PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の一

~思い掛けない恋~
女遍歴の果てに・・・01
最近のテレビでは、教師ドラマに生徒との恋愛関係や、
教師同士の色恋沙汰が取り上げられ話題に成ってるが。
教師とて人の子、男と女である限り恋も有ればSEXもある。
教師同士の職場恋愛や結婚、歳の離れた師弟恋愛や結婚などは
昔から有る話で珍しい事ではない。犯罪に結び付かなければ、
表沙汰になる事もなくマスコミも騒がなかったので、
学外に話が漏れなかっただけの事である。かって教職の身にあり、
色恋沙汰も経験した私が証言するのだから嘘ではない。

私が教師としてのスタートは小学校勤務であった。
最初の小学校には五年間勤務したが、今から思えば、
周囲の多くの女性から恩恵を受けた幸福な時期であった。

小学校に赴任して驚いたのは、女教師の多さである。
教員数二十名の小規模校であったが、私を含めて男性は八名、残りは全て女性で
独身者が多く、結婚している人妻教師は五名であった。

職員室には女性の体臭と香水が充満していた。
机を並べている女教師・景子さんの香水の甘ったるい匂いがきつく、
彼女の話し相手をしているうちに、性欲がムラムラとこみ上げて来る事が屡あった。

景子先生は独身だが、すでに二十七歳になっていて、結婚相手を探しているとの、
“個人情報”を教えて呉れるのが用務員の小母さんだった。

景子先生に興味を抱き始めていた私は、彼女の事を詳しく知りたくなって、
学内の情報通である用務員の小母さんを、宿直の晩に呼んで話を聞いた。

小母さんは景子先生の事ばかりでなく、学内のいろんな裏話をしてくれた。
謹厳実直な顔をしている、校長を含めた教師たちの男女関係の噂話は面白かった。
小母さんの噂話は、決して人の悪口に成らないので愉しく、話し込んでいるうちに
好意さえ感じてしまった。

小母さんは四十五歳の戦争未亡人で、化粧もせず地味な身形をしているので
気づかなかったが、なかなかに女の色気があり、性欲をくすぐられていた。
景子先生に近づくために、彼女の噂話を聞きだしていたのに、話してくれた
小母さんを好きに成ってしまったのだから、男女の縁とは不思議なものである。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の一

~思い掛けない恋~
女遍歴の果てに・・・01
最近のテレビでは、教師ドラマに生徒との恋愛関係や、
教師同士の色恋沙汰が取り上げられ話題に成ってるが。
教師とて人の子、男と女である限り恋も有ればSEXもある。
教師同士の職場恋愛や結婚、歳の離れた師弟恋愛や結婚などは
昔から有る話で珍しい事ではない。犯罪に結び付かなければ、
表沙汰になる事もなくマスコミも騒がなかったので、
学外に話が漏れなかっただけの事である。かって教職の身にあり、
色恋沙汰も経験した私が証言するのだから嘘ではない。

私が教師としてのスタートは小学校勤務であった。
最初の小学校には五年間勤務したが、今から思えば、
周囲の多くの女性から恩恵を受けた幸福な時期であった。

小学校に赴任して驚いたのは、女教師の多さである。
教員数二十名の小規模校であったが、私を含めて男性は八名、残りは全て女性で
独身者が多く、結婚している人妻教師は五名であった。

職員室には女性の体臭と香水が充満していた。
机を並べている女教師・景子さんの香水の甘ったるい匂いがきつく、
彼女の話し相手をしているうちに、性欲がムラムラとこみ上げて来る事が屡あった。

景子先生は独身だが、すでに二十七歳になっていて、結婚相手を探しているとの、
“個人情報”を教えて呉れるのが用務員の小母さんだった。

景子先生に興味を抱き始めていた私は、彼女の事を詳しく知りたくなって、
学内の情報通である用務員の小母さんを、宿直の晩に呼んで話を聞いた。

小母さんは景子先生の事ばかりでなく、学内のいろんな裏話をしてくれた。
謹厳実直な顔をしている、校長を含めた教師たちの男女関係の噂話は面白かった。
小母さんの噂話は、決して人の悪口に成らないので愉しく、話し込んでいるうちに
好意さえ感じてしまった。

