PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

色あせたハンカチ。其の一

~心に傷を残した日~
色あせたハンカチ01
昭和35年の秋。二十歳になったばかりの私は、旅館の布団部屋に潜り込んで
こっそりと午睡をむさぼっていた。
廊下を往き来する女中たちの足音が、何時になくバタついている。

どんなに忙しい時でも、足音を立てずに歩くことが、私の母である女将によって厳しく
躾けられて居た筈なのに、足音で眠りを中断された私は、布団部屋でサボって居た事を
棚に上げて、一言注意してやろうと不機嫌な顔をしたまま廊下に出た。

「若旦那さん、今まで何をしてたんです」
私の姿を見つけた女中頭の高木が、血相を変えてすっ飛んで来た。
そして他の客の耳を気にしたのか、私の半纏の裾を引くと、
「奈津ちゃんが、無くなったのに・・・」
と、小声だがはっきりとした口調で、私を責めるように言った。

その言葉は私から眠気を、一気に追いやってしまったばかりか、暗がりの中で
金槌で思い切り、後頭部を殴りつけられたような衝撃さえを感じさせていた。
「奈津が・・・嘘だろう。昨日はあんなに元気だったじゃないか」
「しっかりして、奈津ちゃん自殺したのよ。
 小松橋から身を投げたって電話が、少し前に入ったの」
「ヘヘッ、高木さん冗談うまいや。
 いつもオレ、サボってばかりいるから懲らしめたいだけなんだろう」
「そうなんだって言ってあげたいけど、いい若旦那さん、
 これは現実なの。早く行っておあげなさい」

私は高木の言葉を、呆然と聞いていた。
小松橋というのは旅館から二キロほど離れた所にある。
渓谷に架けられている小さな吊り橋である。川面から橋までの高さは20メートルは
ゆうに有って河原には大人の一抱えほどもある大石が、至る所にゴロゴロと転がっている。
そこから落ちれば、人間なんてひとたまりもない。無残な屍を人目に晒すだけである。

(どうして奈津が、死ななければならないんだ。自殺などもってのほかだ)
心の中で叫びながら、私は小松橋の袂まで全力で駆け続けた。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色あせたハンカチ。其の二

~スケベな道祖神~
色あせたハンカチ04
私が高校を卒業した後、家業の旅館を継ぐために手伝いをしていた。
もっとも旅館の一人息子で放蕩で育てられていたから、本気で継ぐ心積もりもない、
町に出て就職するよりは、両親の元に居て旅館を手伝う真似事でもして、
若旦那さんと呼ばれていた方が、居心地がいいと単純に考えただけの結果だった。

奈津は毎年、夏休みや冬休みに成ると、決まってアルバイトで旅館の手伝いを
していた。旅館は天然の温泉が出て、風光明媚な自然環境に恵まれているため、
曽祖父の代から続き、多くの客で賑わう。
美人で年若い奈津は、いつも客の人気を一人占めにしていた。

村外れにある鎮守様の夏祭りの日のことだった。その日の旅館は、
泊り客ばかりではなく、温泉に浸りに来る近在の人達でごったがえしていた。
夏のうちで最も忙しい書き入れ時だが、朝から響いて来る太鼓や笛の音を
聞いていると、それだけで若い血が騒いでくる。
自然に居ても立っても居られなくなり、私は強引に奈津を誘ってしまった。

「仕事はもう良いから、さっさと鎮守様に繰り出そうぜ」
「何言ってるのよ。そんな事をしたら、また、女将さんに叱られるわよ」
「叱られるなんて、屁とも思っちゃ居ないさ。こっちは叱られる事には、
 慣らされちゃつてるんだ。いいから、そんなもん放っぽらかして行こうぜ」
「でも・・・他の人にも悪いわ。雅さん一人で行けばいいのに」
「祭りに男が一人でかよ?そんなら行かない方がましだよ。
 奈津ちゃんと一緒に行くから楽しいんだぜ。
 それとも、他の女の子を誘って行っても構わないかい?」
「駄々っ子みたいな事言わないで。いいわ、女将さんに叱って貰うからね」

