PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

マゾ女の誘惑。其の一

◇クラシック喫茶の女
名曲喫~2
べつに都会の女を気取っている訳でもなさそうなのに、妙に気だるい雰囲気を色濃く
持っている女だった。歳は三十前後だろうか。
切れ長の目をしたやや面長の美人で、しかも体つきもかなりのグラマーに感じられた。
ただ煙草を吸ったりコーヒーカップを持ったりする時の何気ない仕草が、
なんとも気だるく投げやりな様子だった。

出会ったのは、新宿のクラシック喫茶。今から五十年近く前のことで、
当時私は二十歳の大学生だった。喫茶店全盛の時代である。
コーヒー一杯が百円か百五十円位だったように記憶している。
あの頃は七十年安保の学生運動が真っ盛りで、
大学はもう騒然としていて勉強どころではなくなっていた。

で、学生運動に興味のないノンポリ学生が時間をつぶすのに、
多少粋がったところのある学生はジャズ喫茶などにたむろし、
私の様に地味で孤独な学生はクラシック喫茶のひっそりとした空気に身を浸していた。

ジャズ喫茶のコーヒーは薄めで、
クラシック喫茶は濃くて苦いというそんな違いもあったような気がする。
またジャズ喫茶はわりと狭い店内にやかましいほど音が響き、
クラシック喫茶は広めの空間にボリュームを押さえ気味にした音が流れていた。
さすがにベートーベンやマーラーの曲はうるさかったが。

四月の末だった。女は、私より後から入ってきて、私の横の席に座った。
ストレートの長めの髪を横分けにし、グレーの上等そうなツーピースを着た姿は、
どこかいいところの奥様ふうの落ち着いた印象だった。

ところがいきなり足なんか組んで気だるく煙草を吸い始め、
しかもそのスカートが短めだったから太腿の半分くらいが見えて、
私はしだいに落ち着かなくなって気がつくとつい女の方を向いてしまっていた。

女は最初、私の事などまるで気にする風も無かった。
なのに、シューベルトの「未完成交響曲」が終ったのを機に立ち上がり、いきなり、
「ねぇ、ちょっと私に付き合ってくださらないかしら」と話し掛けて来たのだ。
「はあ・・・」
あいまいに頷きながら然し私も、自然に立ち上がっていた。
  1. マゾ女の誘惑
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

マゾ女の誘惑。其の二

◇男と女のエチケット
人妻ファイル41
昔のラブホテルの風呂は結構ゆったりとしていて、浴槽も広めだった。
おそらくそのころの日本人に、シャワーだけで済ませるという習慣が無かったからだろう。
そのホテルは、温泉旅館の岩風呂のような風情になっていた。

浴槽に湯を張る蛇口を捻ってから女は振り向き、
「趣味のわるいお風呂よねえ」と言って笑いかけてきた。
私は、両手で股間を隠したまま、しかたなく、曖昧な笑顔で相槌を打った。

そんなことよりも、女の裸を前にして、忽ち限界まで硬くなってなってしまったペニスが
恥ずかしいやらみっともないと思うやらで、途方に暮れてしまっていた。

すると女は、私の前に膝をついて屈み、私の手をとって広げさせた。
そのとき女の手に力が入って居た訳でもないのに、不思議なくらいなされるままだった。
そうして曝け出されたペニスを、女は片方の手でぎゅっと握ってきた。
その柔らかく吸い付いてくるような妖しい掌の感触に、一瞬頭の中がぼおっとして
雲の上に居るような心地になった。そしてペニスがピクンと身震いした。

女は、握ったペニスをじっと見詰めたまま、
「こんなに元気のいい素敵なオチンチンなのに、どうして恥ずかしがるの?」
しかしやっぱり昔の純朴な若者の一般的な傾向として、どうしてもはしたないと
思ってしまうわけで、「はあ・・・」と、とまどう視線が宙にさまようばかりであった。

「女の裸を前にしたら、オチンチンを硬くさせるのがエチケットよ。
 硬くなって呉れなかったら女は、悲しくなってしまうじゃないの」
「はい・・・」
「うれしいわ。先っぽの形も、素敵よ。とっても、美味しそう」

美味しそう、と言われて、こんどはペニスだけでなく、背筋までプルプルと震えた。
その言葉によって女が何をしようとしているのか、
分かったような分からないような・・・して欲しくもあるけど、されたことがないから、
ベニスがどんな風になってしまうのかと困るような・・・
そんなことをあれこれまよっているうちに、しかしペニスはもう生温かい女の
口の中に引き込まれていった。
  1. マゾ女の誘惑
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

マゾ女の誘惑。其の三

◇殺人への挑発
中出し33
私が先に湯から上がってベッドに入り、あとからバスルームを出てる女はきっと
素肌の上にバスタオルを巻いただけの格好だろうと予想していたのに、
何故かもとのスリップ姿になっていた。

そして、こう言いった。
「あなた、私を強姦してちょうだいよ」
「えっ・・・?」
いきなりのことで、私には意味がよく飲み込めなかった。

女はベッドの端に腰をかけ、足を組みながら悠然とタバコをすい始めた。
これは、一体どう言う事なのか?ベッドの中での甘い抱擁を期待していた私の
頭は激しく混乱してきた。強姦などという行為がセックスのプレイに成る等と言うことは、
若い頃の私の知識にも感覚にもまったく無いことで、この女はもしかしたら病気か変態
か何かだろうかと、思ってしまった。

まあ、変態の一種なのだろうが、今の時代からすれば特別奇抜なプレイでも
無いのかも知れないが、時代が時代だし、しかも童貞で女性経験もない
私にとってはもう、思いも寄らないことであった。