小母さんは四十五歳の戦争未亡人で、化粧もせず地味な身形をしているので
気づかなかったが、なかなかに女の色気があり、性欲をくすぐられていた。
景子先生に近づくために、彼女の噂話を聞きだしていたのに、話してくれた
小母さんを好きに成ってしまったのだから、男女の縁とは不思議なものである。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其のニ

~朝晩のフェラチオ~
女遍歴の果てに・・・04
小母さんも私の体に執着するようになり、よがりぶりや、声も大きく淫らになった。
「ああ、もういくよ。ほしい、若いエキスが欲しい。オマンコちゃんにほしい」
小母さんのヨガリ声を聞き、女性をメロメロにする歓びを知った。
それに、気をやって乱れた女性は大胆になることも知った。

オーガズムが一致し「いくいく」を連発して気をやっても、
私を抱いて離さない小母さんは、射精したペニスの回復を待てないのか、
「オチンチンにキスさせて」と、フェラチオするようになった。

小母さんは柔らかなペニスを根元まで咥え込み、甘噛みしては吸い、
舌で亀頭や鈴口を嘗め回す。巧みにフェラチオされてペニスは勃起するばかりか、
セックスしたくてたまらなくなる。

おばさんはペニスをしゃぶり、口中で勃起させることで興奮を持続させているので、
二回目のセックスをしたがる。

二回目のセックスは、小母さんを上にして女上位で交接し、
女性がどこまで助平になれるかを見るのが好きになった。
腰が上下に動くと豊満な乳房が揺れる。小母さんは顔に恍惚の表情を浮かべ、
口を半開きにして喘ぐ。その全てが悩ましくセクシーであった。

小母さんは女上位で和式便器を跨ぐスタイルに成る事も有った。
彼女が腰を上下させると、陰毛の間から僅かに交接の生々しい光景が愉しめた。
小陰唇を巻き込んで、愛液に濡れ光るペニスが出たり入ったりする光景は、
セックスしているんだと言う実感と興奮を私に与えて呉れた。

学校の宿直室で憚ることなく、小母さんはヨガリ声をあげ、
私は呻き声をあげてセックスの快楽に溺れていた。

宿直室で過ごす二時間ばかりは、二人だけの秘密でもあった。
昼間はあくまで教師と用務員の立場で接する。それが大人の遊びだと
身を持って教えられ、若い私には色恋のいい勉強になった。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其のニ

~朝晩のフェラチオ~
女遍歴の果てに・・・04
小母さんも私の体に執着するようになり、よがりぶりや、声も大きく淫らになった。
「ああ、もういくよ。ほしい、若いエキスが欲しい。オマンコちゃんにほしい」
小母さんのヨガリ声を聞き、女性をメロメロにする歓びを知った。
それに、気をやって乱れた女性は大胆になることも知った。

オーガズムが一致し「いくいく」を連発して気をやっても、
私を抱いて離さない小母さんは、射精したペニスの回復を待てないのか、
「オチンチンにキスさせて」と、フェラチオするようになった。

小母さんは柔らかなペニスを根元まで咥え込み、甘噛みしては吸い、
舌で亀頭や鈴口を嘗め回す。巧みにフェラチオされてペニスは勃起するばかりか、
セックスしたくてたまらなくなる。

おばさんはペニスをしゃぶり、口中で勃起させることで興奮を持続させているので、
二回目のセックスをしたがる。

二回目のセックスは、小母さんを上にして女上位で交接し、
女性がどこまで助平になれるかを見るのが好きになった。
腰が上下に動くと豊満な乳房が揺れる。小母さんは顔に恍惚の表情を浮かべ、
口を半開きにして喘ぐ。その全てが悩ましくセクシーであった。

小母さんは女上位で和式便器を跨ぐスタイルに成る事も有った。
彼女が腰を上下させると、陰毛の間から僅かに交接の生々しい光景が愉しめた。
小陰唇を巻き込んで、愛液に濡れ光るペニスが出たり入ったりする光景は、
セックスしているんだと言う実感と興奮を私に与えて呉れた。

