PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

葬儀屋の女房。其の一

◇我が家の家業◇
葬儀屋の女房01
小さい頃は、棺桶の中で遊んだりしていたが、物心ついてからは、
家業が葬儀屋だという言うことにひどく嫌悪感を抱くようになった。
其の思いを決定的にしたのは、小学三年のとき、
級友たちにつけられた「ハゲタカくん」というあだ名だった。
別に髪の毛が薄かった訳ではない。ハゲタカが死体に群がる鳥だからだ。
好きな女の子にまでそう呼ばれた時には、私は父親を猛烈に恨んだ。

だから、親父の跡を継ぐことなど想像したことは一度だってない。
三流でも四流でもいい。自分だけはサラリーマンになるんだと子供の頃から決めていた。
中学生の頃は、ひたすら親父の職業を隠し続けた。友達同士でそういう話が出ても、
自営業と言う言い方で逃げていた。友人を家に招く事もしなかった。
家業が葬儀屋だと言うことが、一目でばれてしまうからだ。

しかし、私は親父の跡を継いで葬儀屋になった。
今では父の代では果たせなかった支店をもつまでになっている。

私が心変わりしたのは、高校一年生の夏休みのときだった。
どうしても人手が足りず、葬儀屋を手伝うことになったが、とっても我慢できなかった。
私は終始、膨れ面をし、唇をとがらせて仏頂面をしていた。
しかし、葬儀が終わって、年老いた喪主が言った一言が、私の人生を百八十度変えたのだ。
そのとき葬儀屋の息子としての自覚を呼び起こされたのだが、
喪主は私に深々と頭を下げてこう言った。
「こんな立派な葬式をしていただいて、あの子もきっと喜んでおります。
 本当にありがとうございました」

あの一言がなければ、私は親父の跡を継がなかったはずだ。
高校を卒業し、サラリーマンになって早々に家を出て居たことだろう。

短期大学 に通いながら家業を手伝い、そのときに祭壇の作り方をはじめ、
釘袋の使い方など職人的な仕事を覚えた。大学を卒業すると、二年間、
親父の知り合いの葬儀屋のもとで修行し、そこでは司会などもやらせてもらった。
そして二十二歳の時に家に戻り、親父とともに家業を営むこととなった。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

葬儀屋の女房。其の二

◇芳江との出会い◇
葬儀屋の女房04
ある夏の日の事だ。取引先の花屋からどうしてもと言われ、
一人の女性をわが社で雇う事になった。それが今の女房、芳江だった。
芳江は当時二十四歳。こちらが感心するほどこまめに良く働くのだが、
こちらが十喋っても、一つぐらいしか返ってこないほどの無口な女で、
洋服も慎ましやかで、社員の一人が、
「葬儀屋にピッタリなおなごや」とからかうほど、見た目からしてネクラな女だった。
幸せとは縁遠い生き方をしている、そんな印象を受けた。

身体は病的なほどに細く、風が吹けば飛ばされてしまいそうなわど弱々しい。
胸も服の上から見ると、ほとんどないに等しかった。顔は十人並み程度。
しかし、唯一惹かれた箇所がある。肌だ。肌が雪のように白いのだ。
色白好みの私には垂涎ものだった。性欲が無性に掻き立てられた。
肌理の細かい白い肌が私の下半身をグイグイと刺激した。

そういうわけで、私は一目見て芳江を抱いてみたいと思った。
といっても、惚れた訳ではない。
たまには素人の女をたぶらかすのも悪くはないな・・・
と正直なところ、そんなぐらいにしか思っていなかった。

飽きれば捨てればいい、今から思えば大変失礼なことだが、
事実、そんな軽い気持ちだった。また芳江が子持ちの人妻だったことも、
私の興味を掻き立てた要因のひとつだったと言えるだろう。

近所でこじんまりした仕事をひとつ済ませ、車で会社に戻る途中、
私はさりげなく芳江を食事に誘った。
助手席で君江は、眉間にシワを刻んで戸惑いの表情を見せながら、
フロントガラスに映る私に向かって小さくうなずいた。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

葬儀屋の女房。其の三

◇性器同士の相性◇
葬儀屋の女房07
いったん芳江の上半身を起こし、背中に手を回して、ワンピースのファスナーを下におろした。
その間も芳江は私の唇をングングと喉を鳴らしながら貪っていた。

ファスナーを最後まで下に下ろしきると、ワンピースの裾を引っ張った。
芳江が尻を持ち上げて脱衣を助ける。淡いブラウンのシュミーズ姿となった芳江の胸は
思っていた以上に薄く、かすかに盛り上がっているという程度、