奈津は膨れ面をして私を睨むと、踵を返して母に言いつけに行った。
すると間もなく、母が私の部屋に入って来た。その背中に奈津は隠れながら顔だけ出すと、
茶目っ気たっぷりに舌をだしてアカンベーをしてみせる。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色あせたハンカチ。其の三

~初体験は愛する人と!~
色あせたハンカチ07
私が初めて女性を知ったのは、高校生になって間もなくの事だった。
先輩に連れられて隣り町にまだ残っていた女郎屋に行って、体験したのである。

相手の女性は四十を過ぎた戦争未亡人で、部屋に入るとすぐ私のズボンを脱がせてくれ、
洗面器に溜めて有った水でチョンチョンとチンポを洗った後、座布団の上にゴロッと
横に成ってスカートを捲り上げた。その下はノーパンで、ブョブョとした白い下腹部に、
モジャモジャとした毛がいかにも猥褻に繁っていた。

「早く入れて・・・時間がないから・・・」
厚化粧の顔に媚びた表情を浮かべて急がせる。期待していたムードも、
情緒も欠片ほどもなく、其ればかりか薄汚い印象でしかない。
それでも性欲は勝手に膨れ上がってくる。私は夢中で女の体を抱き寄せ、
痛いくらい張り詰めて高まったチンポを女体に挿入していったのだった。

終わってから初体験をしたという、感激は微塵も感じる事は出来なかった。
むしろ、こんなにも味も素っ気もない初体験なら、千擦りのほうが数倍も気持ち良く、
気分的にも楽しかったという虚しい虚脱感だけが残った。

初体験は愛する奈津とするべきだったと、その時に成って初めて後悔した。
もっとも幼馴染の奈津を、本当に愛していたかどうか判らない。
それは性を意識し始めた頃からの、淡い願望だった。

始めにセックスありきで、奈津とならその後も愛を育む事が出来ると信じて居たのだ。
結局は、誘惑に勝てずに、つまらない童貞の捨て方をしてしまったのだが・・・。

「さあ、お立ち合い・・・」
一際大きな声で、私はふと我に返った。羽織、袴姿の香具師が、抜く身の日本刀で
懐紙を「二枚が四枚、四枚が八枚」と切っている。
例の『ガマの油売り』の流れるような口上だ。奈津も興味を魅かれたらしい。
足を止めると、その声に誘い込まれたように、身じろぎもせず香具師の一挙手一投足に
熱い視線を注いでいた。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色あせたハンカチ。其の四

~雨上がりの戯れ~
色あせたハンカチ10
「コラッ、騙したのね、最初から痛くなかったんでしょ。意地悪ね」
奈津は私の体を畳の上に転がした。そして奈津もバランスをくずし、
折り重なるように体を預けて来た。しかし、それは一瞬のことだった。
畳の上で抱き合うような形になり、奈津は恥ずかしさで顔をパッと赤く染めると、
あわてて体を離してそのまま後ろを向いてしまったのである。

私の腕に濡れたワンピースの感触と共に、胸の柔らかな膨らみがはっきりと灼け付きついて、
それまで眠っていた男を呼び醒ました。
「ごめん奈津ちゃん」

声がかすれて、ソッと奈津の肩を抱いた。
「好きだから、大好きだから・・・子供みたいに意地悪したくなるんだ。ごめんよ」
奈津は何も言わなかった。沈黙が私の胸を痛いほど締め付けてくる。

「奈津ちゃん、オレが嫌いなの?」
「そうじゃないわ」
小さな声だったが、肩が小刻みに震えている。雨で濡れた寒さのせいばかりではない。
「そうじゃないけど、雅さん女の人にモテるもの。私なんか・・・」
「オレは奈津ちゃんしか目に入らない。ずっと、子供の頃から思い続けていたんだ」
「嘘よ、恋に恋してるだけだわ」
「違うって・・・愛してると断言できるよ、奈津ちゃんが卒業したら結婚しょう。
 オレ、真面目に働くから」
「それ、本気なの?」
「ああ、本気だとも」
「雅さんがそう言ってくれるだけで、嘘でも嬉しいわ・・・私を抱いて」

奈津は背中を向けたまま、私の胸に寄り掛かって来た。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色あせたハンカチ。其の五

