PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の一

◇夫婦の寝室で◇
夫婦
同じ町内に住む朝倉夫妻とは40年来の付き合いである。
奥さんの嘉子さんとは幼馴染で、遥か昔には「お医者さんごっこ」もした仲である。
お互い(よっこちゃ。まぁちゃん)と今でも呼び合っている。

朝倉夫妻は毎晩晩酌をする。嘉子さんもアルコールにはかなり強い。
私は人並みで、嘉子さんよりは落ちる。私の妻は殆ど口にしない。
珍しいものがあったりすると、お呼びが掛かった。
子供達に手の掛からなくなった、ここ10年ほどは、
月に二回ほど隣町に出かけて一緒に晩酌するようにも成っていた。

行く店はいつも同じ店に決めていた。最初は大衆酒場、ビールで乾杯、
次は日本酒を、ご主人はコップに三杯、私と嘉子さんは二杯程度、
妻はジュースで約二時間位お喋りするのが常だった。

朝倉さんは膝を怪我で痛めて、常に少し足を引き摺るような歩き方をしていた。
飲むと足がもつれ、帰りは何時も妻の肩に掴まりゆっくりと歩いて来る。
私と嘉子さんは先に成って話しながら歩く。どちらが夫婦なのか分からない。
これで帰れば良い飲み仲間なのだが、朝倉さんは仕上げと言って、
赤提灯の“久美子”に誘う。こんな時は朝倉さんが久美子ママに愚痴りたくなった
時と決まっていた。

“久美子”のママも私と同級生である。
「朝倉さんの愚痴なんか誰も聞きたくないからね」とママも言う。
朝倉さんは、「何時愚痴言ったね」と開き直る。
“久美子”では朝倉さんはコップ二杯、私と嘉子さんは一杯と決めている。
店を出る頃は朝倉さんはもう自力で歩けない。家までタクシーで10分の距離だ。

家に着く頃には朝倉さんは眠ってしまう。三人で抱えるように寝室まで運ぶ。
外に飲みに行く時は蒲団を敷いて出て来る。妻と嘉子さんで朝倉さんに
寝間着に着替えさせいる間、私はリビングでコーヒーをいれている。

朝倉家から五軒先が私の家だ。娘達が留守番しているからと妻は先に帰る。
リビングで嘉子さんと熱いコーヒーを飲む。呑んだ後のコーヒーは、また格別である。
嘉子さんは「何時も悪いわね」と申し訳なさそうに言う。
朝倉さんとわたしの妻と一緒の時は楽しそうに飲んでいる。
朝倉さんと私と妻は同じ年で、嘉子さんは四歳年下である。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事。其の二

◇すべて中出し◇
1207751283469.jpg
「どう、硬くなっているだろう・・・よっこちゃんを欲しくて堪らなくなっているんだ」
「ア、アア・・・アフッ、アアン、久し振りなのよ・・・アア・・・ダメ。
 もう・・・まぁちゃんの好きなようにして・・・」

嘉子さんは寝間着の裾を捲くり、尻を向け、テーブルに両手をつき、
「ネ、後ろから入れて」と尻を振り、突き出す。
双丘の谷間のポンポンとしたオマンコ、うしろから眺めるとまるでお饅頭を二つ合わせたようだ。

両手で開く。ピンク色のウニョウニョした肉塊が淫液でピチョビチョだ。
「ネ~、早く入れて・・・」
後ろから尻を引き寄せ、ビンビンの肉棒を一気に差し込む。
「イイ、ア~ン」静かなリビングに嘉子さんのヨガリ声と尻と内股打ち当たるパタンパタン
という音が響く。

「早くイッテよ」
ダンダンと嘉子さんの声が大きくなる。
「中に出すと出来るよ」
「大丈夫よ」
一気に快感が背筋を走り嘉子さんの中に放出した。

嘉子さんはお湯で絞った暖かいタオルで肉棒を拭いてくれる。
其のタオルで彼女の股間も拭いた。

「よっこちゃん、ヨカッタよ。ピッタシ嵌まったね」
「ホント、気持ちよかったわ。前からまぁちゃんとしたかったの。今度ゆっくりしてね」
と小声で耳打ちし、軽くチュッをしてくれる。
帰り際に、玄関のあがりカマチの処で再び彼女を四つん這いにさせると、
ぶ厚い尻の肉を大きく引き裂くように割り拡げて、尻の穴を舐めては吸ってやった。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事。其の三

