PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

田舎から来た若い叔母。其の一

◇父の愛人の叔母がやって来た◇
若い叔母1-1
30年ほど前、東京の大学に合格し、群馬の田舎から上京、
夢と希望とそして不安の渦巻く独り暮らしが始まりました。内気な私は、
なかなか友達が出来ず、講義が終わるとすぐアパートに帰り。読書に耽ったものです。
其の一方、性欲に悩まされ、昼夜を問わずオナニーせずには居られませんでした。

そんな或る日、突然、叔母が訪ねて来ました。私が東京でちゃんと遣っているか
心配した父が、亡き母の妹の叔母に私の様子を見に越させた訳なのです。
実は叔母は父と愛人関係にありました。バツ一の叔母が私の実家に入り込み、
父から生活の面倒を見てもらっていたのです。

梅雨の最中の事でした。気分が滅入ってノイローゼ気味に成っていた私は、
叔母の訪問が嬉しくてたまらず、久々の会話に花を咲かせました。
「元気そうで何よりだわ。あたし、安心しちゃった」
叔母は優しく微笑み、故郷から持参した食材で手際よく料理を作ってくれました。

「あぁ、美味しい!叔母さんの手料理、何日ぶりだろう、やっぱりサイコーだよ」
「久雄ちゃん、ありがとう。来た甲斐があったわぁ」
涙もろい叔母の瞳は潤んでいました。
「叔母さん、どうしたの?」
「だって、凄く嬉しいんだもん・・・」
叔母は声を詰まらせ、涙に濡れた目で私を見つめました。

私は激しくそそられ、発作的に叔母に抱きつき、畳の上に押し倒してしまいました。
「久雄ちゃん、ダメよ、ダメ!あたし達は血の繋がった身内なのよぅ」
叔母は懸命にあがらいましたが、興奮しきっていた私は抑えがきかず、
スカートを捲り上げ、パンティをむしり取り、焦るようにペニスを露出して、
いきなり挿入しようとしました。

ところが女性経験の無い童貞の私には中々入口が探り当てられず、土手のあたりに
亀頭をぶっけているうちに急に舞い上がり、あっけなく体液をぶちまけてしまいました。
私は、叔母に酷い事をしてしまった申し訳なさと、挿入も出来ずに射精してしまった
情けなさに打ちひしがれ、無言のまま俯いていました。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

田舎から来た若い叔母。其の二

◇セックスに飢えていた叔母◇
若い叔母2-1
「あぁ、疲れちゃったわぁ」
叔母は口に手を当ててアクビをしました。
「群馬も近いようで遠いよね、朝早く出てて来たんでしょう?
 ボクのために、叔母さん、お疲れさま」

私は調子のいいことを言い、一組しかない布団を敷き、
そこに叔母を寝かせてやりました。そして、私は彼女から出来るだけ離れて、
といっても6畳一間しかないのでたいした距離ではないのですが、
畳の上に直接身体を横たえ、座布団を枕にしました。

叔母は直ぐに寝息をたて始めました。だけど私の目は冴えるばかりで、
おまけに股間のモノがいきり立ち、ズキズキと疼いてきました。
(ヤバイ!どうしょう!?)
眠っている叔母に襲い掛かりそうになりましたが、なんとか耐え、
千擦りを掻いて欲望を鎮めようとしました。

ところが、掻いているうちにどうしょうもないほど欲情してしまい、
ちょつとだけ触るくらいならいいかな、と虫のいいことを思い、叔母に接近し、
パジャマの上からそっと太股の辺りに触れて見ました。

叔母は相変わらず気持ちよさそうに眠っています。私は大胆になり、
股間にも手を伸ばし、暫くまさぐり、パジャマの中に手を忍ばせました。
ハッとせずにはいられませんでした。叔母はパンティを穿いていなかったのです。
(そうかぁ、さっき台所でオマンコを拭いた後、そのままパジャマを・・・)

私は先走りの淫液でカリ首をベチョベチョにしながら、ふっくらとした土手に
黒々と生い茂った陰毛を撫でさすり、さらに指を割れ目に這わせていきました。
ヌメッとした熱い粘膜が指先に絡みついてきました。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