これまでの玄人女からすると、ずいぶんと見劣りのする体と言えるだろう。
しかし、それが私にとっては逆に新鮮に写った。

シュミーズを脱がせる時、芳江は少し抗った。両手でシュミーズを押さえるようにして、
小さくイヤイヤをしたのだった。
が、それはあくまでも形だけで本気で嫌がっている訳ではなかった。
おそらく、そうすることが女の嗜みとでも思っていたのだろう。

ブラジャーとパンティだけの姿となった芳江が私を見る。
どこかすがりつくような目をしていた。私は芳江を抱いた。

重なりあって、揉みがいのない薄い乳房を揉んでいく、
乳房特有の柔らかさを感じるはずの、指は肋骨を捕らえていた。

芳江はすぐに反応した。。ふあンふあンと喉を震わせ、身を捩じらせてよがった。
薄い乳房とは不釣合いなほど、大きくて長い乳首に吸いつき、
舌で根元を掻き揚げていくと、じわじわと硬くなっていくのが判った。
それに比例するかのように、芳江の声はどんどん高まっていく。
最終的にはキンキンするような金属音に変わった。

オメコことをよくアワビと比喩するが、芳江のそれはホタテ貝のように見えた。
色は薄くて、こじんまりとしているのだ。毛は少なく大陰唇は陶器のように
ツルツルとしている。しかも、身体は痩せているのに、ここの肉付きだけは
とてもいい。つきたての餅のようなふっくらとした感触がした。

生ハムのようなペラペラの小陰唇をつまみ左右に拡げると、
ピンク色と朱色の中間のような色をした粘膜が出てきた。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

葬儀屋の女房。其の四

◇亭主に殴られた◇
葬儀屋の女房10
それから数日後、事務所に来た芳江の右目がひどく腫れていた。
「どうしたんや」と聞いても、「転んだ」としか答えない。嘘をついているのは明らかだった。
しつこ聞くのもはばかれたので「気ぃつけや」と声をかけただけで仕事に就いた。
と、障子の向こうからおふくろの声が聞こえてきた。
「また亭主に殴られたんか」と言っている。

私は障子に耳を押し当てた。しくしくと嗚咽を漏らすこえがする。芳江だった。
「絶対に家にいれたらあかん。な、尋ねて来ても家に入れたらあかんで。ええな」
おふくろは何度も念を押すと、仕事に戻ったが、私はおふくろをつかまえて、
今の会話の意味を詳しく聞き出してみた。

おふくろが言うには、芳江の亭主はひどく暴力を振るう男で、芳江を毎晩毎晩殴っていたという。
芳江は我慢し続けていたが、このままでは殺されると思い、息子を連れて実家へ逃げた。
母親に息子を預け、自分は生活費を稼ぐために、いろいろツテを頼りに働き口を探し、
最終的に私の店にたどり着いたと言う事だった。

実家に逃げたことで、芳江は静かな暮らしを手に入れることが出来たと安心していたようだが、
亭主という奴がことのほかしつこい男で、酒をすっ食らっては、
実家を訪れ、芳江を奪い返そうとするらしい。もちろん芳江の母親は必死に食い止める。
が、土木作業員をしている亭主の前では抵抗すら出来なかった。

亭主は母親を追いやり、奥に隠れている芳江を引っ張り出して、
「なんで、逃げるんや」と、殴りつける。そして、芳江は息子と共に家に引き戻された。
芳江も負けてはいなかった。亭主のスキをついて、また家出をする。
しばらくは母親に迷惑がかかるといけないと、安ホテルに泊まっていたが、
カネもそんなには続かない。結局は実家へと舞い戻り、再び亭主に見つかってしまう。
そんなことの繰り返しだったようだ。

芳江の暗い影はそんな不幸な状況から生まれたものだった。
芳江が飲めない酒をかっ食らっていたのも、そんないざこざでストレスが
溜まりに溜まっていたからなのであった。私と関係を持ったのも、
亭主でない男に優しくされたいという思いがあったからだった。

関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

葬儀屋の女房。其の五

◇好きにせぇや◇
葬儀屋の女房12
ところで、芳江と関係を持って以来、
家業の売り上げ成績が見る見る上昇して行ったという事実がある。
確かに、是までは手書きの粗末なチラシしか打たなかったのを、
広告代理店に頼んで、良質な宣伝活動をスタートさせた結果なのかも知れないが、
私はそれだけではない様な気がしていた。