学校の宿直室で憚ることなく、小母さんはヨガリ声をあげ、
私は呻き声をあげてセックスの快楽に溺れていた。

宿直室で過ごす二時間ばかりは、二人だけの秘密でもあった。
昼間はあくまで教師と用務員の立場で接する。それが大人の遊びだと
身を持って教えられ、若い私には色恋のいい勉強になった。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の三

~性に溺れた報い~
女遍歴の果てに・・・06
小母さんはウグウグと喉を鳴らして精液を一滴こぼさず飲み干し、
鈴口から滲み出ている精液も赤い舌で舐めてくれた。
早朝から一発抜き、疲労感が残るどころかスッキリして元気いっぱいであった。

私が宿直で泊まった翌朝は、小母さんは必ず顔を出し、フェラチオ奉仕をしてくれた。
ある宿直の朝、小母さんは何時ものように部屋に入って来ると、
私の頬を両手で撫で、まるで新妻みたいに、唇を重ねて優しいキスで起こしてくれた。

小母さんの指先や唇に、前夜の甘い快楽の余韻が残っているようで、
私のペニスは忽ち勃起したので、パンツを下げると、
「誰か来るわ、我慢して」と、小母さんは耳を欹(そばだ)てた。

廊下に誰か歩いて来る足音がしている。小母さんは、「快く眠れましたか?」と、
外に聞こえる声で言い、宿直室を出て行き、入れ違いにT教師が顔を出した。

現場を見られた訳ではないのでホッとしたが、数日後、校長から呼び出しがあった。
「おかしな噂があるので、用務員の小母さんとの付き合いに注意してください。
 なにしろ小母さんは未亡人の一人身ですから、若い男性が欲しいでしょうからね」

やんわりと注意されてしまった。小母さんも注意された上に、一ヵ月後の三月末、
他の小学校へ転任させられてしまったのである。転任後の電話で、校長から、
「若い教師の前途を考えて身を引いてください」と言われたとの事であった。

「水島先生が好きだから身を引きます。でも、私の事忘れないでくださいね」
小母さんは電話口で涙声になっていた。私の胸にも熱いものがこみ上げたが、
結婚する訳ではないのだから、何時までもズルズルと関係を続けるのも
良くないと思い、彼女の肉体とセックスに未練は残るものの別れる決心をした。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の三

~性に溺れた報い~
女遍歴の果てに・・・06
小母さんはウグウグと喉を鳴らして精液を一滴こぼさず飲み干し、
鈴口から滲み出ている精液も赤い舌で舐めてくれた。
早朝から一発抜き、疲労感が残るどころかスッキリして元気いっぱいであった。

私が宿直で泊まった翌朝は、小母さんは必ず顔を出し、フェラチオ奉仕をしてくれた。
ある宿直の朝、小母さんは何時ものように部屋に入って来ると、
私の頬を両手で撫で、まるで新妻みたいに、唇を重ねて優しいキスで起こしてくれた。

小母さんの指先や唇に、前夜の甘い快楽の余韻が残っているようで、
私のペニスは忽ち勃起したので、パンツを下げると、
「誰か来るわ、我慢して」と、小母さんは耳を欹(そばだ)てた。

廊下に誰か歩いて来る足音がしている。小母さんは、「快く眠れましたか?」と、
外に聞こえる声で言い、宿直室を出て行き、入れ違いにT教師が顔を出した。

現場を見られた訳ではないのでホッとしたが、数日後、校長から呼び出しがあった。
「おかしな噂があるので、用務員の小母さんとの付き合いに注意してください。
 なにしろ小母さんは未亡人の一人身ですから、若い男性が欲しいでしょうからね」

やんわりと注意されてしまった。小母さんも注意された上に、一ヵ月後の三月末、
他の小学校へ転任させられてしまったのである。転任後の電話で、校長から、
「若い教師の前途を考えて身を引いてください」と言われたとの事であった。

「水島先生が好きだから身を引きます。でも、私の事忘れないでくださいね」
小母さんは電話口で涙声になっていた。私の胸にも熱いものがこみ上げたが、
結婚する訳ではないのだから、何時までもズルズルと関係を続けるのも
良くないと思い、彼女の肉体とセックスに未練は残るものの別れる決心をした。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の四