◇チンポでイカセテ◇
49madv00132jp-2.jpg
示し合わせて、初めてモーテルへ行った日の事。
朝倉さんは嘉子さんのオマンコを弄ったり、舐めたり、コケシやバイブを使って攻める。
嘉子さんは、朝倉さんのこのような攻めに慣らされ、セックスはこんなものなんだと思っていた。
朝倉さんは挿入して一分ももたず放出し終わるのがパターンで、
嘉子さんはチンポで、一回もイッたことがないと言う。
「まぁちゃんとセックスすると奥に当たり、主人の時と違って、とても気持ちが良いの。
 今日はチンポでイカセテ」

フリータイムを利用して来たので、時間はタップリある。
「何時も慌しくしていたけど、今日はゆっくりと可愛がってあげるよ」
「奥さんには悪いけど、お互い様よね」
「旦那が言ってたけど、よっこちゃんは潮吹くんだって?」
「そんなこと言ったの。私、知らない・・・」
浴槽にお湯を張る。浴衣に着替え並んで椅子に座る。

「浴衣なんか着なくてもいいよ」と、紐を解き、前を開く。
娘のような形の良いオッパイと濃い陰毛が欲望を掻き立てる。肩を引き寄せ唇を塞ぐ。
秘壷を指でくじると中はヌルヌル。嘉子さんは硬くなった肉棒を握り扱く。

浴槽に溢れる湯の音がする。「入ろう」浴槽に向き合って二人で入る。湯が溢れる。
乳房を揉み揉みすると、チンポを握り引っ張る。
膝の上に抱き上げると、ギンギンのチンポをつるりと飲み込み、腰を前後に揺する。
「穴掃除みたいだね」
チンポを引き抜き、浴槽の縁に掛けさせ両脚を開き、オマンコを舐め、淫核を吸う。

「あ~、すごくいい~、イキそうよ。クル、クル、ン~キタ・・・キテル」
嬌声が浴室にひびく。あっと言う間にイッてしまった。
「もうイッタんかね、今日はどうしたんだ」
「知らない~。こんなのって初めてよ。アー、スゴク良かったわ」
二人っきりで周りを気にしなくても良いので興奮と感情が一気に押し寄せたらしい。

ベッドでは69の形になって互いの性器を舐め、吸い、しゃぶる。
口はベトベト、ダラダラ。「ネ・・・、来て来て」室内の明かりは点けたままで、
尻の下に枕をあてがい、脚を上げさせ秘壷を開く。

尿道口の小さな穴にフーッと息をかける。淫核を舌先で舐める。
「ヒ~、イイ~、それされるとまたイクワョ~」
壷を指で開く。ピンクの肉襞が息をするようにパクパクと蠢く、舌で膣道を捏ねる。
「ネ・・・バスタオルを敷いて」

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の四

◇朝のジョギング◇
二人でジョギング
まだ冷えている大地から朝霧が立ち、かき分けるようにして私は走り続ける。
もう二年が過ぎた早朝のジョギングは、行き交う人影もまばらで、
新聞配達の若者も少なくなった。
陽が昇らない夜明けに家を出て、朝食前に家に戻る。
工程六キロ、気が向くと八キロにのびることも有る。

サラリーマン生活を定年まで勤め退職し、まとまった退職金をもらったが、
健康までは面倒を見てくれない。定年後一気に色々な病気が表面化してきた。
拡張型心筋症、S字結腸癌、糖尿病、等。

心臓疾患の薬は6年間飲み続けている。
S字結腸癌は3年前に摘出、術後の経過は良好で他への転移もなく、
経過観察の半年事の検診も今の処異常無しとのこと。
所が血糖値が高く糖尿病の初期と診断され、栄養指導の為に10日間の入院。
それから始めたのが早朝のジョギングである。

