PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

義姉は初恋の同級生。其の一

◇帰郷出来ぬ夜◇
義姉は初恋の人1-1
「義姉(おねえ)さん・・・」
私は、窓辺に寄りかかって空から舞い落ちる無数の雪をぼんやり眺めている
彼女の横顔に向かって、声をかけた。
別に何か話したいことがあった訳ではない。独りでに声が喉をすべり出ていたのだ。

ホテルの九階だった。部屋の中はよく暖房が利いていた。しきりと雪の降る窓の外は、
全く音の消えた別世界だった。
それを背景にして、美しい横顔が浮かび上がっていた。わずかに伏せた長い睫毛が
どことなく淋しそうで、思わず声をかけてしまったのかもしれない。

「なあーにっ・・・?」
彼女が首だけをよじって私を見た。
「あ、いや・・・何を考えているのかなと思って・・・」
思いがけず強い視線だったものだから、私はドギマギしてしまった。

「何も考えてなんかいないわ。それより、もういい加減に“義姉(おねえ)さん”と呼ぶのは
 やめてくれないかしら。私たちは同い年なんだから・・・」
彼女がソファに座っている私の前にやって来た。
私は二つのグラスにビールを注いで、一つを彼女の手に持たせた。

「義姉さんが、その方がいいのなら・・・」
「ほら、また言っている」
彼女が微笑んだ。どこか懐かしさを含んだような微笑だった。

私が、“義姉さん”と呼んでいる彼女は、中学時代は同級生だったのだ。
旧姓、浅野紀子。当時、彼女は活発な少女で、ソフトボール部に所属していた。
それが、私が東京の大学に行っている時、四つ年上の兄といつの間にか
付き合っていて結婚をしたのだ。

その時から、同級生は兄嫁となってしまった。私は大学を卒業後も田舎に帰らず、
埼玉に暮らすようになったが、帰省のたびに彼女の幸せそうな笑顔に接していた。
ところが、兄は十年前に他界して、彼女は未亡人となってしまった。
葬儀の時、私は盛んに彼女を元気付けたが、それから三年後、
今度は私の方が妻を亡くしてしまった。

  1. 義姉相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義姉は初恋の同級生。其の二

◇熱き口づけ◇
義姉は初恋の人2-1
「中学二年の時だった。クラスが違ったからね・・・授業を受けていて、
 ふっと窓の外を見たら、女の子が一人、雪が降りしきる中、校庭を黙々と走っていた。
 僕はびっくりしてしまった。それが紀子さんだった・・・あれ、罰として走らされていたんだろ」
私は彼女をわざと凝視した。彼女の目尻に懐かしそうで照れ臭そうなシワが寄る。

「あれ・・・数学の野村先生だったわ。お友達からちょうど舟木一夫のプロマイドが
 私の処に回って来た時に見つかっちゃって・・・いやだわ、変な事を覚えているのね」
「だけど、女の子を一人で走らせるなんて、あの頃は凄い先生が居たもんだ・・・」
「野村先生は、ちょっと変わっていたから・・・その後、
 精神病院に一時入院したって噂も聞いたけど・・・」
「それはともかくとして、当時の紀子さんはすごいオテンバ娘だったってことだ。
 他に、バットで男の子を追っかけてる姿も見たことあるし・・・」

私はビールをグイッと飲み干し、声を立てて笑った。すると、彼女がわざと口を尖らせた。
「植野くんは変な事ばかりよく覚えているのね。
 だけど、私は植野くんのこと、何も思い出せないわ」

普段は“誠二さん”と呼んでいるが、いつの間にか“植野くん”になっていた。
懐かしさが彼女をも、中学時代に引き戻しているのだ。

「そりゃあ、紀子さんが僕のことに全く関心が無かった証拠だよ。
 だけど、中学時代、僕は何時も目でキミの姿を追っていたんだよ」
私は言ってしまった自分の言葉にハッとなった。意識しないで出た言葉だったからだ。
私は確かに中学生の頃は彼女に淡い恋心を抱いていた。

が、その感情は、押し入れの奥に、いつの間にか仕舞い忘れてしまった
オモチャと同じで、私自身も、もうずっとずっと忘れていた感情だった。
彼女もハッとしたようだった。

「おかしな冗談は言わないで・・・」
「冗談なんかじゃない」
私たちは一時凝視し合った。
先に視線を逸らし、吐息をついたのは彼女の方だった。
長い睫毛がふるえていた。

  1. 義姉相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義姉は初恋の同級生。其の三

◇探し求めた心の故郷◇
義姉は初恋の人3-1
肌の弾力が衰えているのは年齢的にも仕方ないが、
永い事未亡人生活を続けていたせいか、性欲を皮膚の下に無理矢理
閉じ込めているような女の情炎を全体的に感じさせた。

乳房は大きかった。仰向けになると左右に崩れて、形が少し扁平気味になった。
そして陰毛は黒々と濃くて多かった。腋毛も生えた侭で、とにかく永い間
空閨をかこっていたのだ、体の方は猥褻そのものといった感じだった。

「僕は紀子さんのここが欲しい。触ってみたい!」
私は彼女の股間に指を持っていった。陰毛にそっと触れ、肉襞に沈めていく。
すると、彼女が膝頭をゆるめた。
「あ、ああっ・・・」
ピクッと顎を反り返す。

それから、すぐに形のよい鼻孔がプクーッと膨れ上がった。
快感が体中に満ちてきて酸素不足になったのか、
空気を一杯に吸い込んでいるのだ。

肉裂はすでに淫核のあたりまで濡れていた。
私は粘膜を上下して擦ると、指を肉穴にズズズッと埋めいれていく。
「ハーッ、うううッ!」
彼女が両腕を頭の上の方に投げ出し、ギュッとシーッを掴む。

