PV UU 現在の閲覧者数: /にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
FC2ブログ

異性への恋心を大切にして生きてきた昭和の時代を振り返ってみましょう。

思い出される昭和のあの日あの頃

戦後を生きた姉と弟。其の一

◇特殊な女の職業
戦後を生きた姉と弟01(戦後の横浜市内のバラック住宅)
私と姉は横浜の大空襲で父と兄弟を失い、戦後まもなく母も病気で亡くした。
(因みに姉は昭和二年生まれ、私は昭和十二年生まれです)

空襲で焼け野原となった横浜の町には、焼けコゲの残った木材とブリキ板で作った。
スラム然としたバラックが林立する中に、どうやってかブリキだらけの小さなバラックを建て、
それもちゃんと二間有ったのであるから、母と姉の根性には感心したものである。

長女と末っ子の私だけが辛うじて生き残ったのだが、
私の姉・貞子は戦後、外人相手の売春婦(パンパン)をやっていました。
姉は私よりうんと年が離れていたので、小学生になったばかりの私を養う為に、
他に生計をたてる方法がなかったのだと思う。

「お前の姉ちゃんはパンパンだってなぁ」
あちらこちらでそう言われてからかわれたけど、それでも私は姉を尊敬していた。
なにしろ、姉のお陰で、滅多に食べられないビスケットや果物の缶詰等が食べられ、
ジープにも乗せてもらえた。今思えば、姉は旅館代の分もGIからせびってしまおうとして、
天気のいい日はもっぱら、近くの山の中へGIのジープに乗って行き、青姦で済ませていた。
その間、私がジープの上に座っていていわゆる車の番をしていたのである。

時々、姉の嬌声が聞える。こちらはまだセックスの何たるかをよく分かって居なかったから、
ジープの上でのんびりとチョコレートをかじっていた。姉の笑い声で、姉とGIの消えた
草むらの辺りに目をやると、風もないのにサワサワと、其処だけ枯れ草がざわめいて
揺れているという事だった。

GIはチューインガムも呉れたし、時にはタバコまで呉れた。
小学生ですでに、私はタバコの味を知っていたのである。

草むらから姉とGIとが立ち上がり、姉がスカートのシワを伸ばす姿が見えると、
私はズック靴でタバコをもみ消し、ジープの後部座席に移って、
まるで何事も無かったかの様に、街の中へ帰るのである。
だから私はパンパンはまともな職業の一つだとさえ思っていたのだ。

と言っても、それは自分の面子を保つ為の言い訳で、実は其の仕事が、
戦後手に職も無い女性が、一番手っ取り早く金を稼ぐ、どこと無く後ろめたく、
おまけにイヤラシイ仕事なのだと言う事を、時の経過と共に感じる様にも成っていた。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の二

◇生きていく為に
戦後を生きた姉と弟04
姉が客を取る時は私は何時も外に追いやられるのだが、そんな時は子供心に悲しい
思いをしていた。姉は明らかに焦っていた。近所には同じようなパンパンが大勢居たが、
身軽な独り者の処にはいつの間にか見知らぬ男が住み着くようになったり、
化粧や服に金をかけてカッコ良くなったりしたが、姉には私が居るお陰で、ヒモになる男を
こしらえる事も出来ず、私に食い扶持を割かれるので、化粧品や服装に回せる
金も無かった。家の中の道具の新しいのも増えるではなく、ただ食って行くのだけで
精一杯の状態だった。商売に欠かせない布団も敷きっ放しのセンベイ布団で、
これが姉には一番のハンディであったようだ。

「汚い足で布団の上を歩くな!」
私がうっかり布団の上を歩いたりすると、姉は大声で怒鳴った。
夜は二人で一つ布団に寝ているのだが、姉は私が寝汗をかいても怒るように成っていた。

