PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

夕暮れの作業小屋で。其の一

hanai.jpg
昭和四十四年十月の事である。
私は結婚していて、長男が八月に生まれたばかりで、まだ禁欲中だった。
女房は産後の日が浅く野良仕事が無理なので、
私一人で家里離れた山の田圃で稲刈りに精を出していた。
気が付いて見ると辺りは薄暗くなってきて、帰ろうと思って道路に駆け上がった。

すると後方から、「おーい、おーい」と呼ぶ声がする。
近寄って来る人は本家の松子姉さんであった。
松子姉さんは、私が小学6年生の時(昭和三十年)
本家の従兄弟に当たる幸吉兄さんの元に嫁いできた
兄さんより三歳年上の元看護婦のとっても綺麗な女性で、
今では二男一女の母親である。

当時私の母が良く歌っていた「月よりの使者」のモデルの様な女性で、
松子姉さんを見てからは、この歳に成っても、
「月よりの使者」は私のカラオケの持ち歌の一つになっている。

♪月よりの使者。歌が聴けます。

「要さん、一緒に帰ろう」
「ああ帰りましょう。暗くなって寒くなってきたから」
と体を寄せ合って歩いた。身近に姉さんの体臭を感じて思わず欲情してしまった。
肩を引き寄せ抱き締め口唇を重ねようとすると、両手で拒まれた。

それでも尚抱き寄せ強引に口唇を重ねると、
姉さんも体の力を抜いて私の首に両手を巻いて体を預けてきた。

こうした家里から離れた所の田圃には作業小屋が所々にある。
私は姉さんを抱き上げて小屋の中に入った。
筵の上で抱き合ったまま倒れ込んだ。

松子姉さんが本家に嫁に来た時は、映画スターの様に綺麗な人だなぁと、
憧れの眼差しで見ていた女性が今私の胸に抱かれている、
と思うと感激もひとしおであった。
震える手でモンペの紐を緩めて股間に指を進めると、
当時の農家の女性の常で腰巻の下は何も付けていなかった。
ジャリッとした手触りの恥毛はすでに濡れていた。
指でくじると、姉さんは鼻息を荒くして、
「ウゥッ、ウン、ウンッ」と頭を振って悶え始めた。

そして、「要さん、要さん」とうわ言の様に私の名前を呼び続けていた。
私はモンペから姉さんの足を抜き取り、太腿を抱えてマラを秘穴にあてて挿入すると、
姉さんは一声大きく、「アッ、アァー」と叫んで強く抱き付いて来た。

こうして憧れ続けていた松子姉さんと結ばれた喜びで、私は早々と気をやってしまった。

二人で、身繕いをして小屋を出て、家が近付き別れる所まで来た。
「要さん、二人だけの秘密にしょうネ。近い内に、またしてネ。
 私、要さんの事、忘れられなくなりそうだワ」
と言って抱き着いて来た。この時、私は二十六歳。姉さんは四十二歳だった。
  1. 農婦の性と愛
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

夕暮れの作業小屋で。其の二

143smd00015jp-5.jpg
こうして、二人はお風呂場で二時間くらい過ごした。

「さあ、姉さん、出ようか」
「要さん、先に出て居間で寛いでて」
私は、居間のソファーに腰掛け汗を拭って居ると、
「ネェ、要さん、お酒飲むでしょう、水割りでいい」
と言って、ウイスキーの水割りを用意してきた。

姉さんを抱き寄せ口移しに水割りを流し込んでやった。
姉さんは喘ぎ悶えて腰を押し付けてくる。

「どうでしょ。ものは相談ですが、
 姉さんが男欲しさに一人でオナニーして居るところを、
 見せてくれませんか。この明るい部屋の中で、
 浴衣の裾を肌蹴て、オマンコ弄りしている姿を見たいんです」
「ええ、そんな恥ずかしい事を、しろと言うの・・・」
「もうお風呂場で見せ合った間ではないですか、
 姉さんの全てをさらけ出してくだい。今夜は其の為に私を呼んだのでしょう」
姉さんは覚悟を決めるように、グラスの水割りを一気に飲み干した。

「さあ、やっと決心が付いたようですね」
私は浴衣の裾に手を掛けますと、姉さんは其の手を払いのけて、立ち上がり
次の間に誘ってくれた、其処は夫婦の寝室であった。

田舎には不似合いなセミダブルのゆったりしたベッドの脇に大きな化粧台が
有ってベッドでの行為が総て写るように成っている。
従兄弟の趣味なのだろうか、まるでラボホテルにでも入った感覚に成ってしまった。

