PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

故郷岩手の女。其の一

この作品は「東日本大震災」発生の三年前に書かれたものです。

~突然のリストラ策~
岩手の女1-1
私は10年前に会社をリストラされ、其れまで住んでいた町と妻とも別れて、
岩手の生まれ故郷に帰り再出発を果たした男です。

昨今のリストラの嵐に翻弄され先行きに不安を感じて折られる方々に、
「人生には挫折もあれば再起もある」生きる事に前向きで居れば道は開ける。
と私のささやかな経験をお話したいと思います。

その日は、朝から風はなく、ただ居るだけで汗が噴出して来て、
シャツが肌にへばりついてしまうほど暑い日だった。
何時ものように同じ時間に家を出で、同じ電車に乗って、
同じような時間に私は会社に着いた。

ところが、何時もとは違い、
タイムレコーダーの前には社員達の人垣が出来ていて、何やらざわめいている。
その声が私の姿を見て、ざわめきから突然凛とした静けさに変わり、
人垣は十戒の中でモーゼが造った海道のように、
私の通れる分だけサーッと人垣が割れた。

異様な雰囲気の中を、私は社員達が今まで見ていた壁に近づいていった。
『辞令、右の者、本日付をもって秋田支社出向を命ずる』
とあり、複数の名前が書き出されていた。その中に私の名前も読み取れた。

秋田支社は倉庫が有るだけで、会社としての機能はほとんどない所だ。
そんな所に辞令一枚で突然四人も五人もまとめて放り込む。
嫌なら辞めてしまえという、会社側にとって体のいいリストラ策であることは、
誰の目にもハッキリとしていて、それが私を遠巻きにしている彼たちの口を、
息もつけないほどに沈黙させているのだった。

彼らの目は、同情とも憐れみとも取れる色を深く滲ませていた。
それでいて、明日は我が身だということを、
口には出さずとも皆が判っている顔をしていた。

私は血液が足元に向かって流れ落ちる音を耳鳴りのように聞きながら、
其処に居た堪れず、その場を離れて、自分がこれまで居城にしていた部長室に入った。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の二

~夫婦とは何?~
岩手の女2-1
「やっぱり、お前が来たか。来ると思っていたよ」
社長がのっそりと応接間に入って来て、私の正面の椅子に座った。
「辞令の件ですが・・・」
「言わなくても用件は分かっている。あれは役員会(社長一族)で決まった事だる
 今後のためにも訂正する心積もりはない」
「大人しく従えと・・・」
「その通りだ」
「考え直していただけませんか。山中・木田それに斉藤・西尾、みんな会社の一線で
 なりふり構わず働いて来た者ばかりです。それを秋田の倉庫担当とは、
 辞表を出せと言うに等しいことです」
「見解の相違だ。役員会では充分検討して決めた。後はお前達の意志で、
 二つに一つを選ぶんだな。一週間だけ時間をやる」

私の全身の血は、あまりにも傲慢な言葉に煮えくり返っていた。
しかし同時に会社は最早一人立ちし、辞令書に載せられた私たちのほうが、
時の流れに乗り切れずに、お荷物的な者になった事を、イヤでも認めざるを得なかった。

人は石垣、人は城と、其の時まで私は信じていたのだが・・・
何時しか怒りを通り越し、空虚な気持ちのまま私は社長宅を辞した。
私の肝は其の時に、はっきり決まった。
家を買ったばかりの西尾と、山中、斉藤の三名は辞令通り、
秋田支社に出向することを受け入れた。

リストラ策の一環としての理不尽な転勤命令を蹴って辞表を叩きつけ、
妻の貴美子に辞表を出した事を切り出したのだった
「あら、そうなの・・・」
貴美子は驚くほどアッサリと、それを受け入れてくれた。
むしろ、それを待って居たと言ってもいい。

