PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

祖母と母の親子丼のお味。其の一

◇家出の理由◇
祖母と母のお味1-1
私は七十歳になり年金で余生を楽しんでいる身です。
60年安保世代で勉強もろくにせず赤旗を振っていたものですが、
それでも何とか大学は卒業する事は出来ました。
就職も親の伝で、無気力なまま公立中学の理科の教師になり、
結局中学の教師を定年まで全うしました。

教師としての私は、“電気クラブ”や“科学クラブ”等の指導教師等も勤め、
結果的には多くの生徒をうまく指導出来たと自負していますが、
一方で世間的には非難されても止む得ないような所業も数多く致して来ました。

私が教師としての立場を利用して、
世間知らずの女子生徒に手を出すなどと言う事は一切有りませんでしたが、
生徒の母親、特に男子生徒の母親には、一年に一人位の割合で手を出しており、
その思い出が今私の中で多少の罪の意識と共に息づいております。

母親の中には自分の子供だけは何とかしたいと言う、無意識ではあっても
利己的な気持があるのが普通で、私はその心理を巧みに利用して、
自分の楽しみ(性欲)を追及していたのです。

勿論、肉体関係になった母親にはそれなりの感謝の気持として、
其の子の教育に気を遣い、夫々の才能をかなり伸ばしてやりました。
それは、点数を誤魔化す等と言う姑息な手段ではなく、
夫々の子供が大人になりかけた時特有の、自分自身の孤独な存在と
自信無さゆえの不安と、孤独感を癒してやり、自信を取り戻してやる事で
解決してやったのです。

具体的には、休み時間などその子供には気軽に声を掛けてやるのです。
他の生徒にも声は掛けます。単なる依怙贔屓はマイナスになるからです。

「この間の英語のテスト中々頑張ったな」とか
「君は英語が苦手らしいな、でも君位の頭を持ってたら
 あんなの何でも無いはずだがな」とか声を掛けてやります。
何時も笑いながら、生徒の負担に成らない様にします。
その後、成績が上がらなくても怒りません。ただ笑って話題にしてやります。

生徒は自分に注目している人がいるのを知ると、
結構その人に自分の存在をアピールし続けたい気持ちに駆られ、
大体は此方の期待通りに勉強するように成ります。

  1. 親子丼のお味
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

祖母と母の親子丼のお味。其の二

◇祖母と孫の秘密◇
祖母と母のお味2-1
その子は根岸という名前でしたが、翌日も休みました。
しかしその日、今度はその祖母から電話があって、
お話したい事があると言います。

根岸の父親は商船の航海士とかで、普段は家には根岸自身と母親と祖母しか
いません。祖母が、学校の人目のある所では話ずらいと言うのです。
私の家に案内する事にしました。

最寄の駅で待ち合わせると、私より若そうな女性が近づいて来ました。
地味ながら品のいいワンピースを着た細身の女性でした。
私は祖母と言うのでかなり年寄りを想像していましたが、考えて見れば、
私と同じ位の年齢でも不思議ではありません。
あちらは私の事を、新学年で撮った写真で知っていたと言う事でした。

私達は電車に乗り、四つ目の駅で降りました。私の家はそこから歩いて
五分位の所に有ります。私の家では父も母も私が苦労を掛けたせいか、
私が四十歳位の時に相次いで癌で死んでいたので、私一人で住んでいます。

周りに家は密集していますが、父母の時代には狸が出た位に閑静な所でした。
我が家の敷地だけは広く、その後に出来た分譲住宅とは違う広い家でした。

応接間のソファに座った根岸の祖母は、話をなかなか切り出しません。
「要するに、お孫さんの家出の原因をご存知なのですね」私は先手を打ちました。
祖母は頷きましたが、それでも決心しかねていたようでした。

しかしついに観念したように話して呉れた内容は、
母親が隠したがるのも、よく分かる内容のものでした。その話によると、
祖母は孫と性的関係を持っていて、それを母親に発見されたと言うのです。

祖母は母親の実の母でした。祖母が言うには、このまま何の手も打たないと、
孫が自殺するか、家庭が崩壊して、取り返しのつかない事になりそうで、
自分が恥を忍んで話すのは、何とか私に力になって貰いたいからだと言うのです。

