PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

消えた夫と支えてくれた男。其の一

◇放浪癖を持つ夫◇
消えた夫と・・・1-1
いまを遡ること、五十年近く前の話になります。
当時、私も花も恥らう、二十歳そこそこのおぼこ娘でした。
女学校を出て、実家の家事手伝いをしていましたが、
「美代子、おまえもそろそろ嫁に行け。柳沢の家からも、
  早く美代子を寄こせと矢の催促だ。来月、祝言を挙げる事にしたからな。
 そのつもりで、準備をしとけ」

父の命令で、気楽な独身生活に別れを告げなければ成らなくなったのです。
相手の男性は柳沢孝文(仮名)、私より三歳年上、
東北地方のリンゴ農家の長男でした。

孝文は、親同士が決めた許婚でした。何でも、私が生まれてまもなく、
父は孝文の父に私を柳沢家の長男の嫁にくれると約束したそうです。
考えてみれば、ひどい人権蹂躙の約束です。今の人には考えられない事でしょう。
しかし昔は、娘は親の決めた事には逆らえませんでした。

ですから、私はいずれ自分は見も知らない柳沢孝文という男の妻になるのだ、
と小さい頃からずっと覚悟していました。親同士が決めた相手と結婚することに、
何の疑問も抱いていなかったのです。そして、いよいよ嫁入りの日がやって来ました。

(顔は、まあまあってとこかな、いい男とはいかないけれど、仕方ないなァ)
祝言当日、私は角隠しの下から新郎を控えめに観察していました。
その日から私の夫となった柳沢孝文は村田英雄に、ほんの少しだけ似た、
眉毛の濃い男らしい風貌の人でした。

柳沢家は、私達若夫婦の他に舅と姑、孝文には妹が居ましたが、
既に他家へ嫁いでいたので、一家四人総出でリンゴ農園を
切り盛りしていかねば成りませんでした。
商家に育った私にとって、野良仕事はかなりしんどいものでした。

しかし農家の嫁として嫁いできたからには、一日も早く婚家の仕事、
しきたりに馴染まなければなりませんでした。自分で言うのもなんですが、
私はそれはそれは努力しました。

農家の仕事は大変でしたが、救いは舅と姑が優しかったことです。
私が舅の友人の娘だった事もあるのでしょうが、舅も姑もそれは私に良くして呉れました。
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えた夫と支えてくれた男。其の二

◇出稼ぎ前夜の激しい契り◇
消えた夫と・・・2-1
「オラ、東京さ行くだよ。なーに、心配はいらねえ。
 ここら辺りの男ら、みーんな東京さ出稼ぎに行ってるでねえか。
 オヤジは死ぬわ、凶作だわじゃ、出稼ぎしかねえだよ」
夫には、どこかウキウキした様子が見受けられました。

「東京かァ。オラ、生まれてから、いっぺんも行った事がねえ。
 鼻の東京で、うんと稼いでくるからよ」
明らかに、夫は放浪癖が刺激されていたようでした。私は、不安で堪りませんでした。

いよいよ、夫が明日、東京へ旅立つと言う前の晩でした。
すべてのお膳立てが揃った状況になっても、私はまだ夫が出稼ぎに行くのに反対でした。
「ねぇ、あんた。東京なんかへ行って、本当に大丈夫なの?」
「あったりめえじゃねえか。きっちり仕送りしてやるから、心配すんなァ」
「そんなこと言ったって、あんたは糸の切れたタコみたいになっちまうんじゃないの?」
「バカだなァ、美代子は。オラが可愛いおめえを捨てて、行方知れずになるわけなかんべ」
布団の中で、夫は私を抱き寄せました。

「今夜限りで、いつおめえを抱けるか判んねえのが淋しいやな。
 しかし、オラ、絶対浮気なんかしねえ。おまえもすんなよ」
「やだァ、あんた。私がそんなことするわけないでしょ」

夫の手が、寝間着の合わせを乱暴にこじ開けました。
とたん、下腹がジンと過敏に反応してしまいました。
まっさらな体で結婚した私ですが、三年の夫婦生活を経て、
成熟した女の歓びと言うものに目覚め始めていた時期でした。

「ああっ、あ、あんたァ、絶対、春には帰ってきてよォ」
「わかってるって。ちょつとの辛抱だべよ。それより今夜こそ、子種を仕込んでやるべ!」
夫の手で激しく乳房を揉みしだかれると、すぐ向かいの部屋に姑が寝ているというのに、
私は嗚咽を堪える事が出来ませんでした。それどころか、もう片方の手が下腹に入るや、
「あっ、あひィィ、い、いいよ、気持ちいいよォ!」

露骨な歓喜の言葉さえ迸り出てしまう始末でした。
快感は、もうどうにも止めようがありませんでした。
指が割れ目を掻い潜ると、愉悦は益々荒れ狂いました。
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えた夫と支えてくれた男。其の三