「臭いなぁ、この布団は・・・」
いつか、客の男の一人がこう言っているのが聞えた。姉が謝っていた。
「いったいこの布団、日に干したことがあるのか、オマンコばっかりしていて、 この布団、
 お日さま拝んだこと、ないのと違うか。オマンコ汁吸いすぎて臭いぞ。半額、半額だぁ」
姉がメザシを外で焼くようになったのも、私が布団の上を歩くと目くじら立てて怒鳴る
様に成ったのも、その後のことであった。

近くのパンパンのお姉さんの家を覗いた事がある。バラックのくせに、布団はホカホカで、
ピカピカ光った布で出来ているし、部屋にはピンクのカーテンがかかっている。
部屋の隅には鏡台の小さいのが置いてあって、色んな化粧品が並んでいたし、
部屋中が女の匂いに満ちていた。私の姉の商売をする場所とは大違いである。
姉がヒステリーをおこすのも無理なかった。

一度部屋の壁に、学校で描いた図画を貼った事があった。先生にベタ褒めされたので、
多分姉も褒めてくれると思ったし、殺風景な部屋にも色気が付くと思ったからであった。
「バカ、こんなもんン貼って」
姉は風景画を破って捨ててしまった。そう言えば、ヨソのパンパン連中は、
原節子の写真を貼ったり、アメリカの映画俳優のプロマイドを飾ったりしていた。
姉の客が、徐々に金払いの悪い下品な連中ばかりに成るのも無理はなかった。

そして気が付くと、私は小学校の6年生を終わろうとしていたし、
姉の方は20代の峠に差し掛かっていた。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の三

◇大切な商売道具
戦後を生きた姉と弟07(山下公園を行進する米軍兵士)
おまけに私は更にこう言っていた。
「金ならちゃーんと払うよ。アカ売って来たからな。
 なァ、姉ちゃん、オマンコ一発させてくれよ。いくらだ」
とうとう姉の平手打ちが飛んできた。
しかし、そんなことでへこたれるような私ではなかった。鼻たれ小僧の時から、
姉のオマンコをする姿をさんざん盗み見てきた。しかし、オマンコしたくて言うのではなく、
ただの姉と弟のケンカの延長である。どこまでもこじれてしまう。

姉にぶん殴られて、私の方もむかっ腹が立った。
「よっしゃ、ケチは分かった。この金でヨソ行ってやってくるさ。
 ヨソの姉ちゃんなら『アラ、知り合いだもん・・・』なんて言って、
 半額くらいには値切れるものなァ」

さすがの姉も、返す言葉がなく唖然としていた。
「本当に、ヨソで遣る積もり」
急に姉の顔が真面目になって、そう尋ねながら私の顔を覗き込んで来た。
「ああ」
私は平然と、低いバラックのトタン張りの天井を見上げながら
ポケットに両手を突っ込んで答えた。そして内心、
(そうか。ヨソの姉ちゃんと、イッパツかまして来れば良いんじゃねぇか・・・)
其の時初めて本当にそう思いついたのだ。

「ダメ・・・ダメよ」姉が真顔で制止した。
「病気になったらどうするの。基地の入り口にVDって大きく書いた札が立ってるでしょ。
 あれがどうか言う事だかアンタ知ってるの」
姉が尋ねたが、もとより私はそんな事を知る訳がない。
「英語は分からない」
中学生だと言っても、当時は勝手に小学校に隣接する中学校へ席が移っただけで、
出席など殆どしていないし、学校からは誰も迎えに来なかった。
英語など、ABCも満足に分からなかった。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の四

◇性器のお勉強
戦後を生きた姉と弟10
一緒に布団の中に寝ていても、ついぞそんな気分で弄った事のない乳房であったが、
欲情してみると、触り心地が違っていたのである。見慣れたむき出しの乳房が、
真っ赤なスリプから零れている所が、とても淫らに思えた。

「させて呉れたっていいじゃないか」
姉はそんな私に黙っていた。
「よその男でないと、ダメなの」
やはり姉は黙っていたし、私は其の侭姉の乳房を揉んでいた。
見よう見真似で、他所の男が姉にするのと同じようなやり口で、柔らかく柔らかく、
その手触りを楽しみながら揉んでいた。ただ、他所の男と違うのは、
その動作に姉に対する愛情がこもっていたと言うことである。

