ながら言った。
この人はこの目があるから年を取らないんだなと思った。
元々が痩せ型で無駄な肉は着いていなかった。

玄関には子供の履物や大人の物が何足脱ぎ散らかされていて、
母屋の住人のだらしなさを表していた。
「二階の三部屋を人に貸してるの、こんなざまに成っちゃったんよ」
やや階下の奥の先代の住んで居た部屋に案内された。
どっしりした和室だったが、目ぼしい調度品も無く、襖は雨のしみの様なものが付き、
日に焼けて黄ばんで居た。余り豊かでは無い暮らしと見えた。

「貴方の事は何時も聞いてたわ。大学生に成ったんだものね。
 あたしが歳を取るのも無理はないわ。
 いつの間にかこんなおばあちゃんに成っちゃった」

「先生全然変わって無いよ、俺、さっきビックリしたもん」
元気づけようと私は快活に言った。お世辞ではなく、
昔の彼女と変わって居るとも、年を取ったとも思えなかった。
「昔が懐かしいわ」
先生は問わず語りに私と別れてからの十年を語り始めた。

郡内の別の小学校に転勤に成り、親の勧める男と結婚したが
相手との性の相性が合わず、一年も持たずに離婚して自宅に戻った。
「その理由は健ちゃんにも責任が有るかもよ」
私はびくっとした。あの秘密の事がばれて居たのかも知れないと考えたのである。
「あの昔のこと?」

そんな事では無く、年下の私を愛していたのに、
急に幾つも年上の男と結婚させられたので、
何もかもちぐはぐで、すんなりと夫との結婚生活に
溶け込む事が出来なかったのだと言う。

関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の七

珠美の生涯16
腕を突っ張って、暫く柔らかくすべすべした股の間に、
熱いペニスを挟んでゆっくりとしごいた。
彼女は私を引き付けて、本式にしてと囁いた。
小麦色の股の奥のこげ茶色に彩られている憧れの割目に先端を押し付け、
グイグイと軋む膣の中に元気なペニスを突きたてた。

尻をくねらせながら、ペニスの定位置を決めるかのようにして、
しっかりと私の首にしがみ付いた。
「すごい、すごい、健ちゃんのはすごい」
二人は押し付け合ったまま、暫くは動かなかった。
私は少しぐらいでは射精しないことを芳子に教えられ、
相手を喜ばす事だけを考えられる経験を積んでいた。

「大きすぎて痛いくらいよ」
抜き出して唾を付け直して、再度挿入した。男との経験が少なかったのか、
珠美の膣は淫汁の出が悪く、軋むような挿入感だった。

彼女のアクメが判らず、何時射精していいのか迷った。
彼女は女の喜びと言うものを知らずに過ごして来た様だった。

大家のお嬢様として生まれて来たのに、戦後の高度成長の波に乗れず、
工場を人手に渡してしまう様な境遇に曝され乍、教員生活を続け、
短い結婚生活で、幸せも得られず惨めな思いをして来た「運命」には、
同情せずには居られなかった。

其の日、彼女はこれからは「珠美」と呼んで欲しいと言った。
でも結婚なんか考えなくとも良いとも言った。
「珠美」「健ちゃん」と呼び合って、数限り無くセックスをして、
その夏休みは過ごした。

今度は素股ではないので、コンドームを使用しなくてはならなかった。
芳子が何処からか仕入れてきた代物とは大分趣が変って、
ゼリーのついた物まで出回る時勢に成っていたのである。

夏休みが終ると、浦和のアパートに珠美が頻繁に訪れて泊るように成った。
ところが、其の当時、私には肉体関係のあった他の女性とも別れきれずにいた。
其れにも関わらず、ずるずると珠美が男の味を覚えて溺れていくのを、
手をこまねいているだけだった。何とかしなければと思いながらも
肉の欲望には勝てなかったのである。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の八

珠美の生涯17
そして四十を前にして私の就職を目どにしていたにも関わらず
「税理士」を目指して勉強を始めた事で、
若くない自分には是以上待てない、と泣いて話すのだった。
珠美の気持ちは痛いほど判った、私も泣いて別れないで呉と頼んだが、
もう再婚相手も決っていると言うのだった。私は裏切られた気持ちに成り、
殺してやるとまで言って、細い華奢な首を絞めながら泣いたものだった。