私は直感的に、問題は母親だけであろうと思いました。祖母は更に言いました。
実は孫は、憔悴しきった状態で、
宇都宮に居る祖母と今でも姉妹のように親しく付き合っている、
祖母の女学校時代の友人の家に現れたことが昨夕分かったと言うのです。

ちょうど私が家庭訪問をした直後、
母親が買い物に行った留守に電話が掛かって来たそうです。
祖母は友人に、家庭内でいざこざが生じ、その解決に、あと一日か二日掛かるので
是非孫を預かって貰いたいと懇願したと言います。

私は、祖母のいない所で母親と二人だけで話し合う必要性を感じ、
祖母を私の家に置いたまま、私だけ根岸の家を訪ねて行きました。

母親は、息子だけでなく祖母までが居なくなっているので、
更に心配していたようですが、祖母が私の家にいると聞いて一安心したようでした。
今度は母親は私をすぐに和室の客間に通してくれました。

  1. 親子丼のお味
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

祖母と母の親子丼のお味。其の三

◇欲情の炎◇
祖母と母のお味3-1
もう母親は抵抗はしませんでした。
私は母親の上に覆い被さって、母親に接吻をしました。
母親は嫌々をするように顔を振って私の唇から逃れると、
“だってこんな事”といいました。まだ身体が震えていました。
私は可哀想な感じもしましたが、いま此処で未遂に終わっては母親は
息子と祖母の事を許せない侭に成るのではと思ったのです。
母親も情事の当事者にしてしまえば、
息子と祖母の事も許せる心のゆとりが出来るはずです。

こう言う場合は愛撫に時間を掛けるよりマラを入れてしまって既成事実を作る事が
先だと思い、私は母親のスカートを捲り上げ、パンティに手を掛けました。
母親は自分のパンティを両手で押さえ込みます。

「先生、それは堪忍して下さい。どうか・・・主人に知られたら、それこそ・・・」
母親は泣き声で言いました。それが益々私の欲望に火を付けました。
私は強い力でパンティをずり下ろしました。
「私を貴女の味方にして下さい。息子さんと貴女のためですよ」

私は諭すように言いました。もうすっかり母親も私も息を乱していました。
「でも、こればかりは・・・」
母親はまだ言ってます。私は急いでパンティを脚から抜き取ると、
今度は自分のズボンを脱ぎました。母親の両脚を開かせて強引に
私のマラを入れようとしましたが、濡れていないせいか入りません。

母親はもう何が起きているのか分からないようで、身体を震わせて、
私から微かに逃れるように身体を動かします。

私は素早く自分のマラに唾をつけてもう一度挑戦しました。するとマラが軋むように、
しかしヌルッというように湿ったオマンコに入って行きました。何という心地良さ。
母親が、ああ、と言いながら、身体を仰け反らせます。

私は母親の上にのしかかり、両手で強く母親の両肩を抱え込むようにして、
激しく腰を上下させました。母親の中は思っていたよりもぐっしょり濡れていました。
母親の方もすでに感じていたらしい事を知り、私は安堵の思いをしながら、
腰をひとまず止め、ゆっくりと母親の上半身を両手でまさぐりました。

乳房を揉むと、母親は完全に快感の喘ぎを洩らしました。
本当は全裸にしたかったのですが、玄関の鍵は開いている事でもあり、
それ以上思い切った行動に出る事は控えました。
それでも、ブラウスをスカートの下からたくしあげて、
ブラジャーの下に手を入れてじかに乳房に触り、しつこく揉みました。

  1. 親子丼のお味
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

祖母と母の親子丼のお味。其の四

◇性交の手引き◇
祖母と母のお味4-1
私は自分の家で待っている和夫君の祖母に電話をし、貴女の娘が貴女と孫を、
そして二人の関係も許したと伝え、息子を帰宅させるため、友達に電話するよう話した。

和夫君はその日の内に家に帰りました。ただし和夫君には、私と彼と祖母の関係を
知っている事は知らせない事で、三人の大人の間で了解がついていました。

和夫君はその翌日から学校に戻り、何事も無いような日々が始まりました。
その直後の日曜日、和夫君の祖母が再び私の家を訪ねて来ました。
菓子折りではなく、ウイスキーを持って来たのが私にはとても嬉しく感じられました。
和夫君の祖母は、その後多少はギクシャクする事があっても、
三人は無事に家庭を維持している事を報告して呉れました。