それに、こんなにも綺麗で洗練された女の中にそういう歪んだ欲望が
渦巻いて居るなんて、考えたくも無かった。あくまでも甘く優しいセックスこそ
この年上の女に相応しい、と。そしてそういうセックスが出来るように成る事こそが、
自分が一人前の男になることだ、というのが当時の私が思い描いていたセックスだった。

ベッドの中で呆然としている私に対して女は、
「だから私は、あばずれだって言ったでしょう」
「そんなこと、ないです」
「いいえ、私は普通のセックスじゃ物足りないの。地獄に堕ちるようなセックスがしたいのよ」
「どうして、そんなふうに考えるんですか。貴女みたいに綺麗な人が・・・」
「綺麗なものですか。私もう三十二よ。十八、十九の頃に比べたら、
 ちっとも綺麗じゃないわ。それに、これから益々みっともないおばさんに成ってゆくのよ。
 わたしくらいの年齢の女に成るとねえ、綺麗だって言われて
 喜んでいられるほどのん気じゃないのよ」
  1. マゾ女の誘惑
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

マゾ女の誘惑。其の四

◇倒錯の悦楽
m31
世間ではよく、本物のサド男と本物のマゾ女では却ってウマが合わないと言われてる。
サド男は、嫌がる女を無理矢理犯すところに快感があるのだと思うが、
マゾ女は無理矢理犯される事はちっとも嫌じゃない。男であれ女であれ、
サディストは自分を憎んだり軽蔑したりする相手に復讐しようとする気持ちが強く、
マゾヒストは、相手よりも自分自身に復讐しようとしている。
あるいは、復讐されたがっている。
いずれにせよ日本人に本格的なサディストが少ないのは、
農耕民族で連帯意識が強く他人に憎まれたり、
蔑まれたりすることが少ないからだと思われる。

彼女がマゾヒストに成った事は、きっと何かの決定的なセックスの体験が有ったのだろう。
まあ成るべくして成ったという性格的なものの方が強いはずだ。
そういう言う事が50年も前の若造の私が意識していた訳ではないが、
彼女にそれを教え込んだ男よりも、彼女自身が持っている何か深い哀しみの様な
ものが知りたいと思っていた。

しかし、そんなに男に虐められたいのならやってやろうじゃないか、という気分だった。
私のため、と言うより、彼女自身がそれを歓ぶのなら、やるより他無いだろうと思った。
私は、益々彼女を好きになり掛けていたのだから。

これ程の美人なのだから、一夜かぎりしか相手にして貰えないのは仕方ないが、
とにかく、この夜だけは頑張って虐め抜いてやろう、と決心した。

私はアームロックの腕を離し、その代わり背中を蹴ってベッドから床に転げ落とした。
そして仰向けに横たわった彼女の上に立ち、
足の裏でそのたわわな乳房を踏みつけてやった。彼女は、うっとりと目を閉じ、
「あーん」と、甘い声を出して喘いだ。

「とにかく、名前だけは教えて貰いたいな。知らないことには、虐め甲斐がないよ」
「奥田小夜子、よ」
「ふうん、本当か嘘か知らないけれど、如何にもマゾ女らしい名前だな」
「ほんとうよ」
「まあ、どっちでもいいよ。とにかく小夜子さんだな」
「小夜子、て呼んで」
  1. マゾ女の誘惑
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

マゾ女の誘惑。其の五

◇女の欲情の匂い
田舎から来た娘14
そのあいだに、何度小夜子の頬を打ちつけた事だろう。
頬だけでなく、その白くたわわな尻を高く持ち上げた形で四つん這いにさせたり
仰向けにして二つ折りにしたりして、打ち付けていったりもした5。
「男に尻の穴を見られて、惨めだとは思わないのか?」
「思うわ。ああ、わた
00しもう・・・」
尻をぶるぶる震わせて喘いでいる。
「うんちが出る穴なんだぞ。どれ、舐めてあげようか」
「いや、だめ 、あああ・・・」

私は足を投げ出して座り、小夜子の背中が私の腹にくっ付いている形で
二つ折りにしたわけで、小夜子にすればかなり窮屈な姿勢のはずで、
私の方は手を前にまわして乳房をぐいとつかんだりしながら、
かなりしつこくその姿勢を続けた。

秘裂を舐めたのも、其の時だった。
小夜子のそれは、両端のどての部分がぷっくりと盛り上がっているものだから、
小陰唇は割れ目の中に半分めりこんだようになっていた。しかし引っ張り上げると、
それは、カーテンの裾の様に薄くてとても複雑にねじくれていた。
愛液の粘り気はそう強くも無かっが、其の分量が多く、泉から湧き出てくるのが判った。

それにしても小夜子のオマンコの匂いは発情した雌の匂いそのものだった。
私の数少ない60年の性体験ではあるが、あんなイヤらしい匂いのするオマンコは、
後にも先にも初めての匂いだった。まぁ人それぞれ好みの問題はあるだろうから、
私にとって、という事だけのことかもしれないが、いかにも女が欲情している匂いだ、
とそのとき私は感じたのである。

それをひとしきり嘗めすすると、
「おねがい、もう入れて」と訴えてきた。
「マゾ女でも、入れられたいのか。ぶたれたり蹴られたりしたいだけじゃないのか」
「そうよ。最後はやっぱり、入れて欲しいわ。もうなんだか、痒くてたまらないの」
「ビラビラの内側が、真っ赤になってるものな」
「言わないで」
「痒いだけで入れてくれなんて、しかしそれではぼくをバカにしてるんじゃないか。
 ボクはただの道具なのか?」

  1. マゾ女の誘惑
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.