PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

淫乱肌の虜になった舅。其の一

◇親不孝の息子◇
淫乱肌の虜1-1
結婚後も同居しておりました一人息子の和弘が、
大腸癌であっけなくこの世を去ったのは一年前のことでした。
気付いた時には、癌細胞があちこちに転移し、どうにもならない状態だったのです。

享年34歳、誠に早過ぎる死です。親よりも早く死ぬなんて何と親不孝な事でしょう。
私も妻もそれは悲嘆に暮れましたが、辛うじて心の慰めとなったのは、
二人の孫の存在でした。五歳の健太と三歳の美奈は、まだ父親の死というものを、
それほど深刻に受け止めておらないようで直ぐに元気になりました。

その事が返って哀れを誘って不憫ではありましたが、とにかく可愛い盛りで、
私共も二人の無邪気に遊び回る姿を見、声を聞く事によって悲しみを少しでも
和らげ、息子の死を極力忘れようと努めました。

ところが、半年もたった頃、嫁が二人の可愛い孫を連れ、突然我が家から出て行って
しまったのであります。原因は世間でよくある嫁姑のいさかいでした。

四人姉妹の末っ子で育った私の妻は非常に我侭で、また嫁も気が強い方でして、
二人の折り合いは息子が存命の頃から悪かったのです。

第三者的な眼で見ておりますと、たいがい非は妻のヒステリックの方にあったようでして、
このままでは間にたって息子が気苦労するばかりだと考えまして、私も何度かやんわりと
妻をたしなめましたが、素直に聞き入れる女ではありません。

事の発端はたわいもないことでした。
孫の誕生日のために嫁が作った夕食の唐揚げを、妻が、
「年寄りにこんな物ばかり食べさせといて、体に悪い事はわかっちょるじゃないかね。
 私まで早死にしそうじゃ」と皮肉たっぷりに言ったのです。私はオロオロ致しました。
瞬間、嫁の顔色もサッと変わりましたが、嫁は何も言いませんでした。
その代わり二、三日すると孫を連れて出て行ったのであります。

私だけには、
「お義父さん、申し訳ありませんが、私はもうこの家ではやっていけませんから・・・」
と謝りの言葉を残して・・・。

  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

淫乱肌の虜になった舅。其の二

◇お願い、やめて!◇
淫乱肌の虜2-1
しかし、ある日の晩ーー。
孫を寝かしつけた嫁が私にビールを勧め、珍しく自分もグラスを持って来たのです。
「私もお相伴させて、お義父さん」
妙にソワソワしています。鈍感な私にも、何かあったらしい事はわかりました。

私と嫁と向かい合って酒を飲むのは初めてでしたから、何だが心が浮き立って参りました。
酒好きの私は遠慮なく飲み、嫁にも勧めるうち、たちまち大ビンを三本空にして了いました。
すると、酔ったのでしょう、ほんのり頬を染めた嫁が膝を崩し、フーッと息をつきました。

この時、私はスカートからはみ出した、むっちりとした太股に思わずドキドキしてしまいました。
30歳の熟れきった肉体からそこはかとなく漂う女の色香を、すぐ間近に感じた瞬間でした。
私とて、まだまだ現役の男でありましたから。

とは申しましても、この時点で嫁をどうこうしょうと邪悪な劣情を抱いた訳では有りません。
確かに、嫁の若くてまろやかなラインを描く体に女を感じ心ときめきましたが、
ただそれだけのことでした。

そのうちに、嫁が一層顔を赤らめ、
「お義父さん、私ね、結婚を前提に交際してくれと言ってくれる男の人がおるの」
と、申しました。
「何かの・・・とゆうことは、奈津美さん、再婚するんか・・・?」