「その後、お孫さんとは、男女の関係を持たれましたか」
私は単刀直入に聞いてみた。
「そんな、いくらなんでも、娘が居る所では出来ません」

私は如何して二人がそんな関係に成ったのか、非常に興味があったので、
真面目な顔をして聞きました。
「そもそもの発端は何だったんですか?」
祖母は既に覚悟をしていたと見えて、意外に素直に話し出しました。

それによると、彼女と孫は小さい頃から一緒に寝ていたそうです。小学校に入った頃から、
布団は別になったが、同じ部屋で寝る事には変わりが無かったと言います。
和夫君が小学校五年の時、ふざけるような形で彼女の布団に入って来たそうです。
彼女を時々くすぐる様な振りをして、実は和夫君は祖母の女性器に、
触れようとしていたらしい事を、彼女は感じ取りました。

彼女は迷いましたが、ご主人を亡くして十年にも成っており、身体の悪魔の囁きに
耳を傾け、孫の意図に気付かない振りをして。孫の手を払い除けずに居ました。
和夫君が段々大胆になり、寝間着の上から彼女の性器に置いた手を其の侭に
する様に成りましたが、それでも彼女は笑って和夫君の顔を見ていました。

和夫君も黙って照れたような笑いを浮かべながら彼女の顔を見ていました。
夏から秋へ掛かった頃で、掛け布団を掛けていましたが、
いざとなれば無くても済みそうな気温だったと言います。

  1. 親子丼のお味
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

祖母と母の親子丼のお味。其の五

◇親子丼のお味◇
祖母と母のお味5-1
「よく其処まで話して下さいましたね」私は言いながら、
ソファに座っている和夫君の祖母の隣に移動し、彼女をそっと抱きました。
「先生、この間娘をお抱きになりましたか」
祖母は、あどけない顔で私を見ました。

「娘さんが仰ったんですか」
「いぃえ、何も言いません。でも女の直感と言うのでしょうか。
 先生がお帰りになった後、まだ和夫が帰って来ないのに、
 娘の私に対する態度がとても優しくなったのです。
 和夫はあれから自分の勉強部屋で寝ていますから、
 夜は私との事は無いのですが、娘は気を利かしているつもりか、
 夕方の買い物の時など、わざわざ私と和夫の二人だけに
 するようにして呉れている節が有るのです」

「それは良い事でね」
「でも、そうだとすれば、先生が娘を変えて下さったんですね。
 自分も浮気をしてみて、情欲と言うのは後ろめたいけど、
 人にとって止むを得ないものなんだと言うことが実感として分かったみたいなんです。
 それで私達の事を許して呉れた見たいなんです。
 ひとつ是からも娘をお願い出来ますでしょうか。
 確かに世間から見たら、いけないことを私達はしているのかも知れません。
 でも、それで私達が世間の方達に何の迷惑をかけている訳ではないんです。
 それが娘にも分かった様で、その娘の為にも、
 先生が時々あの子を満たしてやって戴きたいんです」
「分かりました。私に出来る事でしたら」
と、私は言い。祖母の身体を抱こうとした。

「それは、先生、娘に悪いですから」
祖母は言いながら手を放そうとします。
「でもお母さん、貴女もとっても若くてお綺麗だし男心をそそられますよ。
 だから今のお話でこんなに興奮してしまって」
私は言いながら、彼女の手を私の股間に持っていこうとしました。
「それはいけません。娘には和夫のことを許して貰っています、それに、
 先生まで奪ってしまったら、私は娘に顔向け出来ません」

私は祖母の言う事は一理あると思いました。
しかしそんな事で怯む私ではありませんでした。
私は彼女をソファの上に押し倒して、彼女の上に馬乗りになりました。

「貴女が私を拒むなら、私は貴女の娘さんから手を引きますよ。
 これは娘さんには内緒で私に対するご褒美として・・・いいですね」
そう言いながら、私は彼女に思い切り接吻しました。

  1. 親子丼のお味
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 09  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


.