PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

開拓耕地にそそり立つ楡(にれ)の木。其の一

◇母と三人で◇
北の大地で1-1
私は北海道北部の谷間の開拓地で、13戸の人々と共に育った。
私は四人姉弟の末っ子で、母は私を生んだ後、
婦人科疾患で若い身体で不妊の身と成った。

当時の子供達は学校から帰ると遊ぶ事が仕事で、
三歳上の姉と近所の子供達が集まって日が落ちるまで遊んだ。
大人の居ない場所の物置や干草の陰でお医者さんごっこをして遊んだ。
私はお医者さんごっことは女の子のオマンコを舐める事だと思っていた。

だがそれは、姉が遊び仲間のリーダー格になって、
男の子に女の子のオマンコを舐めさせるルールを作ったのである。
確かな記憶は無いが小学二年生頃から姉を含め、
女の子達は私を「ナメちゃん」と呼んで可愛がってくれた。

私は狭いオマンコの穴に無理矢理指を突っ込んだり、
チンポを挿入するような真似はせず、「もういいよ」と言うまで舐め続けていた。
また貧しい時代の少女にありがちな何日も風呂にも入らず手入れの悪い
オマンコのチーズ臭も気にせず、文句も言わずに舐めたので、
女の子は安心して私の前で股を拡げて舐めさせていた。

舐められた事の無い女の子も、姉がスカートを捲くり股を拡げて、
私に舐めさせているのを見て、私も、と言って自分からスカートを捲くって、
股を拡げて舐めさせた。

小学五、六年生でも慣れて来ると気を遣って少量だがヌルヌルした粘液を
口の中に溢れさせる女の子もいた。姉も其の一人だった。
姉は五年生だったが、六年生の信子より処女孔が格段に大きく、
破れた処女膜のビラビラが捲くれかえっていた。
二年生の私の親指がスポスポ抜き差し出来た。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

開拓耕地にそそり立つ楡(にれ)の木。其の二

◇捨て鉢の心◇
北の大地で2-1
旧盆過ぎ、蒸し暑い夜があった。夜中に、息苦しさに目覚めた。
口と顔にザラザラした感触と、鼻孔を母の匂いがくすぐった。

ぼんやり冷め切れない頭の中で母のオマンコだと気が付いた。
母は左の脚を拡げ、右脚は膝をくの字に曲げて大開きしていた。
掛け布団は足元に押しやり、脱いだ着物を胸の辺りに僅かに乗せていた。

芯をしぼって壁に吊るした三分ランプの淡い光が母の白い肌の股を開いた
下半身を照らしていた。麦畑の中の母の放尿の光景が蘇った。
身体の中を得体の知れない悪魔が走り去った。

私は何の躊躇いもなく母のオマンコを裂け目にそって舐めあげた。
三回、五回、母の身体も動かないし寝息も乱れない。
慣れと落ち着きで、自分のペースで舌を動かした。

指を花弁に当て、左右に開いて舌を丸めて入口を突いた。
サネが硬くなって膨れた。私は口にサネを咥えて舌を絡ませて下側から舐めた。
一瞬、母の身体がビクッと動いて寝息が止まった。私は絡めた舌を離した。
母が何事も無かった様に再び安らかに寝息を立てていた。

私は又母のサネに舌を絡めて舐め、軽く甘咬みした。
「ウッ、ウウ~ッ」低く喉の奥で呻きを噛み締めていた。濡れが多くなり、
股間が小刻みに震え、ピチャピチャと舐める舌の音がとても淫猥だった。

寝息は止まって、「ウフ~ン」と切なそうな声と、「アハ~ン」とむせび泣くような声が
遠い地の底から伝わってくるように響いた。くの字の右脚が伸びて突っ張った。

私の口の中にネバネバした淫液が溢れたが口を離さず一息に飲み込んだ。
母は目覚めていると思ったが、拒まないので続けて舐めていた。
三十分ほど舐めていると、母の手が私の頭を引き上げるような仕草をした。

私は足許の掛け布団を引き上げて母と枕を並べた。仰臥していた母が、
くるっと私の方を向いて背中に手を回し、片脚で私の脚を絡め、
全身を引き寄せて抱しめた。母は感情の昂まりを押さえ切れなかったように
強く抱しめたまま、クックッと喉の奥ですすり泣いていた。
  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

