PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

柿田川慕情 。其の一

柿田川慕情01
現在恵美子59歳、雄二65歳、二人は30年近く前までは山梨県の
甲府市で小さな工場を経営していた。
主力取引先の「中堅音響機器メーカー」 の下請けとして従業員20名を抱え、
かなり忙しく仕事をしていたのだった。
其れがある日、その取引先が突然に「会社更生法」の適用を申請し倒産してしまった。
手形が不渡りと成ってしまったのだ。総額1500万以上の金額である。
そして其れまでの借入金を含む総額4000万の借財を残して、
二人は、子供3人を連れて故郷三島市に戻ってきたのである。
恵美子29歳、雄二35歳の時で有った。

三島に戻ってからは雄二の両親と同居する事となり、
子供は両親に面倒見てもらいながら、恵美子もスーパーで働き、
雄二は知り合いの町工場で半ば「住み込み」の様にして必死に成って働いた。

そして一〇年借金も、略返し終わった頃、恵美子の心に隙が出来たのか、
其れとも雄二の両親から、
「生活苦対する愚痴を毎日の様に聞かされ」
「悪いのは恵美子だと言わんばかりの、両親の罵りに耐えられなかったのか」
勤め先であるスーバーの店長と「男と女」の関係を持つように成っていた。

生真面目で仕事一途な雄二は、そんな事も露知らず、毎日夜遅くまで働いて居た。

恵美子は店長との関係が深まるに連れ、帰宅時間が遅く成ってきた。
咎める「姑」には
「本部の研修会に行っていた」とか「新店舗の開店準備に駆り出された」
などと言ってその場をかわしていた。

そんなある日の夜、恵美子の勤めるスーパーの同僚と名乗る女から、
「お宅の奥さん、内の店長と浮気してる、ご主人は気付いていないのか」
と言うタレコミの電話があった。
雄二はそんな話も真に受けず「女同士の妬み」からの告げ口と受け流していた。
其れが真実に成って恵美子の口から「別れて欲しい」と告げられたのは1ヶ月後の事で有った。
店長が転勤で埼玉県に行くとい言う、
「私もあの人に着いて行きたい」と言い出したのだ。
さすがの雄二も怒った、結婚以来一度も恵美子に手を上げた事のない雄二で有ったが、
其の時だけは、恵美子の頬を思い切り殴っていた。

その後雄二は「子供達」にこの事実を話して聞かせた。
意外にも、上の二人(長男・長女)は、その事は知ってたよ。と言うのである。
そして「お父さんが仕事ばかりに夢中に成って、お母さんをほったらかしにするからだ」
と雄二が責められた。
「でも俺たちは、お母さんとは一緒に行かないよ、お父さんの傍に居る」と言うのである。

「覆水盆に帰らず」と言う言葉が有る。一度零れた水は元には収まらない。
恵美子はボストンバック一つを持って家を出て行った。
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

柿田川慕情 。其のニ

柿田川慕情03
私、
恵美子は今でこそ北関東の地方都市でスナックの雇われママをして居りますが、
30年前までは夫と共に働き、事業の失敗で作った借財を背負いながらも、
普通の主婦として、ごく平凡な生活を送っていたのでございます。
今思えば、あの当時は金の事では大変な思いをしましたが、
三人の子供と真面目な夫に囲まれてそれなりに幸せな一時期でした。

その事を知って居るのは、いまでは私の回りには一人として居ません。
今と成っては、そんな時代も風化した過去と成りつつあります。
おそらく、別れた夫と三人の子供の中にある私の記憶も、
殆ど残っていない事でしょう。

寂しい事です。けれど、六十近くなっても水草稼業に身をやつしているのも、
夫子供と離れて暮らさなければ成らないのも、もとを正せばみんな自分の
せいなのです。

もう二十年前に成るでしょう。
夫と共に働き10年掛かってやっと借財の目途も付いた、心の緩みから、
私は悔やんでも悔やみきれない過ちを犯してしまいました。
それは、夫や子供に対するひどい裏切りでした。

己の身から出た錆で、夫や子供から一生、
恨まれても仕方がないとは重々承知しています。
その上で、還暦を目の前にして私は彼らが恋しくて成らないのです。

すべては、年のせいなのでしょう。幸せだった過去が、
懐かしくて堪らない昨今なのです。出来る事なら、あの暖かい家庭に
もう一度、戻りたい・・・

そう願う事が、どれ程虫のいいことか痛いほど判っているつもりです。
自分の手で壊しておきながら、心休まる家庭が欲しいと望むなど、
決して叶えられる事ではないでしょう。
しかし、失ってみて初めて判る家庭のありがたさなのです。
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