珠美一人では満足せず複数の女友達と、セックスをして居る自分の事は棚に上げ、
「もう再婚相手とオマンコ遣ってるのか」と言って私は珠美をなじった。
そんな身勝手で若いだけの私を見限る時期が来ていたのだろうと思う。
珠美だって年齢相応の相手ができて、肉体の歓びを知ったからには、
世間並みの結婚生活を夢見た筈だった。

私は手の中の玩具を取り上げられたような寂しさと悲しさと悔しさに我を忘れた。
日頃珠美に甘やかされ、我が侭一方の少年でしかなかったのだ。
是が最後と言って東京に出て来た日の帰り、最後にもう一度だけ抱かせてくれと
頼んで、半ば無理矢理に珠美の胸を押し開いて圧し掛かった。

何時もなら私の行動に合わせて、尻を振り、ペニスにしゃぶりつくはずが、その日は
何の反応も見せず、じっと目を瞑ったままで私の為すが侭に身を任せていた。
私の放出した精液を拭き取る手つきも、まるで汚いものでも処理するように、
ティシユを何枚も重ねて拭き取ると無言のままに水洗トイレに流していた。
私は「もう終ったな」と腹を決めるより他無かった。

気まずい寂しい別れだったが、私は珠美を忘れる為に他の女に目を向けた。
珠美との甘い生活に慣れてしまって居た私の身の回りに女性の居ない暮らしなど
考えられなかった。「税理士」と言う職業は女を見つけるのには不自由はしなかった。

二ヶ月程ほど珠美の事は忘れて暮らしていたが。突然、彼女が私の勤め先に
電話を掛けてきた。妊娠三ヶ月との事ことで、私は頭から血が引く様なショックを受けた。
珠美を忘れて、年相応の若者の生活に切り替えたばかりの時だったから、
今更何をと言う気持ちだった。

取りすがる私を振り払う様にして、再婚相手の元に行ったのではなかったか。
「妊娠の事で再婚の話しは破談に成った、あなたと結婚したい」
と言うのが電話の趣旨だった。

後悔は先に立たず、私はにべなく彼女の期待を打ち砕いた。
おまえから去って居たのではないか、俺は違う女と結婚の約束をしてしまった。

俺を散々弄んだんだから、今更そんな事を言われても責任は取れない。
おなかの子供は再婚相手の子だろう、とまで言ってしまったのである。

珠美は泣きながら電話を切った。
妊娠三ヶ月と言えば再婚の話の出る前の受胎で珠美のお腹の子は
私の子に間違いないだろう。私も泣きたい位だったが、
意地を張って彼女を責める事で気持ちを誤魔化した。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

珠美の生涯。其の九

珠美の生涯18
三本目のワインは断って、畳に寝込んで居ると、
色々な事が思い出されて、益々辛くなった。
「休ませて貰うよ」とだけ言って、布団に横たわり目を閉じた。

隣の居間では、珠美がテレビのニュース番組を見ている音がしていた。
今夜は何事もなく終ったと思いつつ、いつしか眠っていた。

「健ちゃん、健ちゃん」
と呼ぶ声を聞きながら、遠い昔の子供の頃の夢を見ていた。
意識が戻って来ると、隣に珠美が添い寝をして居る事に気付いた。
「相変わらず寝ぼすけね」と言うと、顎の下に顔をつけてしがみ付いてきた。
あぁ、俺は許されたんだと安堵し、
彼女の肉付きの良く成っていた背中を抱き寄せた。

昔より、抱き心地いい体格に成っているのを感じた。唇を合わせると、
昔のままの仕草で舌を絡ませ、私の下唇を吸い込んだ。
何年経ってもこんな事は忘れないものだと感心し、
彼女の嫌がった上の顎に舌を伸ばしてくすぐったりすると、
やっと寛いだ気分に成れた。

布団を跳ね除けて下着を下ろし、股を広げさせて、
儀式の様に割目に顔を伏せた。
「もう、汚いから止めて」
口ではそう言うものの、膝を折り、首を脚で抱え込むようにしていた。
割目はこの事を期待していたかのように、ヌルヌルと濡れていた。
昔の様にクリトリスを唇に挟んで引っ張ったり、
尿孔に舌先を押し込んだりすると、珠美は腰をうねらせて、
うぐっうぐっと満足の声を出し続けた。

ひとしきり、儀式のクンニが終ると、静かに左右の太股を合わせて、
昔ほどの硬度の無くなったペニスを挟んで上下にしごいたが、
彼女は黙ったままじっとしていた。
懐かしさと慙愧の念が入り混じり、泣きたい気分に成った。
関連記事
  1. 年上の女
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2011 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.