私は驚きました。大いにうろたえました。何よりもまず、そんなことになったら、
もう可愛い孫とも会えなくなるという思いが、この馬鹿な脳裏にひらめいたからです。
「いいえ、私はまだ、そこまでは考えておらんの。そう言う話があるってだけ・・・」
さすがに息子が死んでから一年も経たないのに、そういった話を、私の前でした事を
後悔したのでしょう。嫁があわてて答えました。

「で、どんな人なんじゃ?」
私は鸚鵡返しに訊きましたが、頭の中ではきっと嫁も再婚の意思を固めていて、
孫とも今のように会えなくなるという、そのことだけを考えておりました。
「33歳の独身でね、食料品の配達をしておる人。パート先で知り合ったの」
確かに嫁はそう言ったようでしたが、私にははっきりと頭に入りませんでした。

  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

淫乱肌の虜になった舅。其の三

◇恥ずかしい行為◇
淫乱肌の虜3-1
私は嫁の衣装を剥いで、全裸にしました。すると嫁が起き上がって行って、
健太と美奈が眠っている部屋の襖を閉めました。やはり、いくら眠っていると言っても、
子供たちに対して恥ずかしい気持ちが働いたのでしょう。

その行為こそが、嫁が私に抱かれる決心をした証しでした。
私はワクワクして、嫁の丸みのある魅力的な尻をジッと追いました。
そして、我慢できなくなって私も立ち上がるなり、背後から抱きついていったのです。

「お義父さんて、いけん人ね」
嫁が喘ぎ体をくねらせました。それから、
「ちょつと待って」
と、私を振りほどくと、押入れから布団を出して敷きその上に仰向けに横たわります。

「奈津美さん、許してくれ。わしは・・・」
私は服を脱いでパンッ一枚になると、嫁の足元に腹這いになって、
両膝をグイッと押し広げていったのであります。どうしても女性器を見てみたい、
そんな燃えるような激情に襲われてのことでした。

「ああん、スケベ」
嫁が声をあげました。そのくせ、股間を隠そうとはしません。
最初の頃はあれほど拒んでいたのに、覚悟を決めたらこうも破廉恥になるものかと、
私はいささか舌を巻いてしまいました。

比較的濃い縮れ毛が、陰唇の周りにも密生しておりました。驚いた事に、
肉ビラは外側にめくれ返って、尿道口ゃ膣穴まであからさまに見えておりました。
チョコンと指先で突ついたら、ヒクヒクッとその穴が収縮しました。
私は楽しく成りまして、指で肉ビラをさらに広げると、そこに唇を当てていったのであります。

「あううう・・・お、お義父さん」
嫁が声を震わせ、腰をくねらせました。とてつもなく淫らな気分になって参ります。
「ああ、これが奈津美さんのオメコの匂いなんか、頭がクラクラしそうじゃよ」
私は鼻先を粘肉に当てて大きく息を吸い込みました。

  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

淫乱肌の虜になった舅。其の四

◇今日は口でさせて◇
淫乱肌の虜4-1
私は三日後、また嫁の元に行きました。
それまで二週間に一遍の割合でしたが、それほど待つなんて、とても出来なかったからです。
嫁はまるで前の事が嘘のように、今までと同じ態度で私を迎えました。

「おじいちゃん、また来たん?」
健太と美奈が、すぐに私にまとわりついて来ました。
「いけんかったかの?」
「ううん、嬉しいよ、ね、兄ちゃん」
おみやげに買ってきたショートケーキの箱を渡したら、美奈がつぶらな瞳を輝かせて言いました。

私はまごたちとケーキを食べ、一緒に遊びながらも、眼ではずっと、
台所で立ち働く嫁の姿を追っておりました。

やがて、孫二人は遊び疲れたのか、連れ立って布団に入って、可愛い寝息を立て始めました。
すると、その瞬間から嫁の態度が変わったのであります。
「お義父さん!」
叫ぶなり、息を荒げて私に抱きついてくるではありませんか。
そして、自分からズロースを脱ぎ下ろし、唇を吸ってきます。