開拓耕地にそそり立つ楡(にれ)の木。其の三

◇秋祭りの日◇
北の大地で3-1
私は浴衣の裾を捲くって母のオマンコを覗き見した。
愛撫の余韻か、肉溝が淫らに濡れていた。そのとき私の胸の中に如何にも抑え切れない
どす黒い欲望が、ムラムラと入道雲のように湧き上がって来た。
母でも姉でも身近に居る者なら犯したいと思った。母も私も下半身は何時も裸である。
私のチンポは鉄パイプのように硬く、先端は膨れ上がり熱く成っていた。
母の花弁を開いて覗いた。ピンク色の秘道の奥、二センチ余りの肉の塞がりに、
白く濁った淫液が溜っていた。

私は母に体重が掛からないように左腕で上体をささえ、右手でチンポを握って
母の割れ目に亀頭を当て、二、三度上下させて入口に潜らせ、
右手も突いて上体を固定した。

私は腰を突き出した。ゆっくりと、それは母の胎内深く潜り込んでいった。
根元まで沈んだ時先端にコリッとした硬いものが当った。
そのとき、何か生き物が群がっているように亀頭に吸い付いた。

私は、またゆっくりと後退させると膣壁が閉じるようにチンポを緊縛する。
入り口に雁首を残して再び没入させていった。四、五回往復させたとき、
「ウフ~ン」と甘ったるい声を出したが次の瞬間パッと母が目を開いた。

一瞬、母は自分の上に被さっている私の顔を見たが、
自分の体に何が起こっているのか判断できなかったらしい。
ポカーンとしている母の子宮を思いきり突き上げた。

母は初めて我が子とSEXしている事にきづいた。母は急に激しく抵抗した。
「お、お前、なにするのよ、親子だよ、血が混じる。
 サック、サックもないのに、出したらダメよ、出さないで~」
母は自分でも何を言ってるのか、頭の中が混乱しているらしく、
射精させまいと下から猛烈に突き放そうとした。

私は母の体にしがみついて、結合部が抜けないように押し付けていた。
二、三分が五分か、夢中に成って争っていた。背骨から脳に突き抜けるような
官能の閃光が走った。「オ、俺、出るう~」母にしがみついて叫んだ。
そしてチンポの先からジュルッ、ジュルッと精液が爆射した。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

開拓耕地にそそり立つ楡(にれ)の木。其の四

◇待望のサック◇
北の大地で4-1
楡の木が黄緑色の小花をつける季節になった。
中学には満足に登校出来なかったが、学期末テストだけで中学を卒業出来た。
逓信講習所電気科(高等学校卒と同等の資格が取れる工手学校)と役場職員の
試験に合格したが、家から通えないので行かなかった。

私の卒業を機に姉は希望の看護婦に成る為、札幌に出た。
私は母を守る為、田舎郵便局の臨時配達員を振り出しに造材山の人夫、
道路工事人夫、馬追い、何でも遣った。

二町八反の開拓耕地は小学三年生の時から広がる事は無かった。
母と二人で耕作し、日雇い仕事をして現金収入を得て、
中学を卒業した年の暮れに念願の布団綿と生地を買う事が出来た。
私のチンポはその頃には完全に皮も剥け一人前の道具に成って母を充たしていた。

五月、明け方の小鳥のさえずりを聞きながら、私は母の熟し切った身体を
只管に貪り続けていた。肉と肉の接点から喜悦の波が沸き上がり、
母も身悶えしながら、腰を突き出し、私の背中に爪を立てた。
私は寝ばなに母とSEXして、明け方の目覚めのSEXにまためくるめく
官能の世界にのめり込んでいった。