田舎から来た若い叔母。其の三

◇火のついた三十路女の身体◇
若い叔母3-1
行為のあと、叔母は私にティッシュの箱を手渡し、
「久雄ちゃん、吹いてよぅ」
と、ねだりました。童貞喪失したばかりの私は戸惑い、オドオドしながら問いかけました。
「どこ、拭くの?」
「あ~ん、もう、そんなこといわせないでよぅ」
叔母は甘えるように声をふるわせ、股を大きく拡げて見せました。

(そうかぁ、ここかぁ・・・)
私はゴクリと生ツバを飲み干し、勢いよくティッシュを何枚も抜き取り、
それを割れ目の部分にあてがってゴシゴシとこすりました。

「やだぁ、もっと優しくしてよぅ」
叔母は腰をあからさまに浮かせて訴えました。
「叔母さん、ごめん・・・」
私は誤り、ゆっくりとソフトに陰部を拭いてやりました。

叔母は気持ちよさそうに喘ぎ、
「久雄ちゃん、初めての体験、どうだったぁ?」
と、問いかけてきました。

「メチャクチャ気持ちよかったよぅ。千擦り掻くより、百倍も気持ちよかったよぅ・・・」
「そう・・・そんなに気持ちよかったのぅ・・・それじゃ、もう一回、してみるぅ?
 今度は、叔母さんにも気持ち良くさせてよぅ」
「叔母さん・・・」
「どうしたのぅ?女を喜ばす自信ないのぅ?」
「そ、そんなこと、ないよぅ・・・」

私は呻くように言い、叔母の上に勢い良くかぶさりました。
彼女はとっさに手を伸ばし、ペニスを掴んで、
「やっぱり、もうこんなに成ってるわぁ、元気がいいのね、若いってすばらしいわぁ」
私は叔母の褒め言葉に乗せられ、嬉々として叔母に襲い掛かりました。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

田舎から来た若い叔母。其の四

◇帰郷を伸ばして交接狂い◇
若い叔母4-1
まるで木の棒に成ってしまったような、固く勃起したチンポから、体中の精液を
搾り取ろうとするかのように、グニュ、グニュッと蠢き、絡みつく肉襞が、
一層強く締まり、奥の方で起こった収縮運動が次第に膣全体に広がった途端、
睾丸の底に蠢いていた快感の渦が、一挙にグングンと快味を増して、
体全体に広がり、ついに目くるめく快感の塊になって、ガーンと脳天を直撃した瞬間、
私は全身の力をチンポに集めると、待ち受けている子宮目掛けてドバッ、ドバッと
煮えたぎるような精液を目一杯弾き込んで果てたのでした。

それを受けて、叔母も腰を持ち上げ、ヒク、ヒクとオマンコを蠢かしたが、
最早それ以上は体が思うに任せない様子でした。
私も余りの気持ち快さに力が抜けて、そのまま叔母の背中へドッと倒れ込み、
其の途端に途端にチンポもズボッと抜け出して、それに連れてドク、ドク、ドクと
堰を切ったように流れ出てくる淫液で、シーッも、二人の股間も、
ベトベトに濡れてしまったが、二人とも起き上がる気力も無くなっていました。

目を開けると、朝に成っていました。
外は雨。ジトジトと降り続いています。いつの間にか私は布団から転がり、
畳の上で深い眠りに落ちていました。

叔母は布団に横たわり、まだ寝息をたてていました。全裸の身を覆うタオルケットは
捲れ上がり、陰部が剥き出しになっていました。

陰部を埋め尽くして密生する草叢。其の草叢は肉のたっぷりついた大陰唇にまで
続いていました。その縦に長く切れた合わせ目からは、濃い紫色をした小陰唇が
ビロンとはみ出し、その奥に濃い桃色の肉襞が、僅かながら覗いています。
オマンコの形状は、想像以上に嫌らしいものでした。私は激しく屹立してしまいました。

昨夜、あれほど盛り合い、ありったけの精を叔母の中にぶちまけた筈なのに、
痛いほどそそり勃っていたのです。
「参ったなぁ・・・」
私は呟き、叔母に接近して、股の間を覗き込みました。
その形状もさることながら、オマンコがまるで呼吸でもしているかのように収縮して蠢き、
其の全体が濡れそぼっているのも、より嫌らしさを助長しているようでした。
  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