私も直ぐに興奮しまして、舌を絡ませて吸い返してやりました。
「お義父さんがいけないんよ、私をこんな女にして・・・」
嫁がうわ言のように呟きながら、私のズボンをずり下ろします。
私は前回とは打って変わった嫁の積極さに多少の戸惑いを覚えながらも、
直ぐに肉棒を勃起させておりました。

私は急いで嫁の衣服を脱がせにかかりました。
すると、嫁も脱ぎながら我が一物をにぎしめ、しごき立て始めます。
何と柔らかそうなそして優しい感触なのでありましょう。肉棒が益々いきり立ちます。

「お義父さんのって、年の割りに立派。太くてゴッゴッしててうっとりするわ」
嫁が本当に、トロンとした眼で肉棒を見詰めました。
そして、私の方に腰を寄せてきて膝頭を緩めます。

「奈津美さん、わしはあんたに夢中になりそうじゃ。
 よくこんな年寄りをまた迎えてくれる気になってくれたの。ありがとう、ありがとう」
私は心底からそう言って、手を彼女の股間に入れていきました。

「あ、ああ、私だって三日前はすごく感じたから。お義父さんがとっても良かったから・・・」
嫁が喘ぎ声を洩らします。割れ目の奥は前の時以上に濡れそぼっておりました。
熱くたぎっておりました。

「また、このオメコを舐めて欲しいんか」
と言いましたら、
「それよりも、今日はお義父さんのこれ、口で味わいたい」
と、亀頭に唇を被せてきた嫁。
「う、ううッ」
生温かな舌が肉棒にからみついて参りました。
女性器に挿入したのとは、また違った快い感覚であります。

  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

淫乱肌の虜になった舅。其の五

◇淫乱嫁の新しい男◇
淫乱肌の虜5-1


以来、私は十日に一遍ほどアパートを訪ねる様に成りました。月々の生活費も、
それまでより余計に渡してやりました。
嫁の口からは、二度と男の話は出ませんでした。私も聞くのが怖くて、
敢えてそのことは話題にしませんでした。

私は、おそらく嫁は私と関係を持つ様に成ったのだから男とは別れたのだろうと
勝手に解釈し、私の下であられもなくすすり泣く嫁の肉体を貫くたび、
その思いは確信めいたものへと変わっていきました。

ところが、それはあくまで私の自分に都合の良い解釈でしかなかったのであります。
嫁と関係するようになってから二ヶ月あまりたったころ、私は一緒に遊んでいた
孫娘の美奈の口から、思いも寄らない事を聞いたのです。

「ゆうべね、ここに優しいおじさんが泊まって行ったよ」
娘は健太を連れて買い物に出ている時のことでした。
「何だって?そりゃ本当か?」
私は思わず孫の肩を掴んで、揺すぶっておりました。
すると、私の顔が怖かったのか、美奈が泣き出しそうになりました。

「痛いよ、おじいちゃん」
私は慌てて、孫の肩から手を離し、できる限り表情を和らげました。
「それ、本当の話なんかね」
うん、と美奈が無邪気な顔に戻って答えます。
私は男というのは、嫁が言った運転手に違いないと確信し、狼狽しました。

「それで、美奈はそのおじさん、好きなんか?」
「うん、私も兄ちゃんも、大好き、だって、お父さんみたいに優しいんだもん」
「今まで、何度も来たことあるんか?」
「もちろん!」
孫が私の心の中は知る由もなく、嬉しそうに答えます。
この時の衝撃がいかばかりであったか。私はその次に言った孫の言葉は、
上の空で聞いており「おじいちゃん、どうしたん?」と、
何度か孫に顔を覗きこまれたほどでした。

私は孫たちが眠ると、勢い込んで嫁に訊ねました。
「男とはまだ付き合っておるらしいの。夕べ、泊まっていったそうじゃないか」
出来るだけ冷静に訊いたつもりですが、少し声が震えました。

  1. 義父相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.