芳江にはアゲマン的な素質があるのではないか。私は日記と売上帳を見比べながら、
そんなふうに思った。そういう事実も、もしかすれば芳江を愛するようになった理由の
一つだったのかもしれない。

芳江のことを「芳江」と呼び捨てにする事が出来る様になった頃、
私は芳江との結婚を考えるようになった。
相手は人妻だと言うことは百も承知だ。しかし、そんな事は何の関係もない。
それに芳江をあの亭主から法律的にも無関係にすることが、
ひとつの愛情の証しなのではないか、そんなふうにも考えた。

その頃には芳江は、仕事場に息子の一也を連れてくるようになり、
和也も私になついていた。
休みの日には三人で遊園地へ行ったりするようにもなっていた。
端から見れば、幸せな家族そのものだ。芳江も徐々に明るさを取り戻し、
おとなしい一也も私の前ではやんちゃな子供になる。

フェンス越しに、園内を走る汽車に一人で乗り込んだ一也に手を振ったあと、
私は芳江に「結婚せぇへんか」と言った。
芳江は小さくなっていく汽車を目で追いながら、
「うれしいわ、でも、あの人、離婚なんてしてくれへん。
 うちを死ぬまで苦しめるつもりや」唇を噛んで、そう言った。

「・・・うち、修さんと一緒になりたい」
芳江は私の胸に顔をうずめて、まわりに憚ることなく泣いていた。
二週目を廻ってきた汽車から一也が、
「おかあちゃーん」と大きく手を振っている。
芳江は涙を拭いて笑顔をつくり、一也に手を振り返した。

芳江の言ったとおり、あの亭主は離婚には応じないだろう。
それならば裁判を起こすしかない。あいつの、日頃の芳江に対する態度からして、
裁判所は離婚を認めてくれるだろう。しかし、それには時間がかかる。
私は今すぐにでも芳江を妻に迎えたいのだ。
相手も人間だ。頭を下げてお願いすれば判って暮れる筈だ。
私はそんなふうに思うと、直談判をすべく亭主に会いに行く決意をした。

関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

我が妻を語る。其の一

 
私は松永武人と申す今年78歳になる新潟県在住で自営業を営む男性です。
このサイトを知人に紹介して頂き、今は毎日愛読させて頂いております。
今日は4年前に他界した5歳年上の妻の事を書かせて頂きたいと筆をとりました。
話は「戦後を生きた姉と弟」と、同じ時代背景でございまして。
若い方にはピンと来ないかもしれません。が、戦中戦後を生き抜いて来られた、
私と同じ世代の方には判って貰えるかと思います。

◇戦死の公報◇
元売春婦の妻01
昭和7年12月。雪がしんしんと降る夜。私は新潟で生まれました。
父は広島の江田島海軍兵学校卒の、職業軍人だった。
其の父から、立派な武人になるようにと、「武人(たけひと)」という勇ましい
名前をつけてもらった、と母から聞いていた。

しかし私には父の関する思い出は殆どない。
勤務地が横須賀の海軍基地だったことと、駆逐艦に乗り組んでいたため、
休暇で新潟に帰って来るのは、一年に何度も無かったからだ。

父は家に帰ってくると、軍服から浴衣姿に着替え、縁側からボンヤリと
山並みを眺めているのが好きだったようだ。そして、その居心地のいい胡坐の上に、
いつも私は抱かれていたような気がする。

私が言うのもなんだけど、母はとても美しい人で、村の小学校に勤め、代用教員をしていた。
家から学校までは片道5キロほどの道程があったが、其の頃村に数台しかなかった
自転車に乗って、母は颯爽と通勤していた。真っ白なブラウスとスカート姿は、
村人の誰の目にも羨望を感じさせて居たと言う。

祖父はこれも厳格で寡黙な人であった。若い頃は村役場で収入役をしていた。
だが、祖母を病気で亡くしてからは、急に寡黙さに拍車がかかったという。
外に行くことも少なくなり、囲炉裏端の横座に座ったまま毎日、石の地蔵さんの様に
黙りこくっていることが多くなっていたそうだ。

私が9歳の時に、日本は太平洋戦争に突入した。真珠湾攻撃の勝利で、
日本中が狂喜して、新潟の片田舎でも連夜のように提灯行列が続いていた。
しかし、戦勝気分は長くは続かなかった。開戦から一年もしないうち、
連合艦隊がミッドウェイ海戦でで敗れたのを機に、日本は敗戦への悲劇の道を辿る。
もっとも、国民には全くそんな事実は報道されていなかった。