「少し早いけど定年退職だと思えばいいじゃない。
 ねぇ、あなた・・・定年離婚が流行してたってこと知ってました?」
「何だい、それ?」
「定年になる頃は、子供だって一人立ちしているでしょ。
 で、妻はそれまで家に縛りつけられていた分、退職金を慰謝料代わりに頂いて、
 第三の独身生活をエンジョイするの。仕事人間の貴方は、
 そんな流行も知らなかったでしょうけど」
「流行って、お前・・・」
「リストラ離婚よ。これからは収入が無くなる訳だし、一人ずつ生きていく方がいいのよ。
 幸い子供も立派に育ったし、全ての財産を処分して」
「処分って?冗談だろう」
「だって退職金っていっても、リストラじゃそれほど期待出来ないでしょう。
 それに離婚するんだもの、この家は必要ないわ。
 それともあなた、この広い家にたったお一人で住んでみます?」
「ずっと、そんな事を考えていたのか?」
「そうよ。一人で放って置かれれば、そんなことを考えているしかないものね。
 ねっ、いい機会だと思わない?」

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の三

~旧友との再会~
岩手の女3-1
実家の両親はすでに他界していて、長兄夫婦と甥が住んでいた。
小さな村だから、落魄れた男の働く場所も居場所もない。
両親の墓参りを済ませたら後、すぐに其処を離れようと、思っていた。

しかし、長兄夫婦に引き止められるまま、生まれ育ったという居心地の良さから、
一日だけと思っていたのが、一週間になり半月になった。

その間、私がしていた事は、長兄のがしている刺し網漁の手伝いだけで、
残された時間は、ただボンヤリと怠情に過ごしていたのだった。

そんなある日のこと、漁が終わった後、防波堤に出て暮れゆく海を見ながら、
缶ビールを飲んで一人感傷に浸っていると、背後から男が声を掛けてきた。

「オイ、山崎だろう」
ギョツとして振り向くと、男は赤銅色の顔から白い歯を覗かせて、短髪の
胡麻塩頭をポリポリ掻きながら、棒立ちに立っていた。
「・・・・?」
「オレだよ。吉川だよ・・・忘れちまったか」
「吉川さん?えっ、ああっ・・・あの、吉川か」

男の顔に、中学生時代の顔が重ね合わさった。
吉川は小学校、中学校時代を通して、私と良く一緒に遊んだ友達だった。
「いつ戻って来た」
「もう半月になるよ」
「連絡ぐらい呉れれば良かったものを・・・
 黄昏て今にも海に飛び込みそうにしてたんで、良く見たらお前なんだもの、驚いたぜ」
「そうか、そんなに黄昏てたか」
「鏡で自分の顔を見てみろよ。死神に取り憑かれたような顔をしている。何があった?」

吉川は私に並んで、防波堤の上にドッカと腰を下ろし、胡坐をかいた。
そして私は吉川に聞かれるまま、郷里に来る事に成った一部始終を話した。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の四

~私を抱いて!~
岩手の女4-1
「だから言ったろう、トットと店を閉めた方が良いって」
「そうね。吉川さんの言う通りだわ。ああっ吉川さん、暖簾を外して来てくれない。
 それから、商い中の看板を引っくり返して、そう、赤提灯の火を消すのも忘れないでね」
「チェッ、人遣いが荒いやっだぜ」
「店、開けといてよ。これじゃ飲みにくいもの」
「いいのよ、今夜は山崎さんと思いっきり飲むんだもの。
 一人だけ邪魔な人が居るけど、いいわ、山崎さんを連れて来て呉れたんだから
 許してあげる。ねぇ早く暖簾をしまって、お客が来たら困るもの」

恵子の声は何となく弾んでいた。手際良く切り分けた刺身を盛り付けると、
エプロンを外しながらカウンターの外に出て来て、私と吉川の間に座った。
「本当にお久し振りですね。たった三人だけど、私達の同窓会をしましょう」
恵子は焼酎のお湯割りが入ったグラスを、
私と吉川のグラスに交互にカチカチと合わせた。

子供の頃の恵子は、色が浅黒く活発な少女だった。何時も近所の子供達を神社の
境内に集めては、男の子勝りの馬飛びなどをして日が暮れるまで遊んでいた。

中学生の二年生頃になると、妙に、可愛いだけの少女から、
女性を感じさせる美しい少女に変貌していた。私の下駄箱の中に、
ラブレターをコッソリ入れたりしたのも、其の頃のことだった。

学校の帰りに、何度かデートした記憶がある。もっとも、それがデートと呼べるのかどうか、
恵子の家の近くまで一緒に歩いて帰るだけで、手にも触れたことが無かったのだ。
子供過ぎて余りにも淡いものだったから・・・。