柿田川慕情 。其の三

柿田川慕情06
恵美子が雄二の元を去ってから、20年の歳月が流れた。
雄二には5人の孫も出来、現在は末っ子と二人暮しである。
その末っ子は「隆司」と言うのだが、其の隆司の言うには。
「最近姉貴の処に、お母さんから、頻繁に電話が有るらしいよ。
 孫の顔を見たいとか、お父さん元気で居るか、とか言ってるらしい。
 お母さんは今、独り暮らしらしいよ。
 何でも、相手の男は他に女を作って家を出てったらしい。
 もう5年も前の事だってよ。姉貴はお母さんの事嫌ってるからね。
 真面目な姉貴は浮気して、子供を捨てる親は許せない。
 母親として子供命の、姉貴には、お母さんが許せないみたいだよ」

「うぅそんな事が有ったのか、人様の女房に手を出す奴は、元々女に
 だらしない、無責任な奴よ。恵美子も其れに気付いた訳だ。
 其れで恵美子は元気で居るのか」

「あれ、親父は未だお母さんの事気に成るのかい。
 そう言えば、再婚の話しは結構有ったらしいが、皆親父が断った、と言うじゃん。
 今でもお母さんの事が好きならば、親父の方から”帰って来い”と言ってあげたら」

「そう簡単に行くものか。俺だってプライドって言うものもあるさ」

「何言ってるんだい、20年もお母さんを忘れられずに、再婚せずに来たんだろう。
 素直に帰ってきて呉れ、て言えば良いじゃん。
 姉貴は反対するかも知れないけれどね」

「お姉ちゃんだって本当は心の中では”母恋しい”と思ってるよ。
 今子育てに夢中だから、その気持ちを萎えさない為にも、
 子供を捨てた母親を憎む気持ちで、心を支えて居るのさ。
 本当に今一番母親が欲しいのは娘の筈だよ。
 育児のこと、家事の事、何でも相談できるのは母親だからな」
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

柿田川慕情 。其の四

柿田川慕情09
二十年の歳月は確実に恵美子を変えていた。
首の辺りの小じわが目立つ、頭髪も白髪が目立つて居る、身長も心持、低く成ったようだ。
豊かだった乳房も垂れ気味だ、全体にやつれが目立つ、苦労したのだろう。

恵美子は私にしがみつく様にして。
「もう貴方の傍を離れない、こんなおバァちゃんでごめんなさい」
「後悔ばかりの二十年だったわ」
「これからは、ずうっと貴方についていくから、捨てないでね」

「俺が愛した女は後にも先にも恵美子一人だよ」
「二十年待って居たんだよ、もう離しはしないさ」

「うれしいわ、本当にごめんなさい」

恵美子は起き上がって私の股間に手を伸ばして来た。
「ねえ、貴方のおチンチン元気だった、何時も夢に出てきていたのよ」
「そして、貴方を求めて一人濡らして泣いて居たわ」

恵美子は私の浴衣の裾を押し開き、ブリーフを引き摺り下ろす様にして取り払った。
未だうな垂れたままの「我が一物」の根元を左手で握り締め、右手で、しこしこと、しごき始めた。
半立ちに成ってきた一物を恵美子は口にくわえてカリの辺りを嘗め回す。
その仕草は二十年前と変わっていなかった。

「ねぇ貴方のおチンチンの毛も随分白いものが目立つわね」

「俺も六十五歳だぞ、何時までも黒いままじゃ居られないさ」

「そうよね、私も五十九歳だものね、私の毛も同じかしら、
自分じゃ気づかないけど、貴方よく見てくれる」

恵美子は大胆にも自ら浴衣の腰の辺りをたくし上げ、私の顔の上に局所を宛がって来た。
所謂69の形に成ったのだ、矢張り恵美子の本質は淫乱なのかも知れない。
良く五年我慢したものだ、と妙に恵美子がいじらしくなって来た。
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

