PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

異形の性愛。其の一

◇禁断の秘口◇
異形の性愛1-1
私は66歳、妻は60歳。連れ添って今年で40年になる。
一男、二女をもうけ、子供たちも夫々に独立して、夫婦二人で気ままで、
まずは幸せといえる暮らしをしている。

妻の安江は、どちらかと言えば地味なタイプで、夫の私には従順で、
しかも子供の教育には熱心、不平の一つもいわずに黙々と家事に勤しむという、
良妻賢母の典型のような女だ。
その証拠と言っては何だが、息子も娘達も一応の大学を出、きちんとした仕事に就いた。

現在では、長男は地方公務員だが嫁を貰い、二人の孫が居る。
長女は商家に嫁ぎ三人の孫を育てながら家業に精を出している。
独身の次女はアメリカのペンシルバニアの日本語学校で教鞭をとっている。

して、かくいう私も、謹厳実直に職務を全うした甲斐があって、66歳になった今尚
会社の技術顧問として後進の指導に当たっている。
こんな私だから私生活の方も家族中心の真面目そのものの生活で、
たまに会社の者たちに誘われた時に飲んで帰るぐらいで、浮いた噂一つなく過ごしてきた。 

“一穴主義”と言えば聞こえがいいが、要するに妻に隠れて浮気するような
度量も無かったし、それほど女にもてたわけでも無かったから、
結果、一穴主義を守る事に成ってしまったと言う訳だ。それと、
のろける訳ではないが、バスト87センチ、ウエスト62センチ、ヒップ89センチの豊満な
妻のカラダは、不思議なことに今なお若い頃と余り変わってはおらず、抱き心地は満点。
で、この年になっても私は妻の裸身を見るとムラムラすることがよくあり、
月に二度、三度、今だに肌を合わせることがあるのだ。 

女優の高畑淳子に似て、飛び切りの美人とは言えないがそこそこの美貌の持ち主である。
美しく肉体美人の妻に恵まれたことも、私に浮気の虫を起こさせなかった理由だろう。 
それに妻は、口にこそ出さないがセックスが生まれつき好きだったのか、
私の求めを一度として拒んだことがないのだ。

それ故、新婚の頃はほとんど毎日のようにいたしたし、中年になっても週二ぐらいの
ペースはなお保って来たのだ。流石に私が還暦を過ぎた辺りからは週一に減りはしたが・・・  

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

異形の性愛。其の二

◇進歩的な人妻◇
異形の性愛2-1
ところで、結婚して40年も妻にアナルセックスをせがみ続けてきたのには、
それなりの訳がある。実を言うと私には、妻と見合いする前に知り合った女から
アナルセックスの遣り方と快感をいやと言うほど教え込まれた過去があったのだ。

今から43年前、私が23歳の時だ。ベトナム戦争が本格化しだし、米軍の北爆が
開始された1966年のこと。私も労組に入っていた関係で反米デモに加わったりしていた。
フランス式デモといって手と手をつないで行進しながら反戦歌や労働歌を歌ったり、
"北爆反対”"米軍はベトナムから手を引け”と大声で叫んだりする爽快感に
半ば酔い痴れつつ、私は何度もデモに参加した。

そして、その流れで、深夜レストラン・バーのフロアで、ロックのリズムに乗って、
踊りまくり深夜近くまで騒いで帰宅するという毎日だった。
そこで知り合ったのが同じ会社の資材課に勤める増美という30を幾つか過ぎた
ような人妻だった。そんな場所に居る増美のような年頃の女は珍しかったし、
まして人妻となればなおさらの事だった。

昨今では人妻の一人遊びなど珍しい事ではないが、
当時は未だ、人妻は家を守るもの・・・と言う観念が支配している時代だったからだ。
もちろん、10歳も年上の女に私の方から声を掛ける筈は無く、
声を掛けて来たのは彼女のほうだった。