隣組の人々に見送られていく出征兵士と、白木の箱に入れられて帰って来る
英霊の数が増え、そして何よりも、食事が次第に貧しいものに変化していくことで、
戦況が悪い方向に向かっているのを、子供なりに腹で感じていた。

食事は配給が追いつかず、毎食芋がゆと野菜がわずかに浮いた味噌汁が中心になった。
米所の新潟でさえそうだから、都会の飢餓感は想像を遥かに超えたものだったろう。
“欲しがりません勝までは”
などと言うスローガンは飢えている者には、ただ空しく聞こえるばかりだった。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

我が妻を語る。其の二

◇初めて見た男女の交接◇
元売春婦の妻04
生き残って復員した者が、戦死した戦友の家を訪ねて、
その死を語って聞かせるのは当時よくあったことだ。
しかし男には、他にも目的があった。
戦友と称していかに父が勇敢だったかを滔々と話してくれたのはいいが、
数日間も居座り続けたあげく、家族の留守を見計らって、
戦争未亡人の母を陵辱したのだ。

母は男が姿をくらませた後、
その事を痛苦に納屋で首を吊って非業の死を遂げてしまった。
祖父と私を泥沼のような混沌とした時代にのこし、
自ら先に死を選んでしまった。軍人の妻としての操が死を選ばせたのかも知れないが、
死んでも死に切れなかったのだろう。その死に顔は恥辱と恨みに満ちていた。

私はその姿を目の当たりにした時、自分の体が切り刻まれるような痛みの中で、
七転八倒しながら悶え狂った。涙は枯れ、声すらもでない。
世界の終わりすら見た思いがした。

それからの私は、生きるためにどんなことでもしてきた。
私ばかりではない。敗戦を境にして、世の中の常識と呼ばれていた常識が、
あっさりと引っくり返ったのだ。誰もが正常な気持ちでいられなくなっていた。

特攻崩れの叔父が家に戻ったのは、母が死んで間もなくのことだった。
叔父は弱冠19歳だったが、死ぬことを義務付けられていながら生き残ったせいか、
それを喜ぶどころか、まるで死に場所を探しているかのように、気持ちが荒んでいた。

連日何もするでもなくボーッと過ごし、カストリ焼酎を飲んでは、
やり場のない気持ちをぶつけていた。
そして、どこで拾って来たのか、薄汚れた女を家に連れ込んで、
憑かれたかのようにセックスに耽っているのだった。

私が男女の交接を見たのは、その時が初めてだった。
叔父は母が首を吊った納屋に、女を連れ込んでいた。
二人とも筵の上で素っ裸になり、白蛇のように絡み合ったまま、
汗まみれとなって激しく蠢いている。

叔父の腹の上に跨って体を繋いだ女の背中が、時折、青竹のようにしなり、
細い糸を引く切なげな声が「アア~ッ、アア~ン」と空気を震わせ、
まるで生きていることを確認しているような激しい交接だった。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

我が妻を語る。其の三

◇傷、まだ痛む?◇
元売春婦の妻07
パンツの中を除いて、咲子の手で体は綺麗に清拭された。
「後は自分で出来ますから・・・」
あまりに申し訳なくて、私は咲子から手拭いを取り上げようとした。
すると咲子は「いいから、大人しくしていればいいの」と言いながら、
腰を締め付けているパンツのゴムの部分に両手を掛けて、
尻の方から掬い取るようにして、脱がしてくれた。

一瞬、傷口に強烈な痛みが走った。しかし恥ずかしさの方が勝っている。
体を縮み込ませて、私はあわてて両手で股間を隠した。
「それじゃ、拭けないじゃない。ははァーん、あなたってゴロつきぶってるけど、
 まだ女を知らないんでしょ」

咲子は悪戯っぽい目を輝かせている。
「い、いえ、そんなこと・・・ありません」
恥ずかしさで全身が真っ赤になっているのが自分でも分かった。
咲子の顔が眩しくて、直視できない。私は体を硬くしたまま、瞼を閉じた。

「どちらでもいいわ」
咲子は私の手首をソッと掴んで、ソコから外した。童貞だと言う事は、
とっくに見透かされていたが、一糸纏わぬ無防備な裸体を、
異性の前に初めて晒した為、心臓は破裂するほど高鳴った。

ペニスがすぐに手拭いで包まれた。
「うっひーっ」
「冷たかった?」
「いいえ」
「そう、そんなに緊張しないで・・・私まで緊張しちゃうから」
咲子の声はかすかに震えていた。

手拭いが動くたびに、快感がすこしずつ沸き起こってくる。
これは弟のような私に対する咲子の好意なのだと、自分に言聞かせていた。
しかし、男はそれをどうすることもできない。快感は肉体的な変化を、
はっきりと示しているのだ。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