◇夫の蒸発◇
消えた夫と・・・3-1
最初の悪い予感が、的中してしまいました。
夫を信じたい、信じようと言う私の気持ちは見事に裏切られてしまったのです。
東京の建設現場で働いている筈の夫から、きちんと仕送りや便りがあったのは、
初めの二ヶ月だけでした。

「孝文は、いったいどうしまっただべえか、美代子・・・」
「いろいろ連絡を取って貰ってはいるんだけど、判らねえだよ、義母ちゃん」
私も姑もやせ細るほど、行方知れずに成ってしまった夫を心配しましたが、
一向に埒は明きませんでした。私たちは、働き手を失って途方にくれるばかりでした。

「義母ちゃん、私、東京に行って、うちの人を探してくる」
ついに私は単身、東京へ乗り込みましたが、それも徒労に終わっただけでした。
広い広い東京で、夫を探すなどははなから無謀な事だったのです。

飯場の人の言う事には、夫は暫く真面目に働いていたものの、
三ヶ月目にふいっと現場から消えてしまったのだそうです。
同僚の誰も、夫の行き先を知る人はいませんでした。

「まったく、孝文はどこサ行っちまったのか。無事でいるだか。
 まったく、あの風来坊の役立たず、可愛い嫁っこと年寄りを置き去りにして!」
「仕方ねえよ、義母ちゃん。私たちだけで、何とかやるしかないよ」
「ンなこと言ったって、美代子、女二人で農園を切り盛り出来るほど甘かねえよ」
「でも、なんもしないで手を拱いていても、おまんまが食えねえよ」

私たちには、選択の余地がありませんでした。他に収入を得る手立てが有る訳でもなく、
私と姑は女の細腕四本でリンゴ園をやっていくしかなかったのです。
無理は、承知の上でした。若い私が、主に農作業をいそしむ事となりました。

しかし、予想以上に農作業はきついものでした。私は一ヶ月もしないうちに、
音を上げてしまいました。けれども、捨てる神あれば拾う神あり、だったのです。
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えた夫と支えてくれた男。其の四

◇スリコギのごとき巨根◇
消えた夫と・・・4-1
「ああっ、恭さんっ、そ、そんなことォ、ダメだァ!」
外では小雪が舞い散っていましたが、納屋の中は熟れた空気が充満して、
淫靡な熱気に包まれていました。もんぺの中に手を突っ込まれ、
私の性感はもはや陥落寸前でした。

ダメよイヤよと抗う演技をつづけていましたが、下腹はもうグズグズでした。
久しぶりに男の肌に触れただけで、性感がどうしょうもなく昂ぶっていたのです。
大田に言われるまでもなく、私だって暖かい血の通った女なのです。
それで無くとも新婚言っていい、性の歓びに目覚めはじめた時分に夫に捨てられて、
肉体はヘビの生殺し状態でした。

「そっだらこと言ったってェ、美代ちゃん、もうグッチョリ濡れてるでねえか!」
「あひいいいっ、い、いけないよォ、恭さん、そ、それはっ、それはっ」
と言いながらも、私は控えめに腰を振り始めていました。
じかにワレメを弄られ、もう気分は天国にさまよっているかのようでした。
飢えに飢えていたカラダは、大田の指使いを大歓迎していました。
まったく、カラダは現金で正直でした。

「恥かしがるこたねえだよ、美代ちゃん。オラ、嬉しいだ!」
私の反応に気をよくした大田は、益々張り切って指を蠢かしました。
過敏な肉粒を指の腹でころころ転がす絶妙な愛撫に、私はグウの音もでませんでした。
「あああーっ、どうしょう、私っ、き、気が、気がァ・・・」

頭の中が、ボーッと霞んでゆきました。相変わらず姑が大音量でラジオを鳴らしていましたが、
私にはもう何も聞こえませんでした。私の意識は、すべてワレメに集中していたのです。
しばらくクリクリと肉芽を捏ね回していた大田でしたが、
「あっはあーっ、ひーっ」
突然もんぺと下着をずり下げると、おもむろにワレメに吸い付いてきたのです。
それはそれは、天まで昇るかと思うような快さでした。

「い、い、いいよォ、気持ちいいよォ、恭さん、あうううう!」
大声を張り上げずには居られませんでした。しかしラジオの音響のお陰で、
母屋まで聞こえる心配はありませんでした。思い切り、快美を叫ぶことができました。

「汁っこが一杯出てるだよ。何て、うめえべっちょだんべ!」
ジュルジュルとイヤらしい音をたてて、大田は私の柔肉を盛んに啜り込んでいました。
その大胆な舌使いに、私の性感はいよいよ煽り立てられてゆくばかりでした。

夫がいなくなってから舐めつづけねば成らなかった、
辛酸やら寂しさやらが、一気に解けてゆくような快感でした。
私の頭の中には、すでに夫の影など存在していませんでした。
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えた夫と支えてくれた男。其の五