姉さんは浴衣のままベッドの上に横座りになって、
オナニーをして見せてくれる積りの様だが、しかし幾ら待っても、
覚悟はしたものの、いざとなると身体がしびれたのか身動き出来ないでいる。
そこで、こちらから、ベッドに這い上がり
横座りのまま固く閉じている浴衣の裾に手をかけた。

侵入を阻止する固く締まった両膝を割ると手に肌の温もりを感じた。
手を入れると、なんとパンティを穿いているのだった。
其処が少し湿っぽく成っていた。姉さんの抵抗力は緩んで膝が広がった。
大股開きのはしたない格好になり、白いパンティが妙に艶かしく、
ストリップ劇場で踊り子がカンカン踊りを踊る時に
見せるスカートの奥に、ズロースを見た時の興奮に似ていた。
  1. 農婦の性と愛
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夕暮れの作業小屋で。其の三

ブログ用 0134
何時の間にか眠っていたようだ。
雨戸の隙間から差し込んで来る朝の明るい陽光に目覚めて見ると、
抱き合って眠っていた筈の姉さんの姿が見当たらない。
私は尿意を催してトイレに立っていった。

トイレから出てみると台所の方で物音が聞こえた。
姉さんが長襦袢を羽織ってキッチン台に向かっていた。
私は足音を忍ばせて、姉さんの背後に近寄り、
乳房を抱き締めて首筋に唇を押し付けた。
「マァ、もう、起きたの、まだ寝ていれば良かったのに」と言いった。
「だって横に寝ている筈の松子が居ないんだもの。
ほら、こんなになっているよ、松子、チンポ握って見る?」
「いやよぅ」
「何でイヤなの?夕べはあんなに欲しがっていたのに」
「だって、明る過ぎるんだもの、恥ずかしいわ」
「誰かに見られる訳じゃなし、恥ずかしがる事ないよ」

私は姉さんの手を掴み、強引にマラを握らせてやった。
姉さんは恥らいながらも掌に力を込め、強く握りしめた。

「松子、どう?チンポ、硬く成ってるだろう?」
「うん、うん、凄く硬いわぁ」
姉さんはは息をはずませ、マラをしごき始めた。
「松子、またオマンコしたく成ったんじゃない?」
「そ、そんな・・・こんな所で・・・」

姉さんはは慌てて否定し、手を離した。私は笑みをかみ殺し、
膣に指を入れてみた。中はすでにベチョベチョに成っている。
「なんだよぅ、松子、凄く濡れてるじゃないかぁ」

「いや~ん」姉さんは声を昂ぶらせ、背中を向けた。
私は背後から迫り、ビーンと反り返った肉茎を挿入し、ゆっくりと蠢いた。

「朝から、こんな事、こんな事・・・」
姉さんはそう言いながらも、直ぐによがり始めた。
子宮はドロドロにとろけ、淫靡な蜜を湧き滴らせつづけている。
『松子、お汁の量、すごいねぇ』
「いや~ん」
『あっ、オマンコ、ヒクヒクしてきたよ』
「いや、いや、いや~」

姉さんは激しく身悶えたので、マラが抜けてしまった。
今度は姉さんを四つん這いにさせ、後ろから嵌めて、荒々しく抜き差しして遣った。
体の大きな姉さんは、尻を突き出し、ヨガリにヨガッていた。
  1. 農婦の性と愛
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夕暮れの作業小屋で。其の四

名称未設定 1354
暫しのまどろみから目覚めた私が先に入浴を済ませて出て来ると、
松子は既に裸に成って、バスタオルで胸から下を覆って入り口で待っていた。
「今入ろうと思ってたところなのよ」
そう言って見上げる松子の姿に、私はゾクゾクッとするような色気を覚えて、
「折角だから、ここで一寸裸を見せてよ」
と、予ねての願望である明るい処で松子の全裸を見たい、と言う気持ちを口に出して、
タオルの上から、胸の膨らみへ触ろうとすると、松子は一瞬早く、
サッとバスタオルを胸から落として、私の前へ全裸の姿を曝け出してきた。

五十二歳に成った松子では有るが、胸の膨らみは十分あり、
腰のくびれ、尻の肉の張り、共に申し分なく、
十年前に作業小屋で抱いた時と殆ど変わらぬ体をしていた。
濃い目に密生した陰毛に被われた下腹には殆ど贅肉がなく、
まだ四十代前半と言っても通るほど若々しさで、
私は思わず擦り寄って、両手で乳房を撫でてその感触を楽しんだ。

「もう、そんなに慌てなくとも、今日は飽きるほど出来るじゃないの」
松子は口ではそう言いながら、乳首が揉み易い様に体を斜めにずらせ、片手で
私の首に抱き付いて、空いた片手は下の方へさげて半勃ちのマラを握って来た。
しなやかな指で撫でるように弄ばれて、
私のマラは浅ましいほどにビンビンに勃起して来た。