「ねぇ・・・いれたいよォ」
いつの間にか私は本気で「入れたく」成っていた。
私のそんな気持ちは、やはり以心伝心で姉の心に伝わっていたのか、
「そう・・・じゃ、一つだけ約束して、そしたらさせてあげる」
そう姉が呟く様に言った。
「いいよ・・・」
私はウキウキとしながら答えた。

「他所の女の人とはやらないで。そしたらお姉ちゃん遣らせてたげる。
 さっきも言ったように、病気になると本当に怖いのよ。
 だから、他所の女の人とは遣らないって約束して、
 これから何度でもさせたげる。・・・だって、お姉ちゃん、これが仕事だもン」
私は当然「ウン」といって返事をした。
「絶対よ」
「うん」

私が言い終わった時、姉の手が私のズボンのベルトにかかった。
「いつの間にか、大人になっちまったネ」
そう言いながら、姉は私のズボンとパンッを一気に脱がせて呉れた。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の五

◇姉弟の愛情
戦後を生きた姉と弟13
姉は真っ赤なスリップを乳房の上まで捲り上げていたので、姉の真っ白な体が眩しかった。
チラッと下腹部を見ると、ヘソの下の所に黒い毛が生えていて、
見慣れていた筈なのにグッと欲情した。姉にチンポを掴まれて、
「ここいいだろ」と聞かれた。
何がいいのか分からなかった。「してもいい?」なのか「気持ちいい?」なのか、
良く分からなかったが、さすがの下品なガキも、しおらしく頷いただけで、
生つばをゴクリとのみこみ、ドギマギし、緊張し、答える代わりに姉の手の中で
チンポがピクンと疼いた瞬間が、今でも生々しくよみがえってくる。

「こうして、濡らしてね、それから」
私のチンポで姉は、オマンコの割れ目をなぞり、やがてゆっくりと腰を落として、
その生暖かい肉襞の間へ、私をゆっくりと挿入させていったのである。
これはまったく気持ちよかった。

「気持ちいい?悪いわけないわね。
 気持ちいいでしょ、お姉ちゃんのオマンコ・・・どう、ホラ・・・」
やがて濡れたピチャピチャという音がした。
姉がゆっくりと腰を上下させ、私のチンポが姉の中の肉にからまれて、ズボズボと突き刺さり、
抜けそうになり、また肉に締め付けられてヌルリと奥へ入るのである。

さすがにパンパンでオマンコの技を磨いた姉だけあって、締め付け方は器用であった。
まだ中学生の小振りのチンポでさえ、ギューッと締め付けてくるのである。

「お姉ちゃんはね、火をつけたシガレットだって、ここへ挟めるんだよ」
後で思えば、姉が弟に対して自慢するような事ではないが、姉はとにかく精一杯、
たった一人の弟のために、最高の肉体のサービスをしてくれたのである。

「ホラ、締めるゾ・・・。こうやってね、男が女のオマンコを突くとね、
 女の方がいい気持ちになるんだよ。フワフワって・・・雲の上を歩くみたいに・・・」
「姉ちゃん・・・」
いつの間にか私は姉にしがみついていた。

その頭を抱えて自分の乳房に押し付けるようにしながら姉の息は段々荒くなり、
それにつれて腰の上下運動も早まっていった。
「普段はね・・・こんなに一生懸命にはしないんだよ、だって・・・だって・・・そうだろ。
 仕事で一々気をやってたら、体が幾つ有っても持たないからだよ・・・アッ・・・アア・・・」
姉の方も、商売っ気抜きの本気で有ったことは確かである。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の六

◇性病のデパート
戦後を生きた姉と弟15
姉はこの頃とても機嫌が良かった。
「学校は行った方がいいねェ」
などと言いつつも、自分の場所が綺麗になると、元気に男を漁ったものだ。
私も姉のポン引きに精を出したので姉の商売は繁盛したが、
私が遣り過ぎて、袋だたきに会ったことがある。