何時ものように馴染みのバーを出て横浜駅に行き、京浜東北線のホームで
電車を待っていると、
「あら、村岡君じゃない」
さも親し気に増美が声を掛けて来たのだ。
「あ、あなたは・・・」
私は、自分の名前がいきなり彼女の口から出たことに正直、驚いていた。
と言うのは、会社でも店でも一度も彼女と口を利いた事などなかったし、
ましてや、名乗った事も無かったからだ。

「ど、どうしてボクの名を?」
「うふ、村岡君、何時も会社の正門の前で反戦ビラを配っているじゃない。
 その時リーダーのお兄さんが貴方の名前を呼んだりしてるじゃない。
 それにしても村岡君、何時も大きな声で元気溌剌じゃない。
 わたくしね、一目惚れって言うのかしら、貴方にお熱なの・・・ね、
 どこでもいいから連れてって」
信じられない様な積極的なアプローチを増美は私にしてきた。

歳は30半ば、でも目鼻立ちは整い、ブラウスをつんと突き上げた胸元は
魅力的だったし、私は抗し難い何かに引きずられる様に、桜木町で下車して、
増美と連れ込み旅館に入る事に成ったのだ。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

異形の性愛。其の三

◇陰茎が覚えた尻穴快美◇
異形の性愛3-1
こうして長いキスをした後、いよいよ、私は、増美の女陰へと手を伸ばしていった。
指が豊富に茂った陰毛を掻き分け、ラビアをさぐり当てると、
増美のそこはグチョグチョにぬかるんでいた。

「すごい・・・グショグショだね・・・増美さんのここ!」
うわずった声を私は上げた。嬉しかった!
(ボクの為に増美さんはここをこんなにも潤わしてくれているんだ)
もう何時でも挿入可能なまでに増美が感じて呉れていると思うと、
大声で(やった!)と叫びたいほどに嬉しかった。

私は、グショ濡れの女陰を指でいらい、そして、さらに濡れ具合を確かめるように
指をググッと増美の中に押し込んだ。
「あ、待って・・・」
増美が小さく叫んだ。
「ど、どうしたの・・・嫌なの?」
「いいえ、嫌じゃないわ・・・でも、あたし、もっと弄ってもらいたい場所があるの」

増美は少し顔を離して私の目を覗き込むと、謎めいた言葉を吐いた。
「え、もっと弄って欲しい場所?」
私が訝って聞き返すと、増美はやおら体勢を入れ替え、
四つん這いになって私の目前に尻を差し向けた。

そしてさらに、頬を畳にくっつけるような格好になったので尻は高々と持ち上がった。
「ね、わかったでしょ・・・村岡君、あたしね、
 お尻の穴にオチンチンを入れられるのが大好きなの」
そう言って増美は両肢を左右に開き、両手を後ろに回して尻肉を割って、
アナルを私に見せ付けた。

もちろん、猟奇本などでは"アナルセックス”と言う語句は目にする事は有った。
だが、実際にその様な性癖を持つ女が居るなどとは、殆どの人が信じない様な時代だった。
なにしろ、オナニーすることさえ恥ずかしくて、変態的な行為と思われていて、激しく悩んで
しまう若者達も多く居た位だから、アナルセックスなど、変態も変態、大変態というものだ。あ

私は、途方に暮れて、如何したものかと迷い、それでも、
「ボクは、オマンコの方に入れさせて貰えばいいよ。尻の穴に入れるなんて出来ないよ」
抵抗を試み、何とか女陰への挿入だけで許して貰おうとした。
すると、増美は、
「駄目、お尻の穴に入れてくれないとオマンコの方にも入れさせてあげない!」
強い口調で言うのだ。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私の異常性癖。其の一

◇従兄弟に抱かれる妻の性器
異常性癖1-1

妻が目の前で他の男に抱かれヒイヒイよがっているのを見ると、
異常に興奮すると言ったら、変体男と罵りますか。
それとも、男なら誰だって心の中に持っている好奇心だと、同調して貰えますか。

何年も連れ添った夫婦なら、おそらく一度や二度は、他の男の下で腰を振る
妻の表情を鑑賞したいと願ったことはあるでしょう。
しかし、私はそれを実際に行っているのですから、呆れた男です。