我が妻を語る。其の四

◇初めて知った女の真心◇
元売春婦の妻10
咲子の体が腕の中で流れるようにうねるのは、
私に次の行動を無言のうちに求めているのかも知れない。
私は唇を外し、互いに見つめ合った。咲子の目は、妖艶に潤んでいる。
それを舐めてみたい。誘い込まれるように瞼にソッと舌を這わせた。
「あっあああーん」
瞬間、細い喘ぎ声が迸った。

「こんなこと誰に教わったの?」
咲子はうっとりとして、唾液で濡れた瞼をつぶった。
「誰にも教わりません。あんまり綺麗だったものだから・・・つい」
私はブラウスの一番上のボタンに、震える指先を掛けた。

「あなた女殺しになるかも・・・楽しみだわ」
ボタンを一つ、二つと外していった。
「そんなこと、決してありませんよ」
「でも、女の方が放って置かないわ。あなたいい男だもの」
咲子はそう言って、フフフッと微笑んだ。

ブラウスの下に真っ白なスリップを着けていたが、それを透かして、
サクランボの様な乳首がうっすらと飾っているのが見えた。
ブラウスを脱がし終えるまで、目を閉じた侭安心しきって体を任せていた。

スカートを脱がせようとした。しかし、構造が分からないので、
どうすれば脱がせられるのか見当もつかない。もたもたしていると
「脇の所にホックがあるわ。それを外して」
と秘めやかな声で囁いた。

腰を留めている小さなホックがある。それを外してから、ギャザーに隠れていた
小さなボタンを外し、筒を抜くように、スカートを体から引き下ろした。

私達は抱き合ったまま、再びキスを始めた。スリップの上から掌で乳房を確かめた。
乳房はそれほど大きくはなく、私の掌にちょうど納まるほどの大きさだった。
柔らかで、優しい温もりがある。私は胸を激しくときめかせながら、
ゆっくりと揉み込んでいった。

関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

我が妻を語る。其の五

◇生きている幸せ◇
元売春婦の妻12
乳首は一回りほども大きくなり、口の中で硬くしこり始めた。指先がパンティのゴムに達すると、
そのまま縁を辿って、腹部へと移動させていく。
パンティを脱がそうとしたが、お尻の部分に引っ掛かって、上手に脱がすことが出来ないでいた。
すると、咲子は腰を布団から浮かせた。それだけのことで、パンティは簡単に肌をすべっていった。

パンティに押さえ付けられていた陰毛は、ヘソに向かって燃え上がるような形のまま、薙ぎ倒され、
花蜜を含んだ漆黒の毛は、艶々としており、よく見ると一本一本がゆったりと縮れて、
入り組んで絡み合っている。私は陰毛に手を当てて、女が一番感じると言うクリトリスを指で探った。

「ああっ・・・」
咲子が下から夢中でしがみついてきたので、傷口に咲子の膝が軽く触れた。
それだけでも、飛び上がる程痛い。呻き声を必死に噛み殺しながら、指先を下降させていく。

間もなく指先に、コリコリとした小さな塊を感じた。注意深く探らなければ分からなかったほど小さい。
触れた瞬間、咲子はピクッと体を震わせて四肢を硬直させた。
「見つけたのね、ソコだわ。優しく・・・して・・・」
気持ち良さそうに眉根を寄せて、恍惚の表情を浮かべている。
私はクリトリスに親指の腹にあてて、必死で擦っていた。

「ああ~ん、いいーっ」
咲子は喉元をのけ反らせる。残った指がグニュリとしたオマンコを捕らえた。
熱い淫水に溶けて、濡れそぼっているワレメが、指を動かすたびに、グニュグニュと姿を変え、
ネットリと肉襞がまとわりついてくる。膣穴は想像していたより、ずっと下の方にあったが、
クリトリスを転がしながら、膣穴を撫で回していく。

咲子は布団の上でのたうち始めた。髪が乱れて、汗で顔にへばりつき、乳房も腹も、
小さく波立っていた。
「もう、もう駄目、仰向けになって・・・」
咲子が苦しそうに喘ぎながら言うので、私は一度オマンコから指を引き抜いて、
布団の上にゴロリと仰臥した。

すると咲子はのろのろと体を起こして、私の腰を跨いだ。
傷口に負担がかからない様にするための、気配りだったかも知れないが、
私はいつか納屋で覗き見た、叔父と薄汚れた女の獣のような交合を思い出していた。
関連記事
  1. 妻を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2011 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.