~景子先生の甘い肌~
女遍歴の果てに・・・08
用務員小母さんが手の届かない遠方へ転任してしまうと、
彼女を恋しく思う以上に生身の体が身近な女性を求めてしまう。
私は恵子先生に急接近した。私と彼女との仲は、他の教師達から
冷やかされるまでに発展していった。

景子先生の魅力は乳房が大きく、東北の出身らしく肌の白い事であった。

勤務校は当時(昭和30年代後半)横浜でも僻地とされる、
戸塚駅からさらに奥へ入った所にあった。
私は景子先生と一緒に横浜駅まで帰るようにしていたが、
ある日喫茶店へ誘った事があった。

その頃、同伴喫茶が流行っていて、薄暗いボックス席では、
若い男女ばかりではなく、中年男性が職場の部下らしい若い女性と
抱き合ったりしていた。

同伴喫茶の妖しい雰囲気に誘われ、私も景子先生と抱き合っていた。
キスをすると「嬉しい」と言って私の胸に顔をうずめる。
キスで欲望に火をつけられた私は、彼女の胸のボタンを外し、
ブラジャーを押し上げて、乳房を露わにさせて乳首にキスして吸った。

景子先生は体をよじらせ、大げさと思うほど息遣いを荒げて悶えていた。
スカートの中にも手を入れたかったが、初めての同伴喫茶だけに、
乳房のキスで止めにしておいた。

同伴喫茶は伊勢佐木町や、日の出町付近に多くあり、
店内の照明も暗くシートも大きくて秘密も守られていた。

同伴喫茶の『ハマ』は、店内が真っ暗に近く、この店を知ってから、
景子先生にここでフェラチオしてもらうようになった。私も指を膣に入れて
ペッティングをするようになり、彼女は膣から愛液をしたたらせ、
「ああ、困っちゃう、このままじゃ、頭がヘンになりそう」と喘いだ。

同伴喫茶でセックスをしたのは『ブルームーン』という店であった。
その店は他店の料金が百円前後だったのに、コーヒーが五百円もした。
しかし、高い料金だけあって客が少なく、椅子の背もたれが高く
個室風の趣があった。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の四

~景子先生の甘い肌~
女遍歴の果てに・・・08
用務員小母さんが手の届かない遠方へ転任してしまうと、
彼女を恋しく思う以上に生身の体が身近な女性を求めてしまう。
私は恵子先生に急接近した。私と彼女との仲は、他の教師達から
冷やかされるまでに発展していった。

景子先生の魅力は乳房が大きく、東北の出身らしく肌の白い事であった。

勤務校は当時(昭和30年代後半)横浜でも僻地とされる、
戸塚駅からさらに奥へ入った所にあった。
私は景子先生と一緒に横浜駅まで帰るようにしていたが、
ある日喫茶店へ誘った事があった。

その頃、同伴喫茶が流行っていて、薄暗いボックス席では、
若い男女ばかりではなく、中年男性が職場の部下らしい若い女性と
抱き合ったりしていた。

同伴喫茶の妖しい雰囲気に誘われ、私も景子先生と抱き合っていた。
キスをすると「嬉しい」と言って私の胸に顔をうずめる。
キスで欲望に火をつけられた私は、彼女の胸のボタンを外し、
ブラジャーを押し上げて、乳房を露わにさせて乳首にキスして吸った。

景子先生は体をよじらせ、大げさと思うほど息遣いを荒げて悶えていた。
スカートの中にも手を入れたかったが、初めての同伴喫茶だけに、
乳房のキスで止めにしておいた。

同伴喫茶は伊勢佐木町や、日の出町付近に多くあり、
店内の照明も暗くシートも大きくて秘密も守られていた。

同伴喫茶の『ハマ』は、店内が真っ暗に近く、この店を知ってから、
景子先生にここでフェラチオしてもらうようになった。私も指を膣に入れて
ペッティングをするようになり、彼女は膣から愛液をしたたらせ、
「ああ、困っちゃう、このままじゃ、頭がヘンになりそう」と喘いだ。

同伴喫茶でセックスをしたのは『ブルームーン』という店であった。
その店は他店の料金が百円前後だったのに、コーヒーが五百円もした。
しかし、高い料金だけあって客が少なく、椅子の背もたれが高く
個室風の趣があった。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の五