肉穴は呆れるほど濡れて、会陰の方にも溢れ出ていた。
柔らかな肉が指にじわっと絡みついてくる。
私はこの世の極楽に居た。何しろ四十数年来の恋心が今、叶えられたのだ。

「あああ・・・いけないわ」
と、彼女が思い出したように抗いの言葉を口にした。
もちろん、体はしとどに濡れて居る訳だから説得力がない。
「何がいけないの?」
私はわざと訊いた。その上、わざと指を動かし、粘膜をかき回す。
「あっ、あうっ・・・」
彼女が背を反り返らせた。

そして、またゆっくりとシーッに落とすと、「ハーッ」と大きく息をついて、
「ああーっ、そんなことをしたら由美子さんが怒るわ・・・」
と、囁くように言う。そのくせ、彼女の膣奥はヒクヒクと急に蠕動を起こし、
私の指を逃がすまいとするかのように、纏わり付いて来るのだった。

  1. 義姉相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義姉は初恋の同級生。其の四

◇子宮に体液が欲しい◇
義姉は初恋の人4-1
「あっ、ハーッ、ハウウッ・・・」
彼女が体をよじる。腰をくいっと回転させた拍子に、
私の舌が誘導されるように膣穴に入った。
「い、いい・・・」彼女がピーンと弓のように反る。

そして、私の頭を両手で股間に押さえつける。私の舌の体積分だけ蜜が溢れ出た。
舌をほんの少しうごめかせただけで、ヌチャッと、それは卑猥な音が響いた。
彼女のソコは、それほど濡れていたのだった。

私は両手の指先をそれぞれ肉裂の両側に当て、グイッと押し広げた。
すると、舌はさらに奥深い所まで届いた。
「いひーっ、長いわ、植野くんの舌・・・」
彼女が腰をフルフルと震わせる。
私は彼女の内部で蠢く淫肉を、舌先でこね、掻き回した。

「どう?」
「お、奥まで来てる。ズーンと来る感じ・・・ああっ、ピクピクするゥ」
ふいに声を乱した。私の舌も彼女の淫肉が微妙に収縮するのを捉えていた。

私は両手を伸ばして乳房を掌で覆った。乳首は固くなっていた。
それを人差し指と中指の間に挟んで揉みながらこねる。
「ああ、ああっ・・・」彼女が全身で快楽を表現していた。

乳房の谷間の向こうには彼女の顔があった。
彼女はいつの間にか自分の頭を抱え、髪を掻き毟るようにして悶えている。
舌は半開きの唇の間で絶えず蠢いていた。時に上下の唇を舐める。

その表情の淫らさは私の身も心も溶かした。
ペニスが一際硬くなる。我慢の限界だった。
「紀子さん、もう限界だ。早く一つになりたい。いいよね」私は言って、
彼女が頷くやいなや、体をずり上げていって、腰を彼女の太股の間に収めた。

ペニスが無理な角度で会陰に当たっている。
腰をわずか浮かすと、待ちかねた様にプルンとはじけ、肉裂に侵入した。

むくりとした感じのちょつとした抵抗があって、見る見る亀頭が姿を消し、
ぴたり咥えられたまま侵入を続けていくと、膣の途中で亀頭の先が何かに触れて、
其処を通過するとき、捲くられきった亀頭がグリッと圧迫を受けた。
その気持ち良さは例え様もないもので、背筋まで快感が貫く感じたった。

  1. 義姉相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

義姉は初恋の同級生。其の五

◇われら性春◇
義姉は初恋の人5-1
翌朝、雪は降り止んでいた。
先に目覚めた私は、彼女を起こさない様にベッドを抜け出た。
ところが、シャワーを浴びていたら、間もなく彼女もやって来て、
「私も・・・」と、恥ずかしそうに言ったのだ。

もちろん全裸だった。私のペニスはたちまち勃起した。
すると彼女は、すぐさま私の足元にしゃがんだのだ。
「素敵だわ。食べてもいいかしら?」潤んだ眼で私を見上げる。

拒む理由は何もなかった。私は腰を突き出した。
「朝食にしては油っこいかも知れませんよ、マダム・・・」
「私、濃いお味が好きなの・・・」
彼女がア~ンと口を開けた。

私はシャワーを止めると、彼女の口元にペニスを近づけた。
私が突っ込むのではなく、彼女の方から含ませたかった。
彼女が顔を斜め横にして、竿の部分に舌を当ててきた。
そして、袋を口に含むと、私の腰にしっかりと両手を回す。

「ううッ・・・!」
玉袋を強く吸い上げられると、少し痛みが走った。だが、それに快い痛みだった。
私は腹筋を絞って震わせ、ふと思いついてシャワーのコックを開いた。
湯の噴き出す方を上向きにして、しゃがんでいる彼女の股間にすべりこます。

「ああん、変なことをするんだからァ・・・」
彼女が腰をよじった。それから、お返しとばかりパクッとペニスを口に咥え、
亀頭のくびれた部分に軽く歯を立てる。
「ううッ!」
と呻いたら、彼女がズズッと唇をすべらせて、ペニスを口一杯に頬張った。

モゴモゴと何か言ったらしいが、私には聴き取れなかった。
彼女が舌で亀頭の重みを支える様にして、幼児の指しゃぶりの様に吸いたて始める。
「おお、いい気持ちだ。しかし、感激だね、初恋の人にしゃぶって貰えるとは・・・」
私はワイセツな動きをする彼女の口元を見下ろしながら、言った。

すると、彼女が私のペニスを咥えたまま、嬉しそうに笑ったのだ。
それから今度は、顔を前後に振って、ペニスを扱き始める。
「うっ、うっ、うっ・・・」と小さく声を洩らしながら、唇がめくれるほど激しく。

  1. 義姉相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.