~あなたの女になりたい~
色あせたハンカチ12
奈津の体を抱いて、背中まで伸びた髪を肩から胸の方に指先で移し、
現れた白い顎にソッと顔を埋めた。短い後れ毛が、鼻孔を刺激してくる。
「そのままでいて」奈津は体を硬くして、くぐもった小さな声で言った。

私たちの服は、土砂降りの雨でズブ濡れになっていたせいか、抱き締めると、
それまで冷え切っていた体が、次第に熱を持って来るのが伝わって来た。
「雅さんはもう経験があるの?」
「どう言うこと?」
「どうって、あの、道祖神がしていたような事」
「まだ、してない。どうしてそんなことを」
「ただ知りたかっただけ」
「奈津ちゃんは?」
「雅さんの初めての・・・女になりたいの」

奈津は私から体を離すと、向かい合って座った。そして純粋で曇りのない瞳を、
正面からぶつけてきた。
「うんと優しくしてね」
目を閉じて、キスを待つように顎を心持上向けてきた。白くて滑らかな喉が、
眩しく光って見える。
「愛してる、本当に愛してるよ」

私は奈津を抱き締め、固く閉じられた可憐な唇に唇を重ね合わせた。
奈津の唇は柔らかくてポッテリとした肉質をしている。優しくついばむ様に吸いながら、
唇の合わせ目を舌の先でなぞっていった。

「む、むっ、ふぅーっ」
奈津は私の胸を押し返して、唇を離した。
キスをしている間奈津はずっと息を止めていたのか、
息苦しさにとうとう我慢ができなくなったらしい。

「キスって、こんなに苦しいものだったの」
と、肩で荒い息をしながら、頬を上気させて言った。
「ふふふ、奈津ちゃん、キスをしている時は、鼻で息をすればいいんだよ」
「だって・・・もういいわ。そんなふうに言うなら、もうしてあげないから、もうしてあげないから」
奈津ははにかんでスネて見せた。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色あせたハンカチ。其の六

~愛した人は今はなく~
色あせたハンカチ15
私は奈津の手を取って、パンッの中に導いてチンポを握らせた。
すると奈津はじっとチンポを握ったまま、如何すればいいのか判らずにいる。
私は内腿に力を込めて、チンポに力を送り込んだ。

「動いてる。ピクピクしてる」
奈津は目を閉じたまま湿った声をだした。
私は奈津の体を抱き締めた侭、キスを交わし、乳房を愛撫していた手を、
ゆっくりと下腹部へと滑らせていった。腰を締め付けたパンティのゴムに、指先が掛かる。
其の侭中に滑り込ませると、すぐに指先は、ザラリとした陰毛の感触をとらえる。

「乱暴にしないで・・・」
「何も心配はいらない。愛してるよ」
私は陰毛を掌で覆い、ソッと押し潰した。その拍子にズボッと指先がぬかるみに埋もれた。
溶け込んでしまうかと思うほど、柔らかなオマンコは熱い蜜にまみれている。
「あっ、ああーん」
奈津の体が大きく仰け反り、私の背中に爪が食い込んできた。

私はパンティをゆで卵の殻を剥くように、お尻の方から脱がし、
そのまま足首に向けて滑らせた。
奈津は脱がせ易いようにピクンと腰を浮かせて呉れたのでパンティは容易に下に落ちた。
再び股間に手を這わせて、クリトリスを探り出して指先ではじき、転がしてみた。
すると、次第に奈津の吐息が乱れ、やがてそれは、切れ切れの喘ぎ声に変わっていった。

奈津の喘ぎ声は、私の官能を激しく煽りたてる。尾?骨からチンポにかけ、
快感が大きな塊に成って突き上げてくる。気持が早く一つに成りたいと急いでいるので、
丁寧な愛撫をする余裕を失っていた。

私は体を重ね、奈津の腋の下に両肘を突いて、両腕を抱え込んだ。
そして、一方の手を外して、チンポを支えながらソノ先端で小陰唇を押し開いていった。
徐々に腰をせり出すと、チンポはオマンコの押し戻そうとする抵抗に遭い、
弓なりに反り返る。
  1. 色あせたハンカチ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.