私達は酒を飲み交わしながら、子供の頃の共通の話題に花を咲かせていた。
その話題が途切れて、私と恵子がバツイチで、お互いが独身で居る事に話が移ったとき、
吉川はユラリと立ち上がると、これで役目は済んだとばかり、
「明日の朝早く漁に出るため、オレは帰って寝る事にするよ。
 後は大人のバツイチ同士、ゆっくり飲(や)ってくれ。うっ、ううーっ、
 それから、山崎、漁師になる覚悟が出来たら、いつでも家に来てくれ、
 エンヤートットで歓迎するぞ」
と言って、サッサと先に帰ってしまったのだ。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の五

~結ばれた夜~
岩手の女5-1
「嫌ッ・・・そんなに見つめられると恥かしいわ。もういい年だっていうのに」
彼女は居た堪れないように身体をくねらせた。伏目がちの顔がうつむき、
両肩がすぼまると、胴から腰にかけての皮膚が蠢きながら屈折した。

乳房も円やかで張りがあるし、ピーンと反った乳頭は出産の経験がないせいもあって
瑞々しかった。息づく胸元には少し汗が滲んでいた。

私は恵子の足下に跪いた。襦袢が乱れて、辛うじて秘部を隠していた。
白足袋を穿いた締まった足が、襦袢から艶めかしく伸びている。
その煽情的な肢体を見詰めながら、私は全裸になり、
前屈みに成って太腿を抱きしめて、頬ずりを繰り返した。

「ああ~ん、チクチクする、でも、凄く感じちゃう」
恵子はくすぐったいのか、くねくねと体をくねらせた。
朝に剃った髭が、深夜に成って青みがかるほどに伸びていて、
その刺激は使い方で、快感を生み出す武器になるようだ。

私は舌を這わせながら、肌に触れるか触れないかの微妙なタッチで顎を移動させ、
次第に恵子に体を重ねていった。

恵子の煙るようなヘアで飾られたオマンコは、どれ程の間、男を迎えて居なかったのか、
夥しい量の花蜜を滴らせ、甘美に匂いたっていた。恵子はオズオズと手を伸ばして、
ペニスを握ってきた。くすぐるように、ゆっくりと前後に扱き始めた。

「凄く大きく成ってる、火傷しそうなほど熱いわ」
恵子は湿った声で、恥かし気に言った。
「恵子ちゃんのも、すごく濡れてるよ」
私はペニスを恵子に委ね、右手をオマンコに持っていった。
其処は豊かに肉づいて、柔らかにウエーブの掛かったヘアに覆われていた。

ニ指を伸ばして、陰裂に沿ってゆっくり愛撫する。
と、ぬめりきったオマンコが二本の指にまとわりついて、
愛撫の動きでクチュクチュという、湿った淫音をたてた。

「あっ、ああ~ん、ふっ、ううう~ん」
恵子の白い腹部が、大小の波を起こした。
時折り、息を詰め、頭を激しく振って必死で快感をやりすごそうとしている。
私はワレメの下の方に指を持っていき、膣口を探り出し、
優しく二本の指を付け根までヌブヌブとのめり込ませていった。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の六

~たっぷり入れて!~
岩手の女6-1
パックリと割れた陰裂はすっかり潤んでいて、奥の膣粘膜からとめどなく淫液が滲み
出て居たのだった。その生温かい感触はいやが上にも私の欲望を煽って、ペニスは
より硬さを増していた。

恵子の乳房を揉みしだいた。掌で丹念にお椀状の肉塊を転がし、指で見る見る固く
成った乳首を摩擦し続けた。つぶらなそこは弾み、指先の中でコロコロ転がした。
彼女はもうそんな前戯だけで息絶え絶えの状態になり、
熱い吐息がせわしなく漏れ、顔中が歪んだ。

「助けて・・・あたし、もうどうにかなっちゃいそうよ。もっと優しく愛して!」
「そうしてるつもりさ、俺だってペッテイグだけでイッちゃいそうだからな!」
私は低い声でそう言って、かすかに笑った。事実其の通だった。