~保証付きの処女よ~
女遍歴の果てに・・・12
小母さんは私と結ばれてから、景子先生にライバル意識も芽生えて
居たのだろう。怒りの電話を掛けてきた。

「あなた、知ってるの。
 景子さんはずっと前から某男性とセックス関係が有るのよ。
 悪いけどキズモノなの。
 アソコを触ったとき、イヤらしい液がいっぱい出たでしょ。独身なのに・・・
 もう他の男性に開発されちゃつてるのが判らないの?」

おばさんは電話口でまくし立てた。景子先生は処女でないと思っていたが、
他の男性の存在は考えないようにしていた私は、小母さんに返す言葉がなかった。 

「私は身を引いたんだから、あなたが誰と付き合おうと構わないけど・・・
 景子さんだけはダメよ。
 あの女は結婚しても浮気しないではいられないタイプなんだから」
小母さんは景子先生を「多淫症の女」と決めつける。

景子先生がセックスが好きで強いのは、付き合っていて分かっていたが、
浮気性とまで言われては、女性経験の浅い私は心が動揺してしまった。

「あなたは世間ずれしている女じゃなく、
 ウブで可愛い娘さんと早く結婚した方がいいのよ。
 ねぇ、私が紹介する娘さんと会ってみない?」

私を景子先生にだけは渡したくないという女心が、
小母さんの言動を支配しているようであった。

「小柄な娘さんで可愛いの。処女なのは間違いないから、初めての日は、
 『先生、宜しくお願いします。ああ先生、嬉しい』なんて言うかもよ。
 生徒と教室でセックスしてるみたいで、そんなのあなたすきでしょ」

小母さんの言葉に嫉妬心が含まれているのを感じたが無視して、
処女保証付きの娘さんに会う事にした。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の五

~保証付きの処女よ~
女遍歴の果てに・・・12
小母さんは私と結ばれてから、景子先生にライバル意識も芽生えて
居たのだろう。怒りの電話を掛けてきた。

「あなた、知ってるの。
 景子さんはずっと前から某男性とセックス関係が有るのよ。
 悪いけどキズモノなの。
 アソコを触ったとき、イヤらしい液がいっぱい出たでしょ。独身なのに・・・
 もう他の男性に開発されちゃつてるのが判らないの?」

おばさんは電話口でまくし立てた。景子先生は処女でないと思っていたが、
他の男性の存在は考えないようにしていた私は、小母さんに返す言葉がなかった。 

「私は身を引いたんだから、あなたが誰と付き合おうと構わないけど・・・
 景子さんだけはダメよ。
 あの女は結婚しても浮気しないではいられないタイプなんだから」
小母さんは景子先生を「多淫症の女」と決めつける。

景子先生がセックスが好きで強いのは、付き合っていて分かっていたが、
浮気性とまで言われては、女性経験の浅い私は心が動揺してしまった。

「あなたは世間ずれしている女じゃなく、
 ウブで可愛い娘さんと早く結婚した方がいいのよ。
 ねぇ、私が紹介する娘さんと会ってみない?」

私を景子先生にだけは渡したくないという女心が、
小母さんの言動を支配しているようであった。

「小柄な娘さんで可愛いの。処女なのは間違いないから、初めての日は、
 『先生、宜しくお願いします。ああ先生、嬉しい』なんて言うかもよ。
 生徒と教室でセックスしてるみたいで、そんなのあなたすきでしょ」

小母さんの言葉に嫉妬心が含まれているのを感じたが無視して、
処女保証付きの娘さんに会う事にした。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の六

~妻の性教育~
女遍歴の果てに・・・15
昭子の裸身を抱きしめキスしていると、勃起しているペニスは「オマンコに入れて」
とばかりにカリ首を振って脈動したが、其の前に処女膜をじっくりと観察したくなり、
彼女の両足を広げて股間に顔を寄せた。

小陰唇の左右二枚の肉襞は、皺が少なくぴったりと合わさっていて、
膣口を隠し、全体にピンク色をしている。

二枚の小陰唇をつまんで左右に開くと、
湿り気を帯びた膣口が鮮やかなピンク色をして輝いている。
指で処女膜を破ったら勿体無いと、中指で膣口を撫でたり、
浅く挿入して捏ね回していると、少し白濁している愛液が溢れ出てきた。
オマンコの匂いに誘われ、キスしたくなって昭子の股間に顔を伏せた。

