PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

今は亡き妻の日記帳。其の一

結婚するなら恋愛より見合いの方が良い、と昔かたぎの方は言う。
これは結婚が本人同士の結びつきよりも、
家と家の結び付きを重視した考え方とも言える。
したがってお互いに気に喰わなくなったからと言って、
そう簡単には離婚できず、結果“見合いの方が良い”となるわけだ。
しかし、当人同士は殆ど過去を知らぬまま結婚するわけだから当然リスクはある。
結婚以前、どんな異性と関係があったかなど全く知らぬのだから・・・。

~日本一の幸せ者~
妻の日記1-1
先日、妻・初恵の一周忌が終わりました。妻を失った当初、私は抜け殻の様に
成ってしまい、精神的に立ち直るまでかなり時間が掛かりました。
趣味だった釣りやゴルフにも全く行く気になれず、私は家の仏壇の前でひたすら
拝む毎日を送っていたのです。

それまで別居していた長男夫婦も私を気遣ってか、頻繁に孫を連れて訪れて
呉れるように成りました。無邪気に遊ぶ孫の顔を見ていると、
心に立ち込めた暗雲が徐々に消えて行くような気分になってきます。

息子の嫁が作ってくれた手料理は大変美味しく、愛妻を失った寂しさもようやく
紛れるようになりました。

時間が経つにつれて落ち着きを取り戻した私は、今まで手をつけず其の侭にして置いた
初恵の遺品を片づけようと思い立ったのですが、
さて何から手をつけようか・・・。そう考えて見たものの、思い出の品物は余りにも多く、
どれから手を付けたらよいものか皆目検討もつきません。

「義父さん、そう言う時は義母さんが一番大切にしていたものから
 片付けられたら如何ですか?」
嫁のアドバイスもあり、私はまず着物からかたづけようと思ったのです。
初恵の着物の入った和箪笥の引き出しを開けてみました。

樟脳の匂いと共に出て来た色鮮やかな着物や帯。中でも妻が一番気に入っていた
京友禅の草木染の着物が目に入りました。
これは私が二十年前にプレゼントしてあげた着物です。

あまり自己主張しなかった妻ですが、いつも呉服屋のショーウィンドの前を通る度に
立ち止まって見ていましたので、私が誕生プレゼントに買ってあげたのです。
初めて袖を通した時の初恵の笑顔が昨日のことの様に思い出されます。

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今は亡き妻の日記帳。其のニ

~新婚初夜の衝撃~
妻の日記2-1
《昭和三十六年六月十五日》
新婚旅行三日目。昭夫さんはやはり怒っているようだ。
それは仕方のないことだと思う。いくら見合い結婚とはいえ、
私は新婚初夜の務めを全く果たさないのだから。
でも昭夫さんの事が嫌いなわけではない。
私のこの気持ちを彼は理解して呉れるだろうか。
昭夫さんは真面目で良い人だけに、心が苦しくなる・・・。

伊豆の下田に三泊四日で行った新婚旅行は、
私達夫婦にとって前途が暗く成ってしまうような旅でした。

当時の私は女性経験など殆ど無くて、
初恵と手が触れただけで勃起してしまうほど純情な男でした。
裏返せば、女体に飢えていたと言っても過言ではありません。

昼間はいろいろな観光地を巡りましたから、それなりに楽しく二人の会話も弾みました。
しかし、いざ旅館に戻ってきて食事をし、入浴後くっ付くように並べられた布団を見ると、
初恵の態度は急に変わってしまうのでした。

布団の中でいくら私が誘っても彼女は頑なに拒否しました。
乳房に手を伸ばし時など初恵に抓られてしまう始末です。

もう我々は夫婦に成った身。新婚旅行も最後の夜に成り、
これ以上私は我慢出来ませんでした。

苛立ちが頂点に達した私は、布団を跳ね飛ばすと初恵に覆い被さっていったのです。
「や、やめて。乱暴はいや!」
「なに言ってるんだ。もう俺たちは夫婦なんだぞ。これ以上俺をじらすのは辞めてくれ!」