「オジサン、その女はよしときなよ。もっといい女がいるよ」
などと、ちょっと金を持っていそうな客だったので、
何とか姉の所へ連れて行ってやろうと思って、
縄張りの外でそんなちょっかいを出してしまったのである。

「ガキのクセに、一人前のポン引きヅラして人の客取るなよ」
相手の女が凄んで来たので、
「その女はビョーキだよ。お淋し村のお梅婆さんだよ。
 この間、チンポ突っ込んだ奴がどうなったか教えてやろうか?
 チンポが腫れ上がって膿が出て、あそこのドブで小便したら、
 夏にカヤが要らなかったって言うんだゾ、それでもその女と寝るのかァ?」

口先だけでいっぱしにグレているので、言うことだけはチャラチャラしていた。
金を持ってそうな奴ってのは、どうしても間抜けらしい。
こちとらは言うだけ言って引き上げようと思ったのに、
その男がつい私に質問して足を引き止めたのである。

「なんでカヤが要らないんだ?」
こんな間抜けな質問をしてきたのである。
「おう、ボウフラがぜーぶ淋しい病気で死んじまったからよ。
 なんせカエルも蝶も、この辺り一帯から消えちまったってんだからな?
 原爆なみのビヨーキよ。ノーモア・ヒロシマね」

よせばいいのに喋り過ぎて、気付いた時には5、6人の女連中に取り囲まれていた。
もちろん路地へ連れ込まれ、裸にひん剥かれた。そして、一人の年取った
パンパンが出て来て、スカートを捲り上げて私のチンポの上に跨ったのである。

「関東にはキツいガキがおるわなァ。大阪のガキなんか、
 コレに比べたらヤヤコや。ホラ勃てんかいな」
脅かされてすぐセガレが勃っわけがなかった。
「別に中へ入れてくれ言うてへん。ウチのお汁をあんたに、擦り付けるだけや。
 ホラ、ヌルヌルして気持ちエエやろ。アー勃ってきよった。
 オノレは難儀しとるというのに、スケベなムスコやなァ」
そう言いながら尻をしゃくりあげられると、スポッと中へ入ってしまった。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の七

◇婆さんの蒸れた陰唇
戦後を生きた姉と弟17
昭和30年,姉が28歳の時地元建設会社の会長の妾に成った。
そのお陰で私は高等学校にも通えたし、大学の二部に進む事が出来た。

そして昭和44年に結婚し子供も出来たが平成に成った年、私が
役員だった会社が倒産し、家族とも別れ再び姉の貞子の所に
転がり込んできた。

姉の旦那だった会長も数年前に他界して、
姉は天麩羅屋と不動産屋の二束の草鞋を履くやり手の婆さんだった。

砂の遊びに炬燵の遊び、指でほじくる貝もある。
多少古びて、干物になりかかった貝でも、それはそれなりに味わいが有ると言う物。
私も52歳に成ったとは言え未だ精力が衰えると言うには間があった。
そばに女の肌がなければ淋しいと言うもの。

「うんうん、それでね常盤台のマンションの件なんだけどさあ。あと二、三百万くらい
 上乗せして呉れないかしら、こっちもきついんだよねぇ」
焼酎にイカの塩辛を溶かしたやつ。夏だろうが冬だろうが、
自分はこれさえあれば幸せな気分に成るのだ。

婆さん(貞子)は酒の相手などしてくれず、さっきからしきりに電話の相手に、
唾を飛ばしている。10歳年上だからもう姉の貞子は62歳に成る勘定。
今では色気より金勘定の方が楽しいと言う婆さんだ。

しかし子供を生んだ事がないせいか、肌のはりも極上だし、シミひとつない。
浴衣を少しくずしたその襟足のあたりがたまらない。婆さんと言うには色気が
有りすぎるが、年の離れた弟の背負った借金の後始末をしてくれているのだ。
幾つに成っても私は姉の世話に成らなければ生きていけない駄目な弟だ。