お陰で直近の健康診断結果は、血圧125~75、ヘモグロビンA1Cは5.8
中性脂肪は120、善玉/悪玉コレステロールも基準値以内、ガンマーカも見られず、
数値的には全くの健康体とのお墨付きを貰っている。

暖かい季節のジョギングは苦にならない。暑い夏も汗を余分に流したと思えばよし、
つらいのは寒中で、キンタマが縮んでしまう。
私達の住む町は丘陵地なので、道路は完全舗装されているが、
ちょつと横にそれると、ナラ、クヌギなどの森が昔のままで、
夜明けの遅い冬場は絶好の“野外セックスの場”となる。

「まぁちゃん、近頃、お腹周りが細くなったね、
 相対的にオチンチンの大きいのが目立つわ」と情事の後に嘉子さんに言われ、
「私も、まぁちゃんに付き合ってジョギングしょうかな、
 近頃めっきりお腹のお肉が目立って来たから・・・」
と言う訳で昨年の秋から、早朝ジョギングによっこちゃんが帆走する事になった。

少し小肥りなよっこちゃんの走りを後ろから眺めると、ユサユサとお尻が揺れ、
横に並んで走るときは、胸元が波打つのを楽しんでいる。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の五

◇二人だけの忘年会◇
smac_g062004.jpg
年の瀬が近づき、妻は娘達の嫁ぎ先へ泊り掛けで出掛け、正月の準備に余念がなかった。
妻が居ないのを見届けるようによっこちゃんから電話があった。
「これからお邪魔していいかしら」と打診してから30分ほどして我が家へやって来た。

「すぐ帰るから」と言いながらあがってきた彼女は、些細ですがと、お歳暮を差し出してきた。
感謝して包みを解くと、ベルトと商品券があり、その値段よりも気持ちが嬉しく、
頭を下げました。勤めを辞めて以来、久しぶりに受ける心のこもったプレゼントであった。

「旦那は今頃白河夜船よ、しこたま飲ませて来たから」
すぐ帰るから、と言ってたけれど、ゆっくりする時間のあることを暗示している。
そこには、いけないと思いながら、深みに嵌って抜け出せずに居る男女の姿があった。
互いの家族の前では隠し通してきた情念が二人を燃え上がらせてくる。

抱きついてキスを繰り返し、服と下着をむしりとるように脱がした。
カーテンを閉めた間接照明の居間の明かりに怪しく染まった62歳の柔肌が目に飛び込み、
思わず寝室に誘います。待ち望んでいたよっこちゃんは、布団の中にもぐり、
私も全裸となり抱きついていきた。

ワレメはもうたっぷりと濡れていて、そこに指を這わすと、股間一面が淫水に濡れて、
ベットリと絡み付いてチンポを迎えようとしている。

声をこらえて腰を揺すらせる。深く嵌めるとクーックッと、喉から声が漏れ、
身体をもぐらせる姿がとてもいとおしい。かまわず抜き差しをつづけ、攻める私。
それを受けてチンポを咥え込み締め付けるよっこちゃんのオマンコ。
組み敷けば胸元にいっぱい汗を滴らせている。

突き上げる快感をこらえきれず、チンポは硬直してワレメを抉っている。
クライマックスを告げる余裕もなく、いきり立ったペニスから精液を迸らせてしまった。
「ドクッ、ドクッ」と溢れた汁が敷布にまでも飛び散りる。

「よかったわ、すごく」と耳元でささやくのを聞きながら、私の身体は深く沈み込む。
乳首を摘みながら力が抜け、後戯も出来ない。彼女もグッタリしていた。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の六

◇ポケットティッシュ◇
ブログ用 0183
先日、朝倉さんのご主人が“糖尿病”の栄養指導を受けるために市民病院に
二週間の予定で入院した。午前11時に私と嘉子に伴われてご主人は9F病棟
の糖尿病内科911号室に入院した。一時間ほど時を過ごし昼食時間になったので、
私と嘉子さんは病院を後にした。