彼女は驚いたらしく「汚いわ、いや、やめて」と叫んだが、
私は両足をがっしりと両腕に抱え込み、クンニリングスを続けた。
愛液のひと舐めは酸っぱく感じたが、舐めているうちに甘く感じられるようになった。

昭子は下腹部を波打たせて内股をヒクヒクと震わせ、
「うーん、はあはあ、うーん」と喘ぎ声をあげた。

私は意地悪な気持ちになり「痛いの?それとも気持ちいいの?」訊いた。
すると昭子は両手で顔を覆い「ううん恥ずかしいの」と答えた。

処女膜をたっぷりと観察し、舐める事もできたから、ペニスを挿入しても良い頃合
だと思い、勃起しているペニスの肉茎で、膣口を上下に擦って準備していたら、
突然の射精感に襲われ、ペニスの根元を握って射精を止めようとしたが、
虚しくもピュッピュッと精液が飛び出し昭子の陰毛や膣口に吹きかけてしまった。

必死になって尿道管を締めたせいか、射精してもペニスは硬い侭だったので、
陰毛を濡らす精液を拭きもせず、ペニスを奥まで挿入した。

「おっ、痛い、ああ、痛い。ううっ、ううっ」
昭子は私の動きを封じたいのだろう、私の首にしがみついて来た。

上半身の動きを封じ込められた私は、腰だけをゆっくりと上下させた。
彼女はペニスを抜き差しさせる度に顔をゆがめたが、そのうち歯をくいしばり
「痛い」とも言わなくなった。

  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

女遍歴の果てに辿り着いた処女妻。其の六

~妻の性教育~
女遍歴の果てに・・・15
昭子の裸身を抱きしめキスしていると、勃起しているペニスは「オマンコに入れて」
とばかりにカリ首を振って脈動したが、其の前に処女膜をじっくりと観察したくなり、
彼女の両足を広げて股間に顔を寄せた。

小陰唇の左右二枚の肉襞は、皺が少なくぴったりと合わさっていて、
膣口を隠し、全体にピンク色をしている。

二枚の小陰唇をつまんで左右に開くと、
湿り気を帯びた膣口が鮮やかなピンク色をして輝いている。
指で処女膜を破ったら勿体無いと、中指で膣口を撫でたり、
浅く挿入して捏ね回していると、少し白濁している愛液が溢れ出てきた。
オマンコの匂いに誘われ、キスしたくなって昭子の股間に顔を伏せた。

彼女は驚いたらしく「汚いわ、いや、やめて」と叫んだが、
私は両足をがっしりと両腕に抱え込み、クンニリングスを続けた。
愛液のひと舐めは酸っぱく感じたが、舐めているうちに甘く感じられるようになった。

昭子は下腹部を波打たせて内股をヒクヒクと震わせ、
「うーん、はあはあ、うーん」と喘ぎ声をあげた。

私は意地悪な気持ちになり「痛いの?それとも気持ちいいの?」訊いた。
すると昭子は両手で顔を覆い「ううん恥ずかしいの」と答えた。

処女膜をたっぷりと観察し、舐める事もできたから、ペニスを挿入しても良い頃合
だと思い、勃起しているペニスの肉茎で、膣口を上下に擦って準備していたら、
突然の射精感に襲われ、ペニスの根元を握って射精を止めようとしたが、
虚しくもピュッピュッと精液が飛び出し昭子の陰毛や膣口に吹きかけてしまった。

必死になって尿道管を締めたせいか、射精してもペニスは硬い侭だったので、
陰毛を濡らす精液を拭きもせず、ペニスを奥まで挿入した。

「おっ、痛い、ああ、痛い。ううっ、ううっ」
昭子は私の動きを封じたいのだろう、私の首にしがみついて来た。

上半身の動きを封じ込められた私は、腰だけをゆっくりと上下させた。
彼女はペニスを抜き差しさせる度に顔をゆがめたが、そのうち歯をくいしばり
「痛い」とも言わなくなった。
  1. 元教師の告白
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 09  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


.