青年期には、都会に出て働かないかと奨める人も居たが、
母との肉の繋がりの生活を捨てる事は出来なかった。

SEXは母だけではなかった。お医者さんごっこの延長とナメちゃんの安心感で、
開拓地の娘達とは上級生下級生を問わず大抵SEXした。
信子ちゃんは、姉のところに遊びに来た日、
姉の部屋で二人のオマンコを舐めて気を遣らせた後、姉は、
「わたしは姉弟だから、血が混じるとお嫁に成る時困るの、
 近親者の精液が直接体内に入ると純潔な女でなくなるから、
 サックがあれば私の中で出させてもいいけど、
 信子ちゃん、今日、安全日って言ったよね、
 嫌でなかったら中で出させてあげてよ、お願いよ」
と言うと信子ちゃんは、
「いいわよ、いつも舐めてもらっているんだもの、お返ししなくちゃあね」
と仰臥して股を拡げ、気を遣ったばかりのオマンコの花弁を、指で開いた。
信子ちゃんは、「気持ちいいっ、いいっ」を連発しながら腰を突き上げていた。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

近親との性愛。其の一

先に書いた「開拓耕地にそそり立つ楡(にれ)の木」のバージョンⅡです。
北の大地で5-1
私が小学校に入学した頃、六年生の兄は野良仕事、四年生の姉は遊び仲間の
年長組で、遊びの折々にお医者さんごっこ大人顔負けの性戯に嵌っていた。
私は男子の年少組みで、姉や近所の年長組の女の子の股間を舐める役で、
近所の娘のモノは大抵舐めた。

ある日、兄と同級の六年生が遊びに来て仲間入りし、
勃起したチンポを姉にしゃぶらせていた。
姉は口一杯に頬張ってしゃぶっていたが大人半分ほどの大きなものであった。
六年生は姉に何か言うと、姉はチンポを口から離して立ち上がり、
私を連れて仲間から離れ、六年生と三人で、物置の干草の上に来て、横になり、
着物の裾を捲くり大股を開き、私に膜を舐めろと命令した。
言われるままに股間を左右に開いて舐め、梨の種のような小さく硬く成っている
サネを舌で転がし、甘咬みした。

そんな事を繰り返していると姉は腰を持ち上げ足を突っ張って嬉泣きした。
一息ついて奥を見ると、大人の指が楽々と入るほどの入口から液が滲み出していた。
姉ちゃんが気持ち良いんだと思うと、嬉しくなって、夢中に成って舐め続けた。
昂ぶってくると、傍で見ていた六年生が私を退かせてズボンを膝まで下げ、
姉の上に折り重なってチンポを突き立てたが、
角度か位置が違うのか滑って入らない。五、六回突き立てた時、
チンポの先端から白く濁った液がドバドバと姉の下腹に飛び散った。

ところが六年生のチンポは収縮せず硬い侭だった。
「痛いっ」姉の悲鳴に近い声がして、六年生の下から押し退けようと突き上げたが、
上体は反っても二人の股間は密着した侭離れなかった。
三回ほど揉み合う様にした後、六年生は立ち上ってズボンを引き上げ、
「痛くしてごめんな」と言って出ていった。

姉は股を開いたまま、一寸の間動かなかった。姉の股の中心は閉じて筋だけになり、
その筋から膨らみの辺りにドロリとした液が濡れ光っていた。
姉は着物の裾を掴むと性器を拭いた後右手で股間の膨らみを労わる様に撫で、
わたしの方を向くと、「ああ、痛かったなあ」とニコッと笑った。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

近親との性愛。其の二

北の大地で6-1
入浴は姉と一緒に入る事は無く、母とは時たま一緒に入る事が有った。
背中を流して前に回って私のものに石鹸をつけて洗ってくれる。
私も母の背中を流し座っている尻を浮かせると、母はスノコに手を付いて少し腰を上げる。
背中に湯をかけ、素手で背中から尻の方に撫で、肛門から前に指を二本、
母の股間にツルリと挿入する、母は腰を落とす。指が入ったままである。
指先を動かす。母が腰を動かすので抜く。
「このバカ、母さんの・・・」
そう言って軽く打つ真似をして嬉しそうに笑った。

その夜、布団の中で私のチンポは母の掌の中で痛いほど勃起していた。
母は少し上体を下げ、片手で母の乳房をグッと押し上げて乳首を咥えて吸った。
母は拒まずに吸引させ、手は器用にチンポ刺激する。
風呂で母のオマンコの中に指を入れた感触が甦って、急に衝き上げるものを感じる。
「母さん出そうだから」と言って母の手から離れようと腰を引く。