「そうなのよ。寿町はもう一つみたいなのね。だから常盤台はもう少し
 頑張ってもらわないと・・・金利もきついしさ・・・」
貞子は吉野町で小さな天麩羅屋の女将も遣っているが、建設会社の会長の
妾を遣っている時に独学で不動産関係の免許を次々に取得し会長の秘書も
勤める程の頑張り屋だった。お陰でこうやって弟の焦げ付かせた借金を払う為に、
マンションの処分をてきぱきとやってくれる。有り難い事だ。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の八

◇喜悦の時間
戦後を生きた姉と弟19
餅肌のお尻が飯粒のこびりついた猫の皿を押し潰す。波打つ腹を押さえつけ、
土手を這うように伸びた縮れ毛を親指を撫でる。皮が引っ張られると陰唇が
素直に捲れて、小指の先ほどもある恥豆がツルッとあらわれる。
「なあ、いいだろ?」
「バカね、あぁ・・・」
「なにがバカだい、そんな声だしてよ」

恥豆を押さえつけ、グリグリとこねてやると貞子もついに我慢できなくなってしまう。
浴衣の胸がはだけ、大きな乳輪がのぞく。両手でせり上げるように豊満な乳房を
揉みしだきつつ、背筋をくねらせ、あごをひき、喉のあたりの肉を色っぽくくびらせて
チンポの挿入をねだる。

これで63歳。まったく女って言うものは幾つに成ってもいいもんだ。
もしかしたら60代も人によっては、“旬”じゃないかとまで思ってしまう。

「ほらあ、早くう・・・」
浴衣の中に左手をさし入れ、乳首をつまんで自分で転がしつつ、
右手はしっかり割れ目を引っ張り、剥けた赤貝の粘膜を私に見せ付ける。

こちらのチンポは、その上辺りでブラブラしている。貧乏ってのはひっよつとしたら
体には良いのかもしれない。バブル景気の頃は毎晩のように飲み歩いていた。
肝臓の数値も高かったし、糖尿も危ないと、医者から脅かされたりもした。
それが今はしまり屋の貞子の作る食事は一汁三菜。決して贅沢はさせてくれない。
それが体には良いのだろう、体もスマートになり血糖値もさがりコレステロール値も
下がった。精力はもっぱら貞子に向けられる事になる。

「まだだよう・・・」
指でむいた陰唇に、亀頭をそっと押し当てる。そのままわざと腰を引いて焦らし、
肩に担いだふくらはぎに接吻する。足袋の食い込みのあとが残る足首、
そしてふくらはぎのやわらかな舌触り、これがまたなんともたまらなく美味なのだ。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の九

◇奈落の底で得た姉の愛
戦後を生きた姉と弟21
バブル絶頂期。五反田の某薬品会社の役員をしていた頃、
本業はそっちのけで株売買の担当みたいな裏の仕事をやっていた。
根っからの博打好きの性格が幸いしたのか、墓穴を掘ったのかはさて置き、
とにかく儲けに儲けた。週が明ければ2億の譲渡益が転がり込むなんて事は
当たり前だった。とにかく世間全体が浮き足立っていた。

今更バブル経済の問題点を書く必要もあるまい。とにかくバブルの先頭きって
いたような男だから、破滅も転がり始めると早い早い・・・・嗚呼!
まず会社で売買していた株の暴落。損失額は30億近くもあった。

弱り目にたたり目。不正流用していた金がばれてしまい、
おまけに愛想を尽かした女房が娘を連れて実家へ逃げ帰る始末。
手元に残ったのは建設中の売れないマンション、売れない土地、
そして借金だけであった。

「あんたなんか度量が小さいんだからさ、
 初めっから大きな金は動かせない男だなって、見抜いていたわよ」
途方に呉れているとき、こんな病人の杖を払い取るような
事を言って呉れたのが姉の貞子だった。