柿田川慕情 。其の五

離婚した男女が、再び一緒になるというケースは良くあることだ。
一度は惚れ合った仲。何かが原因となって別れたとしても、
再び互いを求め合う事になっても、なんら不思議ではないだろう。
しかし雄二と恵美子の場合は事情が複雑であった。
恵美子が入籍再婚した相手が五年以上も音信不通で籍が抜けずに居るのだ。
法的に離婚をさせるにも暫く時間がかかりそうである。
◇思い出が蘇る日◇
柿田川慕情11
バス停に向かう坂道に光っていたのは五円玉でした。無意識に拾い上げた私は、
これも無意識に周囲を見回して、苦笑しました。通勤時間を終えた住宅街の道路です。
電線上にカラスがいるだけで、全くの無人、それに、誰がみていたにしても五円玉、
咎め立てする人は居ないだろうに、と苦笑いしたのです。

その五円玉を掌で弄びながら道を下って、私は寺の塀角を左に曲がりました。
その背後にバスが姿が現れ、私は五円玉をジャケットのポケットに落として、
少し先の寺の門前にある、バス停にはしました。

空いている座席に腰を降ろして、車窓の外を一瞥したとき、眺めた景色とはまったく
脈絡の無い、過去の何かのシーンが頭の隅をふとよぎりました。
何だっけ、何かの記憶、五円玉・・・。
思い出せないと気に成ります。私は眼を閉じて、記憶のページを捲りました。
そして、ああ、と独り頷きました。

それは私が恵美子と初めて出会った頃の事でした。
当時私は24歳、恵美子は18歳で勤め先近くのカレー屋のウェイトレスをしておりました。
私は東京の大学を卒業して故郷の三島に帰り、近くの町工場に就職し二年目でした。
ジャケットのポケットに小銭をジャラジャラさせ、昼飯時何気なくふらりと入ったカレー屋。

驚いたことに、とびきり美味しいカレーでした。かなり大きな皿に平べったく盛られてあり、
普通のカレーより赤い色をしていました。確かにカレーなのだけど、
甘くて上品な味がしました。それは、今まで食べたことも無いような味で、
一口食べただけでもう、舌がうっとりとしてしまいました。

そして、そのカレーを私のテーブルに運んでくれたウェイトレスが、恵美子だったのです。
清水の漁師の娘で高校を卒業して、三島の親戚の家に寄宿していました。
仲良くなったのは、それ以来私が、週に三回は其の店に足を運びカレーを
食べ続けて居たからです。

漁師の娘にしては色白の面長で、ちょつと神経質そうな目の表情をしていました。
でも二月も通ううちに、私のテーブルにカレーを運ぶ時だけは、
なんだか恥ずかしそうに笑うようになっていました。
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

柿田川慕情 。其の六

◇シーツについた赤い染み◇
柿田川慕情14
私はさらに、尻の穴まで舐めつくしてゆきました。
「いや、いやっ、やめてえっ」
妻は何度もそう叫びましたが、私はもう、すっかり混乱し、興奮しきっていました。
その柔らかさと圧倒的なボリュームの感触が、
むしろ私の方を引きずり込んでゆくような気配で迫ってきていたのです。

やがて恵美子は、声を上げて泣き出しました。
で、ようやく私も、我にかえりました。一体俺は、何をしていたんだ、と。
「ごめん・・・」
小さく震える妻の背中に向かって、そう呟きました。

しばらく沈黙が続きました。
私はもう、うつ伏せの侭の恵美子の横に座りこんで、
そっと背中を撫で続けるしかありません。

まもなく恵美子は泣き止みました。
そして突然起き上がり、何か思い詰めた様な目をして、私をじっと見つめてきました。
「ごめん」
うろたえて私は、同じ台詞を繰り返しました。
そして、つんと尖った紡錘形の乳房を、ちら、と見ました。

「ねえ。ほんとに、あたしのこと、愛してくれてる?」
「もちろんさ。一生大切にするよ」
「ほんとね?」
「うん。ぜったいだよ」
「ごめんなさい」
今度は恵美子の方が誤り、ちょっと気難しげな顔になり、
なんと私の股間に手を伸ばして来たのでした。

「ううっ!」
いきなりペニスを握られたその柔らかい掌の感触に、胸の中がヒヤリとしました。
巧く言えないのだけれど、なにか知らない処に迷い込んだような心地になったのです。

まだ十九歳の清純な女が、こんなことをするなんて・・・
その掌に、心の中を丸ごと包み込まれたような、そんな思わず涙ぐみそうな驚き・・・
普通なら、この女やっぱり処女ではないのか、と疑うところなのでしょうが、
その時の私はそんな迷いはまるでなく、心底俺は今処女の掌に握られている、
と言う感動の中にいました。しかも、其の後恵美子は、目を瞑り、
ゆっくりとペニスに顔を顔を被せてきました。
  1. 別れても夫婦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


.