「まあ、こんなに元気に成って、今日は後何回出来るかしらね。
 ねえ、はやくオマンコに入れて味わいたいわ」
五十代に成った、松子は熟女独特の厚かましさが出てきて、
臆面もなく四文字の卑猥語を口にするのだ。
「じゃあ、さっとオマンコだけ洗っておいでよ。ベッドで待ってるから」

私もスケベ言葉でそれに応じて、松子の体を離して部屋に戻ると、
裸でベッドに潜り込んだ。ほどなく、松子も入浴を終えて部屋へ戻り、
直ぐに私の隣へホカホカとした体を横たえて来た。
「ねえ、折角風呂へ入ったんだから、舐め合いしようよ」
耳元で囁くように松子が誘ってきた。

「いいなあ。それじゃあ、松子のフェラのお手並みを見せて貰おうか」
その言葉を待たずに、松子はオマンコを私の顔にぐっと向けて跨り、
腰を浮かすようにしてマラの根元を握って、スポッと亀頭のくびれまで口の中に含み、
裏筋をなぞるように舌先で巧みに舐め始めた。

一方、私の目の前には、パックリと口を開けたオマンコが部屋の鈍い灯りを受けて、
微妙な陰影を作り、既に淫液を垂れ流して、ピクピクと蠢いていた。
松子は風呂に出る時、香水か何か香料を下腹の辺りへもつけてきたと見えて、
オマンコの周りから微かな芳香が漂って、頻りに私の男心をくすぐって来る。
  1. 農婦の性と愛
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夕暮れの作業小屋で。その五

20100707MvdZhaXq.jpg
その快感を噛み締めながら、ズボ、ズボ、ズボッと毛際まで一気に差込、
亀頭の先で子宮口を撫で廻すように、二度、三度「の」の字を書いてから、
グイッと半分ほど引き抜いて、今度は小刻みにスコスコと腰を使い始めた。

数回そんな事を繰り返すと松子はもう無我夢中になり、
「あア、イイわ、いいわ、あア、もう、どうにかなりそう。
 あア、イイ、あアイイ。あ、あ、あッ」
と腹の底から搾り出すようなヨガリ泣きの声を挙げて、小刻みに早腰を使う。

膣の中の秘肉はマラのあちらこちらへ絡み付くように蠢き、抜き差しの度に、
柔らかく咥えたと思うと、グイグイと扱く様に締め付けて来る。
風呂に入る前に松子とセックスした時には感じられなかった膣襞の締まり具合であった。

引っ切り無しにペチャリ、クチャリ、ペチャリ、クチャリと、大きな音が出るほど淫液を
流して、それでもなおこの緊縮感なのだ。思いがけない名器との出会いに、
私は身も心も蕩ける思いで、一心不乱に性技を尽くして腰を使った。

突然松子は反り身に成ったかと思うと、
「あア、もう、あア~あッ、あア~あッ、あア、もうダメ、イクわァ、
 あア、イク、イク、イク、イクッ」と体を震わせながら気を遣り始めた。

その途端、オマンコの中の柔らかい数の子のようなツブツブや、
軟体動物のようなビラビラが、一気に収縮運動を起こし、亀頭の裏表に絡み付き、
膨れ上がった胴中を締め付けて、まるで、私の精液を搾り取ろうとするかのように、
蠢きまわるのだった。

射精しそうな快感が沸き起こり、其れをグッと我慢して、更に彼女をよがらせて遣ろうと、
次第にピストン運動を速めながら、グイッと睾丸まで入り込むほどの勢いで、
マラの付け根まで差し込み、ゴリ、ゴリ、ゴリと揉むように腰を廻すと、
「あぁぁ・・あぁぁ・・・
 あぁぁ、イク、イク、イクわ、イクわ、またや、またイク、イクッ・・・」
松子は大声を張り上げ続けて、二度三度と気をやった。

白い額に玉の汗が浮き出し、ほつれた髪の毛がへばり付いている様は、
妖艶というよりは、すさまじいばかりの熟女の形相であった。

乱れに乱れ果てたそんな松子の姿を目にすれば、若い頃なら忽ち気を遣ってしまう処だが、
そこは永年修練を積んだ賜物で、少々の事でへこたれるそんなやわなマラではない。

此処で気を遣ってしまう様では男の負けとばかり、腹の底から沸きあがってくる快感を
何度も何度も押し沈め、女の快感の壷を擦りながら、スボリ、ズボリ、ズボ、ズボ、ズボと、
休む暇なく早腰を使い続けた。
  1. 農婦の性と愛
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.