「途中横浜橋商店街で買い物して行くから、付き合って」と言う嘉子さんに
買い物を付き合わされた。お中元を選ぶついでに、あれも買いたい、
これも買いたいと言い出したのだ。

しかしまあ、女と言うものは年を取れば取るほどあつかましくなるもんだ。
嘉子さんも、道端で配られているティッシュなどは必ず受け取る。
渡して貰えなければ、わざわざ近寄って手を差し出すくらいだ。
何もそこまでしなくてもと思うのだが、それを言うと嘉子さんは、
「タダで配ってるんだから、貰わないと損じゃない」などと、のたまう始末。

こう言う時、小生はそれ以上は突っ込まない。たかがポケットティッシュなど如何でも
良い事だ、そんなことで嘉子さんの機嫌を損ねるのもつまらない。
ご主人が入院している二週間は、またとない二人に成れるチャンスなのだから。

帰宅した嘉子さんは、居間に買い物してきた物を置くよう、私に言った。
荷物のうち、食料品は台所へ、衣料品は洋服ダンスへと要領よく嘉子さんは片付けていった。

数時間後、台所から包丁の音が聞こえてきた。
我が家の妻は昨日から娘の所に行っていて、今夜も帰って来ない。
「晩御飯は内で一緒にしていって」と嘉子さんは言ってくれていたので、おそらく、
晩飯の下準備でもはじめたのであろう。

居間のテーブルの上に、その日に貰って来たポケットティッシュが置かれてあった。
私はすることもなく、そのティッシュを眺めていた。

新装開店の美容室のものなどもあったが、貰って来たティッシュの殆どはサラ金か
テレクラのものだった。なんと言うか、テレクラと言っても色々あるものだ。
私は、テレクラというものを遣った事がなく、聞きかじりの事しか知らないが、
こんなに沢山ジャンルが細分化されているとは驚きであった。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の七

◇テレホン3P◇
smac_g058004.jpg
乳首はすでに堅くなって勃起している。
嘉子さんは下から手をあてがうようにして揉みしだく。
乳首を指先でころがして居る。

「もう固くなってきちゃった。あぁぁ・・・感じる・・・おっぱい感じる・・・
 軽く噛まれるとゾクゾクするのよ。先端がものすご~く敏感だから、
 ペロペロされただけでイッちゃいそうになるの」

なにやら、嘉子さんの声が演技ではなくなってきたようだ。
私は電話を通しているとはいえ、他の男を相手に喘いでいる彼女を見て、
妙に興奮した。

「ええでぇ、奥さん。下はどないや?なんやこれ。
 パンティびしょ濡れやないか。ほんま、スケベなオメコや。こないしたらどや?」
「いや~ん、はぁんっ、あ~ん、ああーっ」
嘉子さんの悩ましげな声で、私のペニスは完全な状態まで膨らみきっていた。

嘉子さんは受話器を其処に押し付けると擦りつけた、
ザワザワと言う雑音と何故か、薄っすら湿り気が伝わってくるのを感じる。
嘉子さんの中では蜜が溢れて居るようだ。

「ああ・・・あ、あ・・・」
思わず、甘い吐息が嘉子さんの唇から漏れる。
「奥さん、どなんしたん?」
「アソコ触ってるの・・・おつゆが・・・あぁぁ・・」
「覆い茂ったヘアーの中に有るオメコ弄ってるんやね」
「いっぱい濡れてるんだね?」

私は、嘉子さんの切なげな声を聞きながら、堅くなった自分の一物を握りしめた。
私は堪らず、嘉子さんのスカートを捲り上げた。
「・・・!?」
なんと、嘉子さんのパンティの中心部にシミが出来ているではないか。
触って見ると、そこは熱を帯びていた。

「パンティ脱がすでぇ」
私は電話の男のセリフに合わせて、嘉子さんのパンティを脱がした。
すると、彼女の濡れた恥部があらわになった。

  1. 幼馴染
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.