貞子とは建設会社の会長の妾に成った時から男と女の関係は切れていた。
貞子は頭のいい女だった戦前の女学校を出て教師になるのが夢だったと
言う程だったから、戦争がなければその夢も実現していたかもしれない。

吉野町の貞子のマンションは天麩羅屋の女将と不動産屋の女社長を兼ねる
凄腕の女の住まいとは思えないほどのつつましさである。
しかしこれもまた貞子らしいといえばその通りだ。

男を含め、生活には余分な贅沢はしない、洗いざらした足袋のようなきりっとした
性格で、気っ風の良さも兼ね備えた貞子は男を養って行く事に悦びを感じるらしい。
戦後のバック生活も姉が居たから出来た事で、こんな姉をを持った私は幸せだ。

私の再出発は彼女が借金の抵当に押さえてあった、
小さな印刷屋を任してもらえる事になった。会社とまではいかないが、
名刺やチラシの注文で、なんとか三人の従業員と雇われ社長が
食べていけるにはそこそこであった。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦後を生きた姉と弟。其の十

◇布団を汚さないで
画像 903
つまんだ亀頭が膣に咥えられる。
ゆっくり、ゆっくりと埋まってきて、カリの辺りまで熱くなる。
「ははぁ・・・」ため息とも、喘ぎ声とも取れる切ない鼻息である。
「なんか・・・何時も寄り深いわ」

「ああっ、いい・・・いいわ」
腹に両手をあてがい、腰で8の字を書いて悶える貞子、
「いいかい?そんなに、いいか?」
ツルッと亀頭が抜ける。愛液にまみれたそれをすぐに握り締め、
慌てて膣にねじ入れる貞子。
「ああ、いくぅ、いくぅ・・・ああっ」
「まだだよ。もっとゆっくり動きなよ」
「だって・・・」

はだけた浴衣から乳房がこぼれる。何時もは着物できつく押さえ付けてはいるが、
こっちの両手にさえ余るほどのおっぱい。下から持ち上げるようにして、
重さを確かめるのも楽しい。子供に乳首を吸わせたことがないので弛みもなく
綺麗な色を残している。
「ああ、あんたぁ、いい・・・いいわぁ」
「いいか、何もしなからな、お前が確り動けよ」
「あいよ・・・」

私の両手を掴み、突いていた膝を上げておしっこのポーズこうすると繋がっている
局部がはっきりと眺められる。すでに陰嚢は愛液でベトベトだ。
「駄目ぇ、そろそろ、いく、いくよう」
「バカ、こっちはまだだよ」
「お願いだよ、いかせて、いかせておくれよ!」

ククッと快感の波に襲われる。幾つに成ってもこの瞬間はたまらないもので、
白濁の液体がドクドクッと貞子の膣の中を洗う。
「ああっ」
「出ちまったよ」
「いいのよ、よかったわ、ほとんど一緒よ、ああ、よかった・・・」
仰向けもまたいいもの。睾丸から突き上げる射精の瞬間が、
俯いてする時よりも気持ちよく感じたりする。

「ああ、よかったわ・・・動かないで」
「なんだい?」
「お布団、絶対に汚さないでね」
貞子が抱きつき、身を任せながらも、枕もとのティッシュに手を伸ばす。
布団にシミが出来るのを嫌がるのだ。こんな事も戦後の、バラック小屋で
初めて私を抱いて呉れた時の仕草と全く変わって居なかった。
  1. 姉弟相姦
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アヤメ草

Author:アヤメ草
FC2ブログへようこそ!管理人の
アヤメ草(万屋太郎)です。
演歌の作詞や官能小説書きを趣味とする、
今年72歳に成る“色ボケ爺さん”です。
何時も私のブログを見て頂き
有難う御座います。

私の別ブログ
“詩(うた)と小説で描く「愛の世界」”
も開設から八年目に入り、
多くの作品を公開してまいりました。
此処にはその中から選んだ
昭和時代の懐かしい「あの日あの頃」
の作品をまとめて見ました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


.