下着泥の甥に美人叔母が筆下ろし。其の一

◇オナニーの対象は母の妹
中出し27
私がオナニーを覚えたのは小学校5年生の時でした。
両親が野良仕事に出掛けた後などに自室に籠り、
未だ剥け切れて居ないチンポを扱いては、
掃きだし口の障子を開けて外に向かってはドピュードピューと精液を迸らせていました。

そのうち、女性の下着に興味を持つようになり、同級生の女の子のパンチラや、
近所のベランダに干してある洗濯物を見て興奮していました。
そして、中学一年のとき初めて、ベランダに干してある女物の下着を盗み、
自分の部屋に持ち帰ってオナニーに耽りました。

其れまでのズリネタはヌード写真とかエロ記事だったのですが、
実物の女物のパンティを目の当たりにした途端、その虜になってしまいました。
以来、町内を徘徊し、慎重かつ大胆にエロティックな下着を盗み出し、
ズリネタとして活用するようになりました。

ところが、だんだん、洗濯物では物足りなくなってきました。
もっと、もっと生々しい、女の匂いとか汚れがモロこびりついたパンティが、
欲しくて欲しくて堪らなくなったのです。

そして、中学三年生のとき、前から目をつけていた叔母の家のベランダに、
とうとう忍び込んでしまいました。そこに洗濯機があったからです。

祈るような気持ちで、洗濯カゴを覗いて見ました。
「あった!」
まだ洗っていない、洗濯する前の叔母のパンティが、放り込まれていたのです。

叔母は評判の美人で、地元の小町娘と呼ばれていました。
その叔母の事を思いながら、当時の私は何度もオナニーに耽ったものでした。
ですから、叔母の生パンティを手に入れることが出来た私は、感動し、狂喜し、
目一杯興奮し、その紫色のレースのパンティを部屋に持ち帰り、
自室の鍵を中からロックして、真っ昼間からセンズリを掻きはじめました。

パンティは透けていて、少年の私を仰天させました。
これを穿くと、オマンコの毛がモロに見えるに違いない。
あんなに綺麗な叔母ちゃんが、こんな助平なパンティを穿いているのか・・・

  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

下着泥の甥に美人叔母が筆下ろし。其の二

◇叔母が知らない男と不倫
川嶋奈緒美22
夜になっても、愚息は荒れ狂い、私は精液でバリバリになったパンティのニオイを
性懲りもなく嗅いだり、穿いたりして、繰り返しオナニーに耽りました。
はっきりとした記憶はないのですが、其の日、10回くらいは優に射精したはずです。
私にとって、それは空前絶後の記録です。(若かったんですね・・・)

叔母の汚れたパンティを盗み出す事に一度成功すると、忽ち病み付きになって、
二度、三度と、侵入を繰り返すようになりました。
そして“戦利品”を持ち帰り、部屋に籠って、心ゆくまでセンズリをカキました。

そんなある日、例によって叔母の自宅のベランダに忍び込み、
洗濯カゴの中を覗こうとしました。
と、その時、ベランダに面した居間で、なにかが蠢いている気配がしました。

ハッとして身を屈め、恐る恐るガラス戸の隅から視線を向けると、
なんと、全裸の叔母が絨毯の上に仰向けに成って、上体を激しく仰け反らせていたのです。
そして、叔母の上に、これまた全裸の男が覆い被さり、盛んに腰を使っていました。

男の顔は、私の居る位置からは見えませんでした。でも、その時は条件反射的に、
その男を叔父と思い込み、私は固唾をのんで二人の行為を盗み見ていました。

暫くして、不意に、男が男根を抜き、叔母を四つん這いにさせて、
バックから挿っていきました。

男の顔を目の当たりにした途端、心臓が張り裂けそうになりました。
なんと男は、叔父ではなかったのです。
見ず知らずのその男は、叔母の腰を抱えて、後ろから荒々しく突き上げ続けました。
「いや、いや、いや~」
叔母は声を押し殺すようにして、切なげに喘いでいました。