強引に抱き寄せると、私は初恵の唇を奪ったのです。
しっかり閉じてある唇をこじ開けるように、私の欲情しきった舌が侵入していきました。

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今は亡き妻の日記帳。其の三

~不貞の証し~
妻の日記3-1
《昭和三十六年七月一日》
昭夫さんとは殆ど会話がない。すべては私が悪いのだ。
でも、両親の手前離婚など出来る筈もない。
私はこのまま貞淑な妻を演じていようと思う。
世間的にみれば、その方が昭夫さんの為にもなるだろう。
そしてあの人のためにも・・・

結婚後、初恵は専業主婦となり、もっぱら家に居るように成りました。
相変わらず夜の夫婦生活は有りませんでしたが、
それ以外は私によく尽くしてくれ特に問題はありません。

しかし、私の生活は徐々にすさんでいきました。あれほど夢見た結婚生活が、
初恵のお蔭で無味乾燥な物にしか思えなかったからです。飲めない酒をあおり、
商売女を買ったりもしました。次第に帰宅する時間も遅くなっていったのです。

そんなある日のこと。
私は税務署の同僚の渡辺と、昼休みに喫茶店でだべっていました。
「あのな、言おうかどうか迷ったんだが、
 一応おまえの耳にも入れておいた方がいいと思ってな」
「なんだい、もったいぶって、言いたい事が有るならはっきり言ってくれよ」
「うん、実は・・・」

その時、渡辺から聞かされた話はかなり衝撃的なものでした。
二日前、渡辺が税務調査の帰りに新宿の連れ込み宿の前を通ったところ、
若い男と初恵がそこから出て来るのを見たというのです。

渡辺は結婚式以来、何度か初恵と面識がありますから、
彼が見たと言う話は間違いないでしょう。
私の心にふつふつと怒りが湧いてきました。もうこれ以上我慢出来ない。
決定的な証拠を掴んで離縁してやる・・・。

「こんな余計なこと言わない方がよかったかな?」
「いや、聞かせてもらって感謝してるよ。
 ようやくこれで、俺の気持ちにも踏ん切りがつきそうだ」
私はくゆらせていたタバコの煙を肺の奥まで吸い込むと、
ゆっくりと吐き出しました。

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今は亡き妻の日記帳。其の四

~愚かな女~
妻の日記4-1
その晩私が帰宅すると、初恵が卓袱台に突っ伏して泣いていました。
「どうしたんだ?」
私は思わず駆け寄り、肩に手を置いたのです。
「昭夫さん、私、私・・・」
涙でぐしょぐしょになった顔で此方を向いた初恵は、私の胸に顔を埋めて来ました。

結婚以来、こんなことは初めてでした。私は初恵を問い詰める事も忘れて、
泣きじゃくる妻をしっかりと抱き締めてあげました。

「一体なにがあったんだ。泣いてばかりいないで話してごらん」
しばらく私の胸の中で泣き続けていた初恵は、ようやく落ち着きを取り戻し、
ぼそぼそと話し出したのです。
私が興信所に依頼して調べてもらった事はすべて事実でした。

太宰治の熱烈な信奉者だった初恵は、同人誌で知り合った戸倉に
太宰の面影を感じ、夢中になってしまったと言うことです。
戸倉の語る人生観や文学観は、如何にも破滅的で危ういもの。世間知らずの
短大生だった初恵はそんな危険な香りのするやさ男に引かれていったのでしょう。

「知り合ってから、すぐ深い関係になったわ。私はそれから彼の下宿に通っては
 身の回りの世話を焼いたの。でも、あの人は酒と博打が好きで、
 借金もかなり有ったみたい。ほとんど収入もないのに、夢ばかり大きくてね・・・」

煙草銭にも事欠くようになった戸倉は、
徐々に初恵にたかるようになって来たらしいのです。最初は渋っていた初恵も、
戸倉の再三の頼みに、遂に父親の金に手をつけるようになってしまったとの事。

それが何度か続き、ついには父親に知れるように成ってしまったそうです。業を煮やした
父親は戸倉と初恵を強引に別れさせ、私との結婚話を進めたと言う成り行きでした。

  1. 妻(夫)を語る
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.