つい先日も、私は大野邦夫を家に呼びました。
彼は金縁のメガネが良く似合う四十七歳。銀行員をやっている私の従兄弟です。

私達は何時ものように三人で酒を飲み、談笑しました。
この時点で、早くも妻の光江は気分を昂ぶらせているらしく、頬を赤く染めたりします。
それを密かに見るのも、私の楽しみのひとつなのです。

頃合を見て、私はトイレに立ちました。そして、戻ると期待通りに、妻を裸にしているところ。
「邦夫ちゃん、いつも言ってる事だけど、遠慮は無用だからね」
私は二人の前にどっかと腰を下ろすと、
飲みかけのウイスキーのロックをひと舐めしたのでありました。

「ああ、あなた・・・」
と、妻がさも恥ずかしそうに、私から視線を逸らしました。
もう、何度やっていることなのに、心底恥ずかしいらしいのです。
もっともその恥ずかしさの中にこそ、妻の求めている異常な快楽があることを、
私は誰よりも知っていましたけど・・・。

「ふふふ、たっぷりと愛してもらうんだよ、光江・・・」
私は注意深く妻の全身に観察の眼を注ぎます。
すると、邦夫が私に見せるように、わざと妻の両足を押し広げました。
勿論、彼も無遠慮に、私の妻の性器を覗き込みます。

「光江さんのオマンコ、何時だって良く濡れる。うちの奴なんか、光江さんより若いくせに、
 触ってみるとカラカラなんだから、嫌に成っちゃう。晃ちゃんが羨ましいよ」
と、私と顔を見合わせ、ニャリ。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私の異常性癖。其の二

◇性感の高まり
異常性癖2-1
妻の性器は、改めて見ると四十の坂を超えた中年女のそれでした。
濃い陰毛の中にひとすじ通った縦割れは、いやらしいまでに黒ずんでいます。
おまけに性器を慎ましく覆うべく筈の二枚の陰唇はだらしなく緩んで、
捲れ返っているではありませんか。
ですから、膣口ばかりか、尿道口までが露出しています。

それを、従兄弟が好奇に満ちたオトコの眼で覗き込んでいるのです。
私は息苦しいまでに胸が高まり、同時にペニスがズボンの中で
痛いほどに勃起するのを覚えていました。

「ふふふ、光江さんのココ、よく使い込んであるね。
 しかし、四十七歳の年齢の割には綺麗だよ」
と、彼が言って、光江の二枚の陰唇を両手の親指で左右に押し広げました。
「あはっ・・・」
途端に妻が、はじかれたように腰を揺すり上げます。
それほど昂ぶって、敏感になっているのです。

すると、妻の性器は、内臓まで剥き出しに成ったような気がしました。
それを、従兄弟に見られるのは、私たち夫婦の性生活まで覗かれるようで、
それは興奮を誘いました。
「ふふふ、光江さん・・・いくよ」
と、従兄弟が人差し指と中指を一緒にして膣口にググッと埋めていきました。

「あっ、あーっ」
と、妻が腰を仰け反らせて、何とも言えない声を上げました。
「光江、遠慮しなくていいからね。
 私たち三人の他には、我が家には誰もいないのだから・・・」

私はゴクリと生唾を飲み込み、
年甲斐も無くワクワクと高鳴っている胸の興奮を鎮めて妻の性器を覗きこみます。
二人居る子供は、もう一人前の社会人となって家を出ているから、
誰に気兼ねをすることもないのです。

「あああっ・・・」
と、妻が恥ずかしそうに腰をよじりました。それでも決して太腿を閉じようとしないのは、
妻も私に見られる事に、今では異常な快楽を覚えるように成っているからでしょう。
従兄弟の指は、すでに付け根まで埋まっていました。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私の異常性癖。其の四