◇三年ぶりの夫の帰宅◇
消えた夫と・・・5-1
一度男と女の関係になってしまってからはもう、歯止めが利かなくなりました。
毎日の様に催して来ると畑の窪地や、田圃の畦道でも互いのカラダを
弄りあい嵌め合っていました。
私たちの間には世間体以外、何も阻むものはありませんでした。
私と大田は、事実上の夫婦でした。狭い村の事ですので、
私たちの事は直ぐに噂になりました。当然、姑も私たちの関係に気づいていました。

「所詮、男と女だ。美代子も女盛りだし、恭さんも男ヤモメだしな。
 そっだらことになっちまってもしょうがあんめえな。すべては、孝文の不徳のせいだァ」
姑も、諦めていたようでした。大田のお陰で家業が何とか成り立っている現状では
大田に手を引かれたら家業が成り立ちません。第一、夫が蒸発しなければ、
私と大田が親密になる事もなかったのですから、
姑も私たちに文句の一つも言えなかったのでしょう。

昔は、姓に対するモラルが一般的には厳しかったものですが、農村に関しては
あながちそうとばかりは言い切れませんでした。
田舎は、特に私が住んでいた村は、男が都会へ出稼ぎに行くのが当たり前で、
半年や一年近くも夫が帰らない家は当たり前でした。嫁は農家の働き手として、
年老いた両親の面倒を見させる為にも嫁の性欲処理の為の少々の我侭には
目を瞑っているが普通でした。

ですから、私と大田の関係も人の口には上っていたようですが、
あからさまに非難されたり、村八分になったりする事はありませんでした。
それどころか、夫に蒸発された私は同情されていましたし、
私と姑を助けている大田も村人から好意的な目でみられていたのです。

悪口を言われていたのは、むしろ無責任な夫の方でした。
しかし、さすがに夫がいなくなって三年近くになると、
「はるさんとこの孝文ゃ、どっかでのたれ死んどるかもしんねえな」
「ああ、まったく親不孝な息子を持ったモンだ。親より先に死んじまうとはな」

村人はおろか、姑でさえ夫の事を半分、死んでしまった者として考える様に成りました。
もはや夫が帰って来る等、誰も信じていませんでした。
「しかし、オラ、美代子に申し訳なくってよォ。
 若い身空の美代子を、飼い殺しにしているような気がするだよ。
 だけんど、何でも人は行方不明になって七年経たねえと、
 死んだ事にはならねえんだと、美代子、おまえ、一日も早く自由になりてえだんべ?」
「いいのよ。義母ちゃん。とても義母ちゃんを一人にはして置けないもん」
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えた夫と支えてくれた男。其の六

◇過ぎて見れば総て思いで◇
消えた夫と・・・6-1
私としてもやはり、同じ日に男をハシゴするというふしだらな行為に、
良心の呵責をかんじない訳にはいきませんでした。
太田を受け容れたあとのカラダですぐ、夫とセックスをする事に、
どうしても強い抵抗を禁じ得なかったのです。しかし、
「構うもんか、オラたちは夫婦だっ。誰に、何はばかることはねえ!」

夫の暴走は、もう止まりませんでした。畳の上に私を俯せに抑え付け無理矢理、
寝間着と下着を毟り取ったのです。こうなるともはや、どうにも手がつけられませんでした。
「ええか、美代子。おめえは、オラの女房だぞ。そのことを忘れちゃなんねえだっ」
「わ、判ってるって、あんたっ。だから、乱暴はやめてくれェ」

しかし、夫は荒れ狂うばかりでした。尻たぶの狭間からワレメに指を突っ込んで、
荒々しく柔肉を擦りたてはじめました。本当に、酷な愛撫でした。
「あっ、あんたァ、痛いよォ、ヒリヒリするよォ」

恐ろしさが先に立って、なかなか濡れて来ませんでした。
行き場の無い嫉妬を叩きつける様にして、夫はワレメをに引っ掻き回していました。
「ああーっ、ひいいーっ、あ、あんたァ!」

けれども、いつしか私の性感も夫の荒っぽい愛撫に掻き乱されていました。
生まれつき多淫なサガなのでしょうか、強姦同然に始まったセックスでしたが、
乱暴に扱われる事によって、私のカラダは知らず知らず倒錯した歓びに
埋め尽くされていったのです。

「イヤだイヤだと口では抜かしても、ココはこんなに垂れ流してるでねえかっ、
 このインラン女めっ」
指で責められ言葉で嬲られるうち、性感が益々燃え昂ぶってきました。
子宮が熱く火照って、瞬く間に私は歓喜の頂点に突き上げられようとしていたのです。

「そろそろ突っ込んでほしいんだべっ。べっちょが、そう喚いてるどっ」
と、夫はリンリンと怒張したものを後ろからワレメに宛がい、
一気に腰を打ち入れてきたのです。瞬間、目のまえが真っ白に染まりました。
「あひいいいーっ、い、いいよ、いっぱいだよ、あんたァァ・・・」

尻タブのあいだから太い焼け火箸を突き入れられ、グリグリ攪拌されて居るかの様でした。
荒削りなその律動は、忽ち私を絶頂の極みへと押し上げていったのです。
  1. 消えた夫と支えてくれた男。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.