私は恵子の手首を取って、ペニスの上に添えた。彼女の指は逞しい肉棒に変っている
その部分を握った。生温かい湿り気は、掌の汗だった。
乳房を愛撫される彼女の肋骨が表皮ごと、不意に盛り上がった感じがした。
「私のために、こんなに元気に成って、嬉しいわ」
と呟くとキスしていた唇を外し、火照った顔を私の肩先に持たせかけてきた。
その間にも握ったペニスは放さず、逆に指に力を込めて来たのだった。

私はそんな恵子の仕種を見て、幾分、窮屈な姿勢ながらも、熟れたふくよかな乳房を
なおさら揉みしだいた。すると、彼女は熱い息を吐いて激しく身悶えた。

私の太腿にぴったり吸い付いている陰部からは、前よりも密度の濃い淫液が
ドロドロと流れ出て皮膚を濡らした。割れ目は深部の複雑な秘肉までが、
まるで吸盤の様に浅ましく密着しているのだった。

「どうだ?久し振りに男の一物を握った感想は?」
私は悪戯っぽく訊ねた。すると、聞こえるか聞こえないかの小さい声で、
「意地の悪い事聞かないでよ、貴方の事は四十年待ち続けていたのよ、
 もう離したくない、誰にも渡したくない。浮気したら、コレをちょん切るからね」
と、恵子は言った。それは、まるでうわ言のような声であり、指先は上下に扱き始めた。

両肩は波打ち、乱れた呼吸の荒さが目立ってきた。そして更に低い声でせがんできた。
「お願い・・・焦らさないで、早く抱いて頂戴。これを入れて・・・」
私は頷いたが其れを無視した。店で一度射精しているので。焦る事はない。
もっと恵子を身体のすべてを知りたくなった。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

故郷岩手の女。其の七

~精液ガブ飲み~
岩手の女7-1
私は、恵子に対して亡き夫はさぞかし心残りだったろうに、と幾らか胸が痛んだ。
私はやっと顔をオマンコから離して、今度は盛り上がった乳房に食らいついた。
乳房を吸って淫汁にまみれた唇と舌で乳首を転がし続けると、
それでなくても固くなっていたソコは石粒状にこわばった。
彼女は何度も呻き声を上げて、激しくのた打ち回る。

「だめよ、あたし、もう今までのとこだけで、イッちゃいそう・・・
 なんて人、あなたって、ひど過ぎるわよ」
引き攣る様な其の声には、恨みさえこもっていた。
どうやら前戯だけで快感の責め苦を味合わせる私が、憎らしくなったらしかった。
もしかしたら是だけで終わってしまう変態男なのかと疑ったのかもしれない。

「ごめんよ・・・つい身がはいりすぎて、悪く思うなよ。
 お前が真から好きなので、恵子の色々な処を試して見たくなったんだ」
私は口では、そう言ったものの、実は射精寸前の有り様だった。
深く愛してしまった恵子のために堪えに堪え、
射精しそうなのをやっとの事で辛抱していたのであった。

私はやっと正常位で恵子の下腹部に腹部を重ね、
恥骨を擦り合わせながらペニスを埋め込んだ。ごく自然に、
秘肉に包みこまれた硬いそれはそれはヌルヌルと膣粘膜を分け入った。
彼女の下腹部が蠢くと、開いていた両脚がわなないて爪先がピーンと反り、
シーツを掻く仕種を見せた。

私はそんな状態を事細かく観察する余裕があり、我ながら不思議に思った。
先程の店での交接の為か私のペニスの射精感も長引き、彼女に対するガツガツした
焦りもなくもう何度もセックスをしている夫婦の様な余裕が出来ていた。

私はゆっくりとペニスを進めては後退させる動作を繰り返していた。
其のたびに恵子の膣の肉襞は揺れ動き、
粘膜は軋んでネチャついた淫らがましい響きを奏でていた。

私は次第に興奮が高まって来たが、彼女の燃え上がり様は、それ以上で凄まじい位だった。
喉元がピクピク収縮し、脂の滲んだ肌がしきりにひきつった。

きっちり瞑った目尻も同様に痙攣を繰り返し、ペニスが膣肉を反復するごとに眉間には
くっきり縦皺が寄った。溜めている息を、どうかした弾みに一遍に噴きこぼした。

  1. 再出発
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.