◇眼前に展開された痴態
異常性癖4-1
すると、父は下半身裸のまま身動き一つせずに俯せている継母にゆっくりと近づき、
髪の毛を掴んで顔を起こしました。
「里子・・・お前って奴は・・・晃のチンポを何回しゃぶってやったんだ。
 えっ、どんな風にやったのか、今からしてみろ」
と、驚いたことに、ズボンとパンツを脱ぎ捨てて仁王立ちになり、
継母の顔を下腹部に引き寄せるではありませんか。

父のペニスはすでに硬くなっていました。少年の私のペニスと比べて、
はるかに浅黒い色をしていましたし、形も大きくてゴッゴッとグロテスクな気がしました。
「いや、いや・・・あなた、お願い・・・」と、継母が激しくかぶりを振ります。

しかし、アルコールの入っている父は容赦ありませんでした。
ペニスを彼女の顔にこすりつけ、
「拒否できると思っておるのか。おまえは俺の大事な息子を誘惑したんだぞ。それも、
 未だ中学三年の・・・いいか、言う事を聞けば、過ちを許してやろうと言っているんだ」
と、口元に押し付けます。

「うううっ・・・」と、継母それでも拒みながら、呻いていました。
私はそんな継母を、固唾を飲んで見詰めていました。
しかし、やがて継母は全てを諦めたように口を開けました。

「ふふふ、そうだ。俺とお前は夫婦だ。チンポをしゃぶるのに、何の遠慮がいるものか」
と、父が腰を突き出します。そうしたら、継母の赤い唇を一緒に巻き込みながら、
ズルッと滑るように侵入していったペニス。
「うううっ・・・」継母が呻きました。
「さあ、しゃぶれ。晃にやってやったように・・・」

父が言うと同時に、継母が口元をうごめかせ始めました。
それも、いつの間にかうっとりとした表情を作って・・・。
それは、少年の私にはとうてい理解出来ない、継母の変貌ぶりでした。
あれほど、いやがっていたのに、何故?

(やめろ、やめてくれ)
私はジッと継母の淫らにうごめく口元を見詰めながら、心の中でさけびました。
そうしたら、それが聞こえたかのように、振り向くなりニヤリと笑った父。
「晃、しっかりと見ているんだぞ」
と、勝ち誇ったように、怒鳴ります。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私の異常性癖。其の五

◇屈辱の館
異常性癖5-1

「里子、晃の目の前で俺のチンポをしゃぶった気分はどうだ?」
父が急に母の髪の毛を掴んで、下腹部から引き離しました。その時の継母の、
いかにも心残りにペニスを唇で追っていこうとした表情を、私は今でも忘れません。

「あああ、あなた・・・」
「四つん這いになるんだ。今度は俺がオマンコを舐めてやる。
 晃よりも、はるかに上手にな。晃、よく見ているんだぞ」
父が乱暴に彼女を四つん這いにして、豊かな尻肉をこじ開けました。

私の方から、彼女の性器のみならず、肛門まで見えました。
父が尻肉の間に埋めていきます。
「ああっ・・・」
継母が途端にピクンと背筋を震わせ、声を迸らせました。

「ふふふ、よく濡れておる。晃では、こうはいくまい」
父がくぐもった声で呟き、頭を動かし始めました。
「あっ、あっ、あっ・・・あなた、やめて」
と、継母が仰け反りながらも、激しく声を乱します。

尺八する分には興味があったけど、やはり性器を舐められてヨガル姿を私に見られるのは
恥ずかしくて苦痛だったのでしようか。しかし、父が勿論辞めるはずもありませんでした。
「うるさい!快いなら、よいと正直にヨガルだ。それが晃の性教育にもなると言うもんだ」
と、激しく頭をうごかして、彼女の性器をペロペロ。

「あっ、あっ、あーっ・・・い、いやァ」
と、彼女が悲鳴をあげました。しかし、快楽にはかてないらしく、やがて淫らに尻をくねらせ、
それはよい声ですすり泣き始めたのです。

(凄い・・・)と、私は舌を巻きました。これが大人のセックスなのか。
私の口の中は、興奮のためにカラカラでした。
私はもう我を忘れて、喘ぎすすり泣く彼女を見続けたのでした。

  1. 異常性癖
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.