「出して良いよ、出しなさい、たくさん」と枕の下の手拭も出さずグ~ッと寄って
恥丘辺りを亀頭に押し付けて手を放さない。私は乳首から口を離し、
「母さんに掛かる、手拭い!」と言ったが、
母は黙って片脚を上げて、亀頭の先を自分の股間に埋めた。

母のザラザラした陰毛の感触と柔らかな温かい濡れた股間を亀頭に感じた時、
堪らずドバドバと射出した。
五、六回射精し、母の手を汚しながら少しづつ縮んでいく。
強く生臭く青臭い栗の花の匂いが布団に充満した。母は布団に顔を埋め動かない。
二分ほどして、枕の下の手拭を取り出し自分の股間を拭いていた。

二、三分してやっと布団から顔をだして、フーッと溜め息をついた。
母は何を考えて居るのだろう。私は不安で、何かいわなければ息が詰まりそうだった。
「母さん、汚してしまってゴメンなさい」
母は一言も発しない。
「母さんのオマンコまだ汚れてるでしょう、俺が拭いてやる」
無言の母に追い詰められた気分だった。
私は母の枕の下に手をのばし、手拭を取って、母の股間に手を伸ばした。
腿がピッタリ閉まっていたが、手で触れると、股の力を抜いてぐーっと拡げた。

下腹のふくらみから内腿の辺りを手で触った。拭いたらしく、そこは濡れていなかった。
一寸気後れしたが、母の股間に手を当てると、風呂場で触った時と同じで
股を開いたまま拒みもしない。北寄貝の舌の様なサネが硬くなって勃起し、
そこは溢れるほど濡れていた。それを手拭いで拭いた後、二本の裸の指で
掻き出す様に動かすと温かい液は次々に溢れて手を濡らした。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

近親との性愛。其の三

北の大地で7-1
姉の言葉に私は、「姉ちゃんとしてもいいの」と問い返した。
姉は横に成って寝間着の前を肌蹴、股を開いて手招きした。
私は姉の裸の体の上に重なって、両肘で上体を支えた。
姉はチンポを握って股間を二、三度上下させると中心に当てた。
「辰夫、腰に力入れて押しなさい」
ヌルッとした感触で抵抗なく根元まで入った。

亀頭の先端にコリッと固いものが当った。キューッと姉の膣壁が締め付けた。
ズルッと引き抜くと、押すかけるように膣の奥から何かが引っ張った。
あとは自分のいしでなく、腰が勝手に動いて抜き差しを続けて昂ぶっていった。
夢中だった。快感が全身を包み、三擦り半で射精と聞いていたが、
母の掌の中で刺激されたチンポは簡単には気が行かなかった。

姉も長く突き上げられて体が燃えるのか、下から腰を突き上げて応じ、
喘ぎながら荒い呼吸をしてヨガリ泣きした。
「辰夫、ワタシ~イク~ウ」
外人の片言みたいな声を出して全身を突っ張った。
生温かい物をチンポに感じた時、私も射出した。
本能的に力一杯姉の性器に腰を押し付けて、ビクッビクッと七、八回噴出した。
姉は感じるのかその度に身体をピクッと動かしていた。

姉も予想していなかったので枕元に紙の用意もしていない。
少し離れた所に手拭いが掛かっていた。
「姉ちゃん、おれ、手拭い取ってくるから」
そう言って姉の身体の中からズルリとチンポを抜いた。
閉じた股間からドロドロと液が流れ出ていた。
姉は口を半開きにして性交の陶酔から未だ覚めないのか、
股を開いたまま動かなかった。

手拭いで後始末をしたが、布団が少し濡れて記念の紋章が出来た。
一息してもう一度姉の膣に舌を這わせた。

一時間あまりして母屋に戻ると、母は布団の中で待っていた。
母の横に潜り込むと、何も言わず手を伸ばしてチンポを握り掌の中で弄りながら、
「辰夫、こういう時は、風呂の残り湯も温かいのだから、もう一度チンポ洗って
 布団の中に入って来るのが人間の礼儀っていうものだよ」
母は姉と性交して来た事を知っていた。

  1. 北の大地で
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.