私は猛烈に興奮して、ズボンのチャックを引き下げ、そそり立った男根を露出させ、
上下に激しく扱きはじめました。

男の蠢きが速くなり、叔母はとうとう耐え切れなくなったのか、
あからさまに声を張り上げ、豊満な尻を大きくくねらせました。

  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

下着泥の甥に美人叔母が筆下ろし。其の三

◇叔母の手ほどき
m41
ガラス戸の向こうでは、叔母がまだ男の性器を口淫していました。
私は、左手の精液をシャツに擦り付け、
それからまた右手でチンポを握り、手淫に耽りました。

しばらくして、叔母は四つん這いになり、後ろからハメられて、泣き声をあげました。
そんな叔母の反応を楽しむように、男は後ろからゆるやかに抜き挿ししました。
「イヤ、イヤ、イヤ~。もっと、強くして!」
じれたのか、叔母は尻を振りたてて哀願しました。

男は気味の悪い笑いを浮かべ、ピストン運動を速めました。
「いい、いい、いい、いい~!」
叔母は全身を震わせて快感を訴え、男の蠢きに合わせて腰を使いました。
その動きが激しすぎて、男根が腰から抜けてしまいました。

男は舌打ちし、叔母をまた仰向けにさせて挿入しました。
そして、ものすごい勢いで突き上げつづけ、叔母をヒ~ヒ~とよがらせました。

信じ難い光景でした。
幼い頃からずっと憧れていた叔母が、こんなに狂ってしまうとは・・・。
私はまた昂ぶり、体液を迸らせてしまいました。

その日も、私は叔母の自宅のベランダに忍び込み、居間を覗きました。
期待は外れ、そこには誰もいませんでした。途端に緊張が解け、
私は鼻歌まじりで洗濯カゴの中を覗き、ピンク色のパンティを抜き取り、
股布にこびりついたシミを確認してから、ポケットに入れました。

と、そのとき、突然、ガラ~っとガラス戸が開き、
「雄治君、なにしてんのッ」
叔母でした。
私は忽ち凍りつき、身動きひとつ出来ませんでした。

「こっちへ、来なさいッ」
叔母は私の手を取り、居間に連れていきました。
「お母さんに知れたらどうするつもりッ」
叔母は恐い顔をして叱責しました。私はすっかり観念して、
ジュウタンの上に正座しました。そして、
「ごめんなさい」
と、ひたすら謝りました。

  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

下着泥の甥に美人叔母が筆下ろし。其の四

◇二人の秘密
17歳年上の女房19
私はたちまち興奮して、パンティの前を大きく膨らませてしまいました。
「やだ~、もう、こんなになってるぅ雄治君、デッカイのねぇ」
叔母は手を離して、テントを張っている部分を食い入るように見つめました。

その視線にそそられたのか、ペニスが勝手にピクン、ピクンと反り返り、
ピンクのパンティに、先走りの淫液が滲み出てきました。
「あらぁ、雄治君、パンティが濡れているわよぅ。なんなの、この液?」

叔母は、からかうように言いました。私は何も答える事が出来ず、
ただモジモジするばかりでした。

叔母はまたパンティの上からペニスをつかみ、しばらく弄びました。
そして、パンティを脱がせ、
「あぁ、すご~い・・・」
と息を弾ませ、そそり立った陰茎を握り締めました。

私は早くも射精の予感に駆られ、身悶えしてしまいました。
「どうしたの?出ちゃいそうなの?まだ、大丈夫よねぇ」
叔母は手の力を抜き、軽く扱きながら問いかけてきました。

「雄治君、セックスしたこと、あるのぅ?」
「・・・ないです・・・」
私は正直に答えました。
「そう・・・やっぱり・・・それじゃ、叔母さんと、しちゃうぅ?」

なんとも悩ましい誘いでした。その言葉を耳にした瞬間、
鼻血がほとばしりそうになりました。
私はのぼせ上がり、クラクラしながら叔母に抱きつきました。

「焦らなくていいのよぅ。こっち、いらっしゃい」
叔母は私の手をとり、寝室に連れていきました。
其処は叔母と叔父が夫婦の営みをする場所です。

咄嗟に、思いました。叔母はこの部屋でも、あの男とオマンコしたのだろうか、と。
しかし、そんな事を思ったのはほんの一瞬で、私はすぐに、衣服を脱いでいく叔母の姿に
目を奪われてしまいました